傲慢不遜(ごうまんふそん)の意味とは

傲慢は、他者を見下す態度のことを意味し、不遜とは、他者へ敬意を持たないことをあらわします。

上記の事から、傲慢不遜は他人のことを下に見て、あたかも自分が優れている、優位であるかのように振舞うことをいいます。

傲慢不遜のビジネスシーンでの意味

どんなに優れている人でも、仕事というものは一人ではできません。支えてくれる同僚、部下、上司、そして社外のパートナーとの協働があってこそ仕事は円滑に進みます。

しかし自分が優秀だからといって、敬意を欠くような傲慢な態度を取ってしまうと、周りの人たちはついて来なくなるうえ、働く意欲が減ってしまうでしょう。

ビジネスシーンでは、自分の限界を知って常に謙虚であり続けることが大切です。

他人のアラを探して見下すことで自己満足、優越感をえられるかもしれませんが、客観的にみると恥ずかしいことです。普段から自分を客観視できるように、そして謙虚でいられるように心がけることが大切です。

傲慢不遜の使い方と例文

たまたまうまくいったからって、あいつの態度があんなに傲慢不遜に変わるなんて幻滅だ。
ちょっとした態度から傲慢不遜だと思われないように、常に自分自身の姿勢に気を付けるようにしている。