この記事では「人生に疲れた」と感じてしまう原因や、その際の考え方について解説いたします。

誰しも上記のように感じてしまうことは一度や二度はあるものです。

しかし、そんなときにどうしたら良いのか分からないという人も多いかもしれません。

そこで今回はその原因やその際の考え方、対処法について取り上げました。

もし「人生に疲れた」と感じたことがあれば、参考になるような内容が含まれているかもしれません。

「人生に疲れた…」と感じてしまう代表的な3つの原因

「人生に疲れた…」と感じてしまうのには何かしら原因があるものです。

この項目では、その代表的な原因として3つご紹介します。

仕事の問題

仕事の問題で「人生に疲れた」と感じてしまうことがあります。

長時間労働やサービス残業が慢性化していたり、ノルマを達成する為に休日返上で営業を続けるといったオーバーワークはその典型です。

上記のようなケースでは終電で帰宅してそのまま寝てしまったり、せっかくの休日も一日中寝て過ごすだけになってしまったりということがあり得ます。

また仕事が自分に合っていないということも考えられるでしょう。

単にその仕事が合っていなかったということを、自分の能力や努力が及んでいないからだと誤解してしまう人はいるかもしれません。

仕事は人生の大きなウェイトを占めるものなので、合っていない仕事を続けていると人生が面白いとは感じられないものです。

金銭的な問題

金銭的な問題も非常に重要です。

例えば毎月の収支が同程度、あるいは支出の方が多ければ余裕のある生活はできません。

上記のような場合には楽しいことや自分の好きなことにお金を使うことができず、目先の生活で精一杯になってしまうことでしょう。

例えばテーマパークへ遊びに行ったり恋人とデートを楽しんだりといったことが一切なく、休日は家に籠っているといった具合です。

また借金の有無も無視できません。

借金があるとその返済がどうしても優先されてしまい、借金を返す為に人生を使っているような感覚になってしまう恐れがあります。

人間関係の問題

人間関係が原因で人生に疲れを覚えることもあります。

例えば職場での人間関係は離職原因の一つに挙げられるほど、非常に重要なものです。

毎日のように一緒に過ごすわけですから、その人間関係が円滑でないと多大なストレスを感じることでしょう。

またプライベートの人間関係も看過できません。

友人との関係が悪化してしまったり、恋人と別れてしまったりするとせっかくの休日が楽しくないと感じることがあり得ます。

家族とうまくいっていないのもこのパターンで、疎遠になったり関係をリセットしたりということを気軽にできない相手だからこそ人生に疲れる要因になり得るということです。

人生に疲れたと感じるときは、まずは考え方を変えてみよう

「人生に疲れた」と感じるときには、まずは考え方を変えてみることから始めてみると良いかもしれません。

なぜなら考え方を変えることには一円の元手もかからず、いつでもどこでも始めることができるからです。

それでは具体的にどのように変えていけば良いのかについて、以下の例を見ていきましょう。

世間体や周りからの評価を気にしない

世間体や周りからの評価を過度に意識すると、他人からの評価が自分の人生の主軸になってしまう恐れがあります。

そうすると自分のしたいことではなく他人が喜ぶことを優先してしまう可能性があり、人生を存分に楽しむことはできないでしょう。

そのような事態を避ける為に、他人の評価を気にしないように努めることが対策として挙げられます。

つまり他人がどう思うかではなく、自分がどうしたいかを優先するということです。

いきなり言動をすべて変えるというのは難しいところがありますが、少しずつでも試みてみると良いかもしれません。

八方美人をやめる

八方美人は世渡りをする上で重要だという人もいることでしょうが、その一方で人間関係が煩わしくなったり過度なストレスになったりすることがあります。

なぜなら好きではない人にまで愛想良くしたり、ご機嫌を伺ったりすることもあるからです。

それでは人生に疲れてしまうのも無理はないことでしょう。

だからこそ八方美人をやめるというのは有効な手段の一つです。

そうすることによって人間関係のストレスから解放されるかもしれません。

「特別な何かになろう」と考えない

「特別な何かになろう」とすると、必要以上に背伸びをしたり努力をしたりしてしまうものです。

そうすると疲れが抜けなくなってしまったり、ゆっくり休むことがためらわれるようになったりしてしまうことが予想されます。

そんな場合は、「特別な何かになろう」と考えないようにすると良いかもしれません。

等身大の自分でいることを肯定的に考えられるようになれば、今よりも人生を楽しめるようになることでしょう。

もし特別な何かになることを捨てきれないのであれば、自分の人生をかけてまでそうなりたいのかを一考するのも有効です。

完璧主義をやめる

