三十而立(さんじゅうじりつ)の意味とは

三十は年齢を示しており、三十歳になることをさしています。

もともとは、孔子が自らの人生を振り返って示した言葉で、三十歳になって自らの道徳観やそれまでに学んだことが確立し、自信に変わっていくことを示しています。

「而立」という二文字だけでも三十歳を指す言葉として使われることもあります。

三十而立のビジネスシーンでの意味

三十而立はビジネス用語として使用されることはあまりありませんが、人生を語る言葉としてビジネスシーンにかかわらず使用されることはあります。

三十歳という年齢は仕事をようやく覚えて部下ができはじめ、自分の生き方を見つめなおす時期でもあります。仕事が楽しくなってくる時期でもありますが人によっては転職を考えるタイミングでもあり、これまでの自分を振り返って生き方を決める節目の時期ともいえます。

儒教の祖である孔子が論語の中で残した言葉ではありますが、現代社会においても通じる部分があり、アラサーを迎えるビジネスマンにとっても無関係な言葉とはいえないでしょう。

三十而立の使い方と例文

子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず。
出典:孔子『論語』
私も今年で三十而立の歳を迎える。