この記事では「人生がつまらない」と感じてしまう人の特徴について解説いたします。

人生を存分に楽しんでいる人もいればそうでない人もいますが、後者には共通する特徴があります。

そこで今回は人生を楽しむためのポイントや、「人生がつまらない」と感じた時にやるべき具体的な行動についてもまとめました。

もし「人生がつまらない」と感じてしまうことがあれば、この記事の中で少しでも参考にしてもらえたら幸いです。

「人生がつまらない」と感じてしまう人の8つの特徴

「人生がつまらない」と感じてしまう人には、先述のように共通点があります。

この項目では、その特徴として8つ取り上げました。

人生や仕事に目標がない人

人生や仕事に目標がなければ、何かを頑張ろうという気が起こらないものです。

そうすると何をやっても面白いと感じられず、「人生がつまらない」と思ってしまうかもしれません。

例えば「仕事で一番の営業成績を出したい」という目標があれば、それに向かって努力をしたりやりがいを見出したりするでしょう。

逆にそうした目標がなければ、何に対してもつまらないと感じてしまうことが考えられます。

「やりたくないこと」ばかりしている人

「やりたくないこと」ばかりしている人は、「人生がつまらない」と感じる可能性が高いでしょう。

なぜなら「やりたくないこと」ばかりしていては、毎日が苦痛で仕方なく思えるからです。

例えば「満員電車での通勤」や「全く興味がない分野の仕事」などが当てはまります。

同じような毎日を繰り返している人

同じような毎日を繰り返している人は、毎日が同じことの繰り返しだと感じることでしょう。

そうすると毎日が何の変わり映えもしないように思ってしまい、「人生がつまらない」と感じるものです。

同じことを淡々と続けるような仕事に従事している人などは、このケースに該当するかもしれません。

他人の華やかな生活と比較してしまう人

他人の華やかな生活と比較してしまう人は、その劣等感から「人生がつまらない」と感じてしまうかもしれません。

なぜなら他人を羨んでいると、自分が相対的に惨めに思えてしまうからです。

例えば社会的に成功している人や金銭的に恵まれている人が身近にいると、自分との生活ぶりの差に愕然としてしまうことは十分考えられます。

ネガティヴ思考の人

何に対してもネガティブに考えてしまう思考の人は、「人生がつまらない」と感じてしまう可能性が高いといえます。

なぜならネガティブ思考は、楽しいことまで後ろ向きに考えてしまう傾向があるからです。

そうすると面白いことがあったとしても、心から楽しいとは思えないでしょう。

自己主張が苦手で他人に合わせてばかりの人

自己主張が苦手で他人に合わせてばかりの人は、人付き合いをすることに対して多大なストレスや不満を覚えることでしょう。

そうすると誰かと一緒に過ごしたり共同作業をしたりすることが嫌になってしまうものです。

自分を抑圧することが続くと、自分の人生に対しても「何だかつまらない」と感じてしまうかもしれません。

孤独な人

孤独な人は、「人生がつまらない」と感じてしまう恐れがあります。

なぜなら楽しいことや嬉しいことがあったとしても、それを誰かと共有することができないからです。

例えばテレビや映画などを観ていても、一緒に笑ってくれたり共感してくれたりする人がいないというのもこのケースに当てはまるでしょう。

そうすると寂しさや虚しさに襲われることがあり、人生に充実感を覚えにくいということがあるかもしれません。

肉体的に不健康な人

肉体的に不健康な人は、できることややりたいことに対して物理的な制限があります。

その制限の為に何かを諦めたり放棄したりすることがあれば、「人生がつまらない」と感じてしまうかもしれません。

例えば自動車が大好きな人が運転をしたり好きな時に乗ったりできないのであれば、そのことに不満を覚えることでしょう。

人生を楽しむための3つのポイント

上記のような特徴があったとしても、「人生がつまらない」と感じることから逃れられないわけではありません。

なぜなら人生を楽しむためにはポイントがあるからです。

この項目ではそのポイントとして3つピックアップしました。

「本当にやりたいこと」と「やりたくないこと」を明確にする

まずは「本当にやりたいこと」と「やりたくないこと」を明確にすることです。

その上で毎日の時間の使い方を思い返したり紙に書き出したりしてみると、自分がいかに「やりたくないこと」に時間を割いているか気づくことができるかもしれません。

可能な範囲で「やりたくないこと」の時間を減らし「本当にやりたいこと」の時間を増やせば、「人生が楽しい」と思えるようになる可能性があります。

「本当にやりたいこと」にばかり時間を注ぐことができるようになれば、今よりも人生に充実感を覚えられることでしょう。

小さなことでも目標を立ててみる

小さなことでも目標を立ててみるのも効果的な手段の一つだといえるでしょう。