完璧主義の人は完璧であることがデフォルトで、少しでも至らないところがあるとそれを許せないと感じてしまう傾向があります。

そうすると何をやるにしても満足できず、常に完璧を求めてしまうというわけです。

完璧を目指すことは必ずしも悪いことではありませんが、それでは息が詰まってしまい人生を心から楽しむことが難しいかもしれません。

完璧主義な人は、頭のどこかで何事に対しても「完璧であるべき」と考えている可能性があります。

そんな場合は、そもそもなぜ「完璧であるべき」である必要があるのかを考えてみると良いでしょう。

人生に疲れたときの対処法6つ

人生に疲れてしまった場合、どのように対処したら良いのか分からないという人もいることでしょう。

そこでこの項目では、人生に疲れたときの対処法を6つご紹介します。

十分な休息をとる

もし人生に疲れたと感じているのであれば、それは日頃の生活自体に疲れており休息が足りていないという可能性があります。

そんな時には、まず十分な休息を取ることが必要です。

日頃から疲れを感じている人は、休息を取ることに対してどこかしら後ろめたく感じてしまうことがあるかもしれません。

上記のような場合、休息を取ることはその後の人生をより楽しめるようにする為だと考えると良いでしょう。

疲弊した状態で仕事や勉強に励むよりも、しっかり休んだ上で取り組む方が成果が上がりやすいことを考えるとイメージしやすいかもしれません。

自分の好きなことに没頭する

自分の好きなことに没頭してみるのも効果的です。

例えば旅行やスポーツ、音楽やグルメなど、自分が心から楽しいと思えることに打ち込むと人生も楽しくなることでしょう。

もし時間や金銭による制約を感じているのであれば、その制約を撤廃する方法を模索するか、あるいは制約の中で楽しむ方法を考えてみるのが良いかもしれません。

例えば時間がなくてスポーツができないのであれば、これまで無理に続けていた交際関係を見直してみるのも一つの手です。

また金銭的に余裕がなくて旅行できないのであれば、格安の交通手段や宿泊先をチョイスするという選択肢もあります。

いつもの習慣とは違うことをやってみる

いつもの習慣とは違うことをやってみるのも良いでしょう。

そうすることによって、例えば次のような効果が得られることを期待できます。

・新しい刺激を取り入れることができる
・自分が本当に好きだと感じられるものが見つかるかもしれない
・交友関係が広がり、仲良く付き合える友達ができるかもしれない
・新たな発見があり、今までつまらないと思っていたものを面白いと感じられるようになるかもしれない

上記以外にも、様々なメリットが挙げられます。

まずは些細なことから取り入れてみると良いかもしれません。

海外で一人旅をしてみる

海外で一人旅をしてみるのも面白いかもしれません。

海外では今まで自分が持っていた価値観や常識が通用しないことが多く、人生観を大きく塗り替えてくれる可能性があります。

その結果人生を楽しめるように考え方が一新されることもあり得るというわけです。

なるべく日本から離れた国を選んだり、複数国を巡ってみたりするとより多くの刺激を受けられることでしょう。

生活水準を下げてお金の不安を減らす

もし金銭的な問題で人生に疲れを感じているのであれば、生活水準を下げてお金の不安を減らすというのも有効な手段です。

家計の支出は、毎月の固定出費である固定支出と、月によって変動する出費である変動支出に大別できます。

食費や交際費などを削ったりするのは心身ともに負荷がかかる可能性が高いこともあり、支出を見直すならまず固定支出からするのが一般的です。

例えば現在家賃8万円の賃貸で生活しているのであれば、7万円のマンションに引っ越すことで毎月1万円も捻出することができます。

あるいは携帯電話の通信料を抑える格安simを使ってみるのも良いかもしれません。

自分が興味のある仕事を探して転職する

自分の興味のある仕事を探して転職するのも選択肢の一つとして考えられます。

「給料は仕事の我慢に対する報酬」という考え方では、人生に疲れてしまうものです。

「仕事を楽しみながら給料も得る」という発想ができるように、自分の興味のある仕事を探してみるのも良いかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

・「人生に疲れた…」と感じてしまう代表的な原因は、仕事の問題や金銭的な問題、人間関係の問題が考えられる

・人生に疲れたと感じるときは、世間体や周りからの評価を気にしないようにしたり、八方美人をやめたりしてみると効果があるかもしれない

・人生に疲れたときの対処法としては、十分な休息をとる、自分の好きなことに没頭する、いつもの習慣とは違うことをやってみる、海外で一人旅をしてみるといったものが挙げられる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda