年が明けると恒例になるのが、新年の挨拶です。今後も良好な関係を保つコミュニケーションとなるでしょう。
近年では、年賀状ではなくメールでやり取りするケースが増えてきました。

この記事では、新年の挨拶メールを送る際のマナーや、宛先別の例文をご紹介します。参考に自分なりの挨拶メールを考えてみてください。

その他のシーンでメールを送る際にこちらの記事が参考になります
面接後のお礼状について メールと封書の違いとお礼状の例文
企業に問い合わせメールをする際の方法について メール例文
選考辞退をする際のメールの書き方と注意点、選考辞退メールの例文

新年の挨拶のマナー、正しく知ってますか?

新年の挨拶にも、基本的なマナーがあります。
以下に主なマナーを4つご紹介しますので、参考にしてください。

  1. 二文字の賀詞(「迎春」「賀正」など)は、目下の人に使う用語なので避けること
  2. 「去年」「離」「死」などの忌み言葉を避けること
  3. 西暦(20◯◯年)ではなく、年号(平成◯◯年)を書くこと
  4. 「新年あけましておめでとうございます」といった、「新年」と「あけまして」が重複しているような、二重表現に注意すること

新年の挨拶メールの注意点は?

マナー以外にも気をつけておくべき点があります。
以下、4つご紹介します。

新年の挨拶は、最初の営業日から松の内までに!

新年の挨拶メールを送るタイミングとしては、年明け最初の営業日~松の内(1月7日)までです。
もしも松の内を過ぎたあとから挨拶をする場合は、「寒中見舞い」として挨拶しましょう。

一斉送信しないこと

一斉送信は、同じ文面を複数の相手に送れる便利な機能です。ですが、新年の挨拶の時に利用するのは避けましょう。相手に対して失礼にあたります。
たとえ面倒だとしても、一つずつ丁寧に送るようにしましょう。

年賀状をいただいたら年賀状で返すこと

年賀状が届いた場合は、こちらも年賀状で返しましょう。メールで返すことは失礼にあたります。

送信前には必ず確認しよう

送信する前には、件名・宛先・内容ともに、敬語の使い方が間違っていないか、誤字脱字はないか、変換間違いがないか、きちんと確認しましょう。

新年の挨拶メール例文

送り先別の例文をご紹介します。参考にしつつ、自分なりの文面を練ってみてください。

上司宛の新年挨拶メール 例文

件名には、上司の名前と自分の名前を入れます。また、新年の挨拶であることを明記しましょう。
メール本文には、最初に新年の挨拶を述べ、次に昨年のお礼を述べます
さらに抱負や意気込みを書いておくと好印象です。あまり硬すぎない文面を心がけましょう。
また、業務に関係する内容を含まないように気をつけましょう。新年早々から仕事に関連する内容だと、上司も気が滅入ってしまいます。

【例文1(気さくな上司の場合)】
件名: ◯◯部長(または◯◯様) 新年のご挨拶 △△(自分の名前)あけまして おめでとうございます。
昨年は、大変お世話になりました。
元旦は、いかがお過ごしでしょうか。私は故郷の◯◯県で、家族と共に年明けを迎えました。
新たな気持ちを忘れずに、これからも仕事に励んでいこうと思います。
今年も、変わらぬご指導のほど、よろしくお願いします。
【例文2(形式を重んじる上司の場合)】
件名:◯◯部長(または◯◯様) 謹賀新年 ◯◯より(自分の名前)謹んで、新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。◯◯部長からの助言には、いつも助けられております。
本年もより一層努力して、業務に励んでいきたいです。
昨年と同様に、変わらぬご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

同僚宛の新年挨拶メール 例文

同僚に対しては、あまり堅苦しすぎる文面だと距離を感じてしまうので、件名・内容ともに、ややくだけた感じにすると良いでしょう。
また、協力して仕事に取り組もうと伝える内容であれば、さらに印象も良くなるでしょう。

件名:新年の挨拶

あけましておめでとう!
昨年中は、◯◯さんにはとてもお世話になりました。
特に△△のプロジェクトの時には◯◯さんの協力のおかげで無事に乗り切れました。本当にありがとう。
今年も大きなプロジェクトを抱えると思うけれど、一緒に乗り越えていこう!
今後とも、よろしくお願いします。

部下宛の新年挨拶メール 例文

同僚宛と同様、硬すぎる文面は避けましょう。こちらも、一緒に協力していく姿勢を伝えてあげると良いでしょう。同時に、感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。