重要なのはいきなり大きな目標を立てるのではなく、現実的で達成可能な目標設定をすることです。

例えば「一年以内に年収を3倍にする」というのはあまり現実的ではなく、途中で挫折したりそもそも始めようとも思わないかもしれません。

逆に「毎日英単語を5つ覚える」や「1週間で料理のレパートリーを1つ増やす」などであれば、自分でもできそうだと感じられることでしょう。

小さな目標が達成できたら自分を存分に褒めてあげ、あとはこの繰り返しをすることで自分の成長や人生への充実を実感できるようになるかもしれません。

みんなから好かれようとしない

最後のポイントはみんなから好かれようとしないことです。

人から好かれようとすると他人に合わせたり、自分の気持ちに嘘をついたりしなければならないことも多々あります。

また好かれようとしても、その人が自分のことを好いてくれるかどうかは分かりません。

したがって無理にみんなから好かれようとしない方が、自分の心も軽くなることでしょう。

「人生がつまらない」と感じた時にやるべき具体的な6つの行動

今までと同じ行動を続けている限り、「人生がつまらない」と感じるままでしょう。

しかし行動を変化させれば、気持ちや考え方の変化が起こる可能性もあります。

この項目では、「人生がつまらない」と感じた時にやるべき具体的な行動として6つ取り上げました。

読書や映画を楽しむ

読書や映画は一人で、また自分の好きなタイミングで楽しむことができるものです。

読書や映画は示唆に富むものや感情を揺さぶるようなものも多く、自身の気持ちや考え方に影響を与えるきっかけになるかもしれません。

もしどのような本や映画が良いのか分からなければ、お勧めの本や映画をまとめたサイトなどを参考にするのも良いでしょう。

旅行をする

「想像力やアイディアは移動距離に比例する」という言葉があるように、旅行をすることが人生を好転させるきっかけになるかもしれません。

例えば途上国を旅行することで、普段の生活が当たり前ではないということに気づくことができるかもしれません。

また大自然に触れることによって気持ちがリフレッシュしたり、自分が悩んでいたことがちっぽけに感じたりすることもあり得ます。

これまで経験のないことにチャレンジする

これまで経験のないことにチャレンジするのも良いでしょう。

頭で想像したものと現実が異なるということは多々あり、実際にチャレンジしてみると何かしら感じるものがあるものです。

もしかするとそれがきっかけになり、打ち込めるものや本当に好きだと思えるものが見つかるかもしれません。

例えばマリンスポーツや少し高めのホテルへの宿泊など、日常から離れた体験だとより刺激になることでしょう。

人との交流を増やす

人との交流を増やすと、今まで以上に自分の気持ちや考え方へ刺激を与えてくれることが期待できます。

特に新しい人との交流の機会は、新しい価値観やかけがいのない人との出会いに結びつくかもしれません。

例えばゲームが好きな人であれば、一緒にゲームを楽しむ会などに参加するのも良いでしょう。

また今まで興味がなかった分野の交流会に参加すれば、興味を持って取り組める新しい趣味を見つけるきっかけになることもあり得ます。

尊敬している人に会いに行く

尊敬している人に会いに行くと、自分の気持ちを高めてくれたり目標を見つけるきっかけをもらえたりするかもしれません。

なぜなら尊敬している人に対しては、何かしらの魅力を感じていることが多いからです。

また尊敬している人と時間を共有することによって、刺激になったり新しい価値観に出会ったりすることもあるでしょう。

転職や引っ越しなど、環境を変えてみる

転職や引っ越しなど、思い切って環境を変えてみるのも良いでしょう。

そうすると新しい出会いや生活が訪れるため大いに刺激を受けることができるからです。

もし今の生活にマンネリしているのであれば、転職や引っ越しをきっかけに気分転換になったり新たな目標ができたりするかもしれません。

例えば転職して全く異なる土地での新生活をスタートさせれば、気が合う同僚や自分に向いている仕事と出会うことができる可能性があるでしょう。

まとめ この記事のおさらい

・「人生がつまらない」と感じてしまう人には人生や仕事に目標がない、「やりたくないこと」ばかりしている、同じような毎日を繰り返しているといった特徴がある

・人生を楽しむためのポイントとして「本当にやりたいこと」と「やりたくないこと」を明確にする、小さなことでも目標を立ててみる、みんなから好かれようとしないということが挙げられる

・「人生がつまらない」と感じた時にやるべき具体的な行動としては、これまで経験のないことにチャレンジする、人との交流を増やす、尊敬している人に会いに行くといったことが考えられる

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda