頓首再拝(とんしゅさいはい)の意味とは

頓首とは、頭を地面にすりつけるように拝礼する中国の礼式のことです。ぬかずくことをいいます。
再拝は、文字通り2度礼拝することです。

手紙の最後に書くことで、相手に敬意を示す言葉となります。つまり、相手に対して最敬礼で接することです。

頓首再拝のビジネスシーンでの使い方

「頓首」というほど大げさではありませんが、ビジネスでは相手への経緯、そして絶えず感謝をすることが大切になってきます。
もちろん、目上の人や顧客に対しても、頓首再拝の気持ちは必要ですが、身近な人たちにも必要です。手助けしてくれたり、協力をしてくれる人に対して、感謝の気持ちを忘れずに、そして、それをいつも表現できるようにしておきましょう。

「ありがとう」は大事な言葉です。人間関係が円滑になるだけではなく、感謝をされた人は、またきっと助けてくれるはずです。

また、「ありがとう」という言葉が、義務的にいっているかのように聞こえたら失礼です。気持ちをきちんとのせて伝えられるようにしましょう。

頓首再拝の例文

このプロジェクトが成功したのは僕だけの力では不可能だった。周りの人たちには頓首再拝の気持ちで、感謝しかない。
君は、最近傲慢な態度を取っている。頓首再拝の姿勢を忘れてはいけないよ。