雪月風花(せつげつふうか)のとは

雪月風花とは雪、月、風、花という四季の季語が組み合わされており、それぞれ冬の雪景色、秋のきれいな月、夏の気持ちよい風、春の桜の花のことを意味しています。

上記の事から雪月風花とは、日本に特有な四季それぞれに見られる自然の美しさをあらわす四字熟語です。

同義語には、花鳥風月、風花雪月、花朝月夕、花鳥月露、琴歌酒賦、風流韻事などがあります。

雪月風花のシーンでの意味

雪月風花はビジネスではありません。同義語である花鳥風月の方がなじみがあるため、日常会話で使われる機会も少ないでしょう。

しかし、言葉の持つ美しい響きから、ビジネスにおいても手紙などに使うことができます。

雪月風花の使い方と例文

外国人が雪月風花を楽しんでいる。
四季折々の材料が一度に揃っている、まるで雪月風花の彩りだな。