路線バスや観光バスを運転するバス運転手は現在多くの求人があり、車を運転する仕事への転職を考えている人には候補として考えてみる価値のある職業です。

この記事では、バス運転手の仕事や運転手として働くために必要なこと、転職理由の伝え方のポイントを解説します。

バス運転手は多くの求人がある

バスの運転手は人手不足で、常に多くの求人があるのが現状です。求人を探すために役立つバス運転手に特化した求人サイトもあります。

応募条件には、バス運転手の経験者に限ることなく、経験や前職を問わず広く募集しているところがほとんどです。女性を積極採用しているバス会社もあります。

バス運転手になるのに必要なこと

バス運転手になるには「大型第二種自動車運転免許」が必要

バス運転手になるためには「大型第二種自動車運転免許」を取得している必要があります。

大型自動車とは、車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、または乗車定員30人以上の自動車のことで、大型トラック、ダンプカー、バスなどが含まれます。

二種はお客様を乗せて走れる免許です。トラックなど、荷物だけを運ぶ場合は、同じ大型であっても第一種免許があればよく、バスやタクシーなどお客様を乗せる場合には第二種免許が必要です。

大型第二種自動車運転免許を取得するには、「満21歳以上で、普通免許、準中型免許、大型免許、大型特殊免許のいずれかを取得していて、その運転経歴が通算して3年以上。」という条件があります。

21歳未満の方や普通免許を取得して間もない方は、大型第二種自動車運転免許所得まで時間がかかってしまうため、すぐにバス運転手へ転職することは簡単ではありません。

バス運転手は安心・安全な運転ができる能力が必要

バスの運転手は何十人もの乗客の命を預かっているといっても過言ではありません。

常に乗客のことを考えて安心・安全な運転ができること、運転中は集中力を切らさない能力などが、バス運転手には必要です。

バス運転手にはホスピタリティマインドが必要

バス運転手は、運転以外にも、運行中のアナウンスをはじめとし、乗客の様子を観察しながら状況に応じた対応をしなくてはなりません。

路線バスであれば、目的地への行き方や乗り換えなどについて聞かれることも多いでしょう、観光バスであれば、ガイドと一緒になって車内の雰囲気づくりをしていくことも必要です。

バス運転手の仕事の特徴

バス運転手の仕事場所には大きく分けて路線バスと観光バスで、以下の仕事の違いがあります。

路線バス運転手の仕事はシフト制

決まった路線を、各バス停を巡り時刻表に従って運行するのが路線バスです。乗客は毎日の通勤や近距離の外出に利用する人が主です。

路線バスは早朝から夜遅くまで運行しているため、勤務は早番・遅番を組み合わせたシフト制であることが特徴です。

観光バスの仕事は長時間の運転になる

観光バスは旅先までお客様を運びます。朝に目的地に向けて出発し、夜帰ってくるコースもあれば、宿泊を伴う場合もあります。

長時間を運転することになるため、特に体調管理には注意が必要になります。

バス運転手への転職のメリット

バス運転手は未経験者の募集が多いのがメリット

バス運転手の求人は未経験者歓迎が多いです。他業種からの転職を考えている人にもチャンスがあります。

大型第二種自動車運転免許の取得支援がある会社が多い

バス運転手になるには大型第二種自動車運転免許が必要ですが、応募時から持っていなくても大丈夫な場合がほとんどです。

大型第二種自動車運転免許は入社してからの取得でもよいとする会社や、免許取得支援のある会社もあります。

バスの運転手は残業が少ないのがメリット

バスは決められた時間に沿って運行するため、不測の事態が起きない限り、急な残業はないと考えてよいでしょう。

バス運転手の採用面接での注意点

面接では転職理由を必ず聞かれる

転職の面接では必ず転職理由を聞かれます。

面接官は、この会社では長く働いてくれそうか、社風や仕事内容に合う人材かを判断しなくてはなりません。そのために転職理由を必ず質問してくるでしょう。

転職の理由はポジティブに伝える事が大切

転職理由を答えるときはポジティブに伝えることが大切です。嫌だったこと、不満だったことばかりを理由として並べていては、文句ばかりで後ろ向きな人間だととられかねません。

転職理由をネガティブな表現ではなくポジティブに伝わるように工夫する事が大切です。

トラック運転手からバス運転手に転職するとした場合、「荷物の積み下ろしが辛くて辞めました」だけでは、なにか辛いことがあったらまた辞めてしまうのではないかと思われます。

バス運転手の転職理由の例文

私は長距離トラックの運転手をしておりました。運転が得意でトラックの運転手になりましたが、走行中は長い時間を一人で過ごすこととなります。

本来、私は人と関わることが好きな性格です。運転技術を活かしながら人と接する仕事をしたいと考えバス運転手を志望しました。バスの運転手には歳を重ねても長く働いている方が多いと聞いております。

それもこの仕事に魅力を感じた点のひとつです。

私は大学卒業後、都内のアパレルで販売の仕事をしておりました。

この度、地元に帰ることとなり、自分の生まれ育った地域に根付いた仕事をしたいと考え、御社の路線バス運転手を志望しました。私は小学生までをこの町で過ごし、毎日バスで通学していました。

その頃からバスの運転手には憧れを持っていました。アパレルでの接客経験を活かし、地域の皆さまに愛されるバス会社の一員として活躍したいと思っております。

トラック運転手は荷物の積み下ろしに思った以上に体力を要し、若いうちしか務まらないと感じました。歳を重ねても長く働ける仕事をしたいと考え、バス運転手への転職を志望します。

バス運転手の転職についてのまとめ

  • バス運転手は経験を問わず多くの求人があります。
  • バス運転手になるには「大型第二種自動車運転免許」が必要です。入社後に免許取得支援をしてくれる会社もあります。
  • バス運転手には、安心・安全に運転できる集中力、乗客を大事に考えるホスピタリティマインドが必要です。
  • バス運転手の採用面接では、転職の理由はポジティブに伝わるように話すことが大切です。ネガティブな理由はポジティブになるように表現を変えましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda