大人になると、手紙で拝啓、前略、草々、かしこなどの定型的な言葉を使います。普段、メールでのやり取りが多いため、いざ手紙を書くとなると、「あれどうだったかな?」と迷う人も多いと思います。

そこでこの記事では「前略」について解説いたします。

この記事を読めば、前略の使い方をマスターすることができます。

前略とは 意味と概要

前略の意味

「前略」は手紙の最初で使われる言葉です。漢字から意味を考えると、「前を略します」です。前とは何か、ここでは手紙に置ける前文、つまり、「時候の挨拶」のことを指します。

したがって、前略と書く場合には時候の挨拶を省略して、本文に入りますよ、という意味になります。

前略が使われる場面

様々な頭語があるにも関わらず、時候の挨拶も省略して「前略」と使うときはどんな場面なのでしょう。

時候の挨拶がなく、相手の安否を気遣う文もない、となると、よく使われるのはビジネスのシーンです。ビジネスにおいては、プライベートで付き合いがあるわけではなく、あくまで仕事上の関係です。仕事で手紙を送るのは、何か用件があってのこと、早くその用件を伝えるため、時候の挨拶などは省いても失礼にはあたりません。

また、ビジネス以外でも「前略」が使われることがあります。急ぎの用件や、用件のみを伝えたい場合です。このときは前文を省き、いきなり本文に入っても良いとされています。

前略の結語 草々とは

前略に対する結語は「草々」です。「早々」という漢字を使う人もいますが、一般的には「草々」が使われます。

草々の元々の意味は、「忙しいこと、あわただしこと」です。そこから転じて「簡略すること、粗末であること」なども含まれます。したがって、手紙の前文を省略する「前略」に対して、結語は簡略の意味を持つ「草々」が使われます。

前略・・・冒頭の挨拶を省略させていただきます
草々・・・慌ただしく手紙を終えてしまい申し訳ございません

このような意味を込めて使うようにしましょう。

前略をつかってはいけない場合

前略を使う時は時候の挨拶を省略しているので、簡略化された手紙のときだけに使います。

例えば、人の家に伺って、挨拶もなしにズカズカと家に上り込むようなことはマナー違反です。それと同じく、手紙でも最初に挨拶と相手の様子を伺います。どうしても用件を急いで伝えたい場合や用件のみを伝えても問題ない関係(身内や近しい親戚、ビジネスなど)なら使うことができます。

逆に一般的な手紙では前略ではなく、拝啓や謹啓などを使いましょう。お礼状などで、前略を使うのはNGです。

手紙で使う頭語・結語 他にどんなものがある?

頭語

拝啓、啓上、一筆申し上げます、謹啓、謹呈、謹白、取り急ぎ申し上げます、急呈、略啓

結語

敬具、敬白、拝具、謹言、草々、早々、不備、不尽、かしこ(女性限定)

前略を使った例文

・前略 貴殿におかれましては先日ご注文いただきました商品代金の入金が確認できておりません。
・前略 この度は私の急病でご迷惑をおかけしております。
・前略失礼いたします。先日お話しておりました●●の件につきまして、個別にご相談いたしたく、ご連絡いたしました。
・前略 取り急ぎ、用件のみを申し上げます。
・前略 この度は当社の求人にご応募いただきありがとうございます。
・前略 以前お会いしてからすっかりご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか。
・前略 この度の不祥事により、皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ございません。

前略のおさらい

・前略は手紙の冒頭の挨拶を省略するときに使う
・前略の結語は、草々
・草々は慌ただしく手紙を終わらせてしまって申し訳ないという意味
・「前略ー草々」は用件のみ伝える時や急ぎの用件のときに使う
・お礼や通常の手紙では冒頭に時候の挨拶や相手の安否を気遣う文章を入れる