仕事を進める中で、なかなか聞きなれない言葉や使い方がよくわからない言葉があります。自身のスキルに関連する言葉である自己研鑚も、聞きなれない言葉の一つとしてあげられるでしょう。

しかしどのような意味があるのか分からない人も少なくありません。ここでは自己研鑚の意味と似ている言葉と方法、例文を解説します。

自己研鑽の意味

自己研鑚は「じこけんさん」と読みます。研鑚は難しい漢字で、あまり用いることはありません。鑚(サン)は、穴を開ける工具の一種をさし、研(ケン)には物事を究めるという意味があります。

二つを組み合わせると、研鑚=物事を深く究めるとなり、学問や研究に関して用いられます。自分自身をさす「自己」をつけた自己研鑚になると、自分自身を鍛えてスキルに磨きをかけるという意味になります。

自己研鑽とは、自分のスキルや技術、知識を深く磨きをかけることであり、一つのことを追求し、究めることです。仕事に関する技術だけでなく、学問を探求することも自己研鑚となるでしょう。

自己研鑽と似ている言葉

自己研鑚はあまり使われていませんが、自己を向上させるという意味では別の類語がよく用いられています。

自己研鑽と自己研磨はほとんど同じ

自己研磨(じこけんま)は自らに磨きをかけて物事を究めるという意味があり、ほとんど自己研鑽と同じと考えて問題ありません。

どちらを用いても技術や学問を深く究めることにつながるため、並べて使用することはありません。

自己啓発は自己研鑽より目標が大きい

自己啓発も似た言葉です。

自己啓発(じこけいはつ)とは、己をより高い段階へ飛躍させたいために導く行為をさします。スキルを向上させて深く究めることを目指しているという点では、自己研鑚や自己研磨と似ています。

自己啓発では「より高い能力」「より大きい成功」に導くための考え方を伴っています。モチベーションの向上といった、自己研鑚に導く過程の意識改革を行っているといえるでしょう。

自己研鑽をする方法

自己研鑚は深く究めることであるため、集中力が問われます。学問や研究という分野ではなおさら必要といえるでしょう。

また、目標を持つことも大切です。スキルを向上させるのに己を鍛えて磨きをかけるため、相応の努力が求められるでしょう。

期限を定めて、いつまでにどのくらいやりきるのかをイメージしておき、自分の理想に近づけたかを常に確認し、足りない部分を再認識してさらに理想に近づけるように努力を重ねていきます。

自己研鑚は、満ち足りることなくより高いステージへと臨むことが求められるための向上心が含まれる言葉です。転職の面接で自己研鑚を使用すると、現状に満足せずに、いつも上を見ている努力家だという好印象を与えることも可能です。

 

自己研鑽の類語

自己研鑽には多くの類語があります。多くは自分磨きをかけて能力の向上を目指すもので、類語の中にはスキルだけでなく、考え方や導き方をさすものもあります。

自己研鑽の類語
自己革新 ・ 自己変革 ・ 自己改革 ・ 自分磨き ・ 自己発展 ・自己改善・ 自己実現 ・ 自己陶冶 ・ 自己成長 ・自己練磨 ・自己形成・自己鍛錬

自己研鑽と類語にはどれも、自分を鍛えてよい変化をする要素を含みます。

自己研鑽の英語表現はself-improvement

自己研鑽を英語にすると、self-improvementです。

Improvementの意味は(今と比べて)よくなることをさし、改善や改良、向上など、これからよくなる点をさしています。自己を改良して向上させるというのは、自らを鍛えて磨き抜き、深く究めることとつながります。

自己研鑽の例文

自己研鑽はなかなか使用している人も見かけないため、具体的な例文を見ながらのほうが、イメージしやすいといえるでしょう。

自己研鑽を使った例文

(転職の面接などで)私はスキルアップを図るために、常日頃から「自己研鑽」を怠らないように努めています。

「自己研鑚」を続けてきたことで、キャリアアップが図れた。

英語の語学力を向上させるため、週末は英会話の「自己研鑽」に励みます。

この研究成果を成し遂げたのも、「自己研鑚」にまい進したおかげだ。

キャリアアップで資格取得するために、仕事の休日は「自己研鑽」に努めよう。

留学先では、異国の人々と語り、その文化に触れることで、知識や見識を広めることに「自己研鑽」を重ねた。

修練することで、仕事上のスキル向上をめざし、日々「自己研鑽」を励んだ。

専門性の知識を追求するために、日々の「自己研鑚」を心がけ、これまでにないほど充実した研究成果を発揮できた。

「自己研鑚」を重ねることで、自分の理想とした成長まで臨むことができた。今後はさらに成長できるように、自己研鑚を怠らないよう努力したい。

これらの例文をみると、自分自身のスキルを磨き、研究を究めていくことに対して、「自己研鑚」使えます。自己研鑚はそれで終わりではなく、常に続けることが大切であり、努力を惜しまない姿勢を感じられます。

自己研鑽についてのまとめ

  • あまり使わない言葉ですが、自己研鑚は自分を鍛えて磨きをかけ、学問や研究を深く究めることを指します。これには技術やスキルといった要素を含み、己を高く成長させることにつながります。
  • 自己研磨や自己啓発と似たような意味合いがあり、自らの能力に磨きをかけるという点では、自己研鑚を用いたほうが言い回しも良く聞こえます。
  • 実際に自己研鑚を実践しようとなると、相応の努力や集中力が問われますので、意識改革を伴う自己啓発と組み合わせてスキル向上を目指しましょう。