構いません」とは、“関心をもつ”や“相手をする”の意味がある「構う」の否定形「構わない」の丁寧表現です。しかし、丁寧な敬語のはずが、場合によってはそうは聞こえない時も。敬語ですが、相手に敬う気持ちが届かない敬語であれば意味がありません。

ビジネスシーンで注意すべき「構いません」の使い方や例文、気の利いた置き換え方などをまとめます。

構いませんはどのような場面で使う?その意味は?

相手に許可を求められた場面で、OKやYESの意味で「構いません」が使われます。気軽に言えば、「大丈夫です」とか「OKです」に言い換えられるます。また、こちらから提示しているものの、実際には許可権はこちらにある内容の時にも使います。「気にしない」「差し支えない」との意味になるでしょう。

「構いません」言葉の印象

構いません」には、許可を“与える”というニュアンスがあり、印象がよくありません。使う場面によって、冷たい感じさえします。
「構わない」は「構う」の否定形だと説明しました。「構う」の意味を否定にしているので、気にしていないとか関心がないという印象も抱いてしまいがちです。

構いませんと結構ですの違い

構いません」と同じように使われる表現に、「結構です」があります。しかし、意味は同じでも、印象やニュアンスは同じではありません。

「大変申し訳ないのですが、納期に余裕がないのですが…」「結構です。
「その件は当方でなんとかしたいと存じます。」「結構です。

結構です」は、丁寧に許可を求めている相手を、完全にシャットアウトし、全く関心がないように響きます。「結構です」という言葉は、相手への配慮が全く感じられず、場面によって悪印象をあたえます。

構いませんを他の言葉に言い換えると?

構いません」を単純に言い換える表現は、「問題ありません」「支障ありません」「差し支えありません」などがあります。

さらに丁寧な敬語にするのであれば、「問題ございません」「支障ございません」「差し支えございません」となります。

構いませんの使い方と例文

自分が「気にしない」「差し支えない」ことを示し、許可を与える使い方が多いでしょう。また、場合によっては、「大丈夫です」「問題ありません」と許容を表す使い方もされます。

「そのままで構いません。
「その日であれば、何時でも構いません。
「当日でも一向に構いません。」

構いませんの類語例文

「構いません」に似た表現には、「問題ありません」「支障ありません」「差し支えありません」などがあります。

「そのままで問題ございません。
「その日であれば、何時でも支障ありません。
「当日でもご連絡いただければ、差し支えございません。

文脈に合わせて、さらに相手を敬う表現に言い換えるのもいいでしょう。

「そのままでよろしくお願いいたします。
「その日であえば、何時でも空いておりますので、ご都合の良い時間にお越しください。
「当日でもご連絡いただければ幸いです。

「構いません」の英語表現

許可の意味合いの「構いません」なら、”That’s all right.”や”That’s fine.”などがつかえます。
謝罪に対しての許容の「構いません」では、”Don’t worry about it.”、”No problem.”、”I don’t mind (at all).”などともできるでしょう。

このレポートは明日でもいいでしょうか?
Could I finish this report by tomorrow?
構いませんよ。
That’s fine.
遅れて申し訳ありません。
Sorry for being late…
構いません。
Don’t worry about it.

構いませんのまとめ

いかがでしたか? 敬語ではありますが、使い方には十分に配慮すべきなのが「構いません」なのがおわかりいただけたでしょうか。

構いません」“関心をもつ”や“相手をする”の意味がある「構う」の否定形。敬語の丁寧表現。

・許可を“与える”というニュアンス、気にしていないとか関心がないという印象がある。
・「問題ありません」「支障ありません」「差し支えありません」などに置き換えましょう。
・文脈に合わせて、さらに相手を敬う表現に言い換えてもよい。

「構いません」は、類語やより丁寧な全く別の表現に置き換えて、言葉遣いだけで印象が悪くなってしまうのは避けたいところです。

関連するおすすめ記事

ビジネスにおける「差し支えなければ」の正しい使い方とその例文

ビジネスにおける「結構です」の意味と使い方、語弊がない英文表記

ビジネスでの「問題ありません」状況別例文集