件名:新年の挨拶

あけまして おめでとうございます。
昨年は、◯◯の件で手伝ってもらえて嬉しかったです。ありがとう。
今後も、たくさんお願いする件があると思うけど、頼りにしています。
今年も一年、健康に気をつけて頑張ろう。

お客様宛の新年挨拶メール 例文

内容は、なるべくシンプルな文面を心がけましょう。
冒頭に新年の挨拶と昨年中のお礼を述べてから抱負を述べ、締めくくりに今後のお付き合いをお願いする文面を記載します。
その際に、会社の営業時間などをお知らせしてあげましょう。

【例文1(店舗)】
件名:新年のご挨拶を申し上げます ◯◯株式会社 △△よりお客様 各位謹んで、新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼を申し上げます。
本年もさらに一層のサービス向上に努め、皆様方にご満足いくサービスが提供できるように、励んで参ります。
昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
なお新年営業日につきましては、本日より通常営業いたしております。
お客様のご来店を、心よりお待ちしております。
【例文2(お得意様向け)】
件名:謹賀新年 ◯◯株式会社 △△(自分の名前)株式会社◯◯ □□様あけまして おめでとうございます。
旧年中は、□□様には本当にお世話になり、ありがとうございました。
本年もより一層努力で、サービスの向上に努めてまいります。
どうぞ、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
なお、新年の弊社営業ですが、◯月◯日より平常となります。
体調の崩しやすい時期ではありますが、□□様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

取引先宛の新年挨拶メール 例文

件名には、氏名と自社名を記載しましょう。
本文には、まず最初に祝辞を述べます。次に、昨年度中のお礼を述べて、今年の抱負などを書きましょう。
お礼はなるべく具体的に書くと好印象です。
最後は、今後のお付き合いをお願いする文章にしましょう。
こちらも、お客様宛同様に、営業時間などを記載しておくと親切です。

件名:新年のご挨拶  ◯◯株式会社 ◯◯より

◯◯部長

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼を申し上げます。
とくに◯◯の件では、ご助言を頂き、誠にありがとうございました。
本年も一層の努力を重ね、さらなる飛躍の年にするために励んでまいります。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

なお、新年は〇月〇日〇時より、平常どおり営業とさせていただきます。
皆様のご健闘と御多幸をお祈り申し上げます。

件名:新年のご挨拶  株式会社◯◯◯ △△より

◯◯株式会社 □□様

謹んで、新年のお慶びを申し上げます。
旧年中はご高配に預かり、誠にありがとうございました。
□□様には、いつもこちらの状況を気遣ってくださり、大変助かっております。
本年も、さらなる努力をしていく所存です。
今後とも、倍旧のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
また、◯月◯日からは平常通り営業いたしております。

皆様のご健勝をお祈りいたします。

挨拶メールの返信、こんな時はどうすればいい?

挨拶メールを送っていなかった取引先などから、挨拶メールがきた場合

こちらからお送りしていなかった場合は、すぐに返信しましょう。
上記の例文をもとに、簡潔な挨拶文にすればOKです。
もしも松の内を過ぎているのであれば、「寒中見舞い」として出しましょう

挨拶メール中にこちらへの質問があった場合

挨拶メールの中に質問が混じっているようであれば、丁寧に返信してあげると良いでしょう。
相手も、「ちゃんと読んでくれたんだな」と安心してもらえます。

社長から社員へ一斉メールがきた場合

基本的に返信は不要。社長と会ったときに直接お礼を言う程度で十分です。

まとめ

新年の挨拶メールとはいえ、基本的なマナーを守るように心がけることが大切です。
また、社外・社内向け問わず、丁寧で礼儀正しい文面にしましょう。今後のコミュニケーションにも関わってきます。

できれば、送り先に合わせて一つずつ文面を変えていくと良いでしょう。決まりきった言葉ばかりでは味気ないものですが、自分なりに工夫した文章を練りこめば、相手の印象にも残りやすくなります。挨拶を上手に済ませて、新年の仕事を気持ちよく始めましょう。

その他のシーンで好印象を与えるための参考記事はこちら
好印象をあたえる、就職後の内定式での自己紹介ポイントと例文
説得力のある「抱負」とは、好印象を与える「抱負」と目標との違い
就職・転職を勝ち取る面接での長所の答え方 厳選例文5選
マイナビ「自己PRの書き方のポイント」