遠い営業所や事業所への異動を命じられた時には「これって左遷なの?」と心配になってしまいます。

こちらの記事では左遷の詳しい内容や命じられた場合の対処法などを解説します。

左遷とはなにか

左遷とは一般的に高い地位から低い地位へ落とすことという意味です。

サラリーマンの場合ははっきりと位のわかる役職で落とされるだけでなく、地方の営業所へ異動を命じられるなどのケースもあります。

左遷の由来

左遷という言葉は中国での戦国時代には右側が優位として扱われたことが由来となっています。

左遷の対義語

左遷の対義語として最も適当なものは「栄転」です。

栄転とは今までよりも高い地位へ転任することという意味です。

人事異動=左遷とは限らない

人事異動を命じられたからといって必ずしもそれが左遷であるとは限りません。

何か目的や理由があって異動を命じられたのであれば、課題をクリアした後には出世が見えてくるケースもあります。

希望していない部署・職種への異動

希望していない部署や職種へ異動をした場合には必ずしもそれが左遷であるとは限りません。自社についてもっと知ってほしいなどの理由があってその部署や職種へ異動が決まったという可能性もあります。

また、考え方を少し変えてみるのも前向きになれる有効な手段です。一つの部署にずっといるよりも色々な部署を経験して仕事の幅を広げた方がスキルアップになることも多いです。

上司から期待されている人ほど異動の機会が増えることもありますが、命じられた人事異動はもしかすると出世に繋がる吉兆なのかもしれません。

遠い事業所へ異動

遠い事業所や地方へ異動になるというのは左遷でよく見られるケースですが、そうでないケースももちろんあります。

有能な社員が業績の悪い事業所や営業所を立て直しに行く場合もありますし、自分では気がついていない適性が認められて異動になる場合もあります。

どういった理由で異動になるにしろ、新しい職場での人間関係や環境を楽しむほどの気持ちの余裕を持つことが重要です。気持ちに余裕を持って仕事を行えば知らず知らずのうちに物事が良い方向へ進んでいき、最終的にはもともとの地位よりも高い地位につける可能性もあります。

人数が少ない部署や事業所への異動

人数が少ない部署や事業所へ異動になったときは、より専門的なスキルと技術を身につけてほしいという理由でそうなった可能性もあります。

また、新規事業の立ち上げなどに伴ってパイオニアになってほしいという理由で異動が命じられることもあります。人数が少ない部署や事業所への異動は上司へ自らの能力をアピールするいい機会です。

最大限にその機会を活かして、着実に社内での評価を積み上げていきましょう。

左遷されてしまう理由

失敗や能力不足によるもの

左遷されてしまう理由として最も多いのが失敗や能力不足によるものです。

会社に不利益を与えてしまった場合や日頃からトラブルを多く作り出してしまっていると左遷されてしまうこともあります。

左遷されてしまう理由に自覚がある場合は、同じミスを犯さないように注意を払い名誉を挽回していきましょう。

人間関係によるもの

次に左遷の理由として多いのは人間関係によるものです。

上司や同僚と相性が悪くいつも衝突や言い争いばかりしていると、どんなに能力の高い人間でも左遷を命じられてしまうかもしれません。

人間関係による理由で左遷を命じられるとなかなか納得できないものですから、職場の人とはうまく付き合い、なるべくトラブルを持ち込まないようにするのがいいでしょう。

管理職やトップのポストは限られている

サラリーマンとして働く人のほとんどは左遷やそれに似た異動を経験しているものです。

管理職やトップのポストは数が少ないため限られていて、長く働けば必ずしも誰でもなれるというものではありません。管理職になりたいと考えても自分の所属部署に空きがなくては、どんなに能力が高くても出世はしにくいでしょう。

数多くの異動を経験して自分の仕事の幅を増やしておけば、どこかの部署で管理職のポストへの成り上がれる可能性も高まります。

人事異動を命じられ「左遷になった」とただ落ち込むのではなく、自分の能力を最大限に活かして環境を変えていこうとする姿勢が重要なのです。

目の前の仕事を全力でこなす

左遷になってしまったとしてもそうでないにしても、目の前の仕事をただ全力でこなしていくことが出世や評価アップへの一番の近道です。

「現在の課題に対してどのような対策をし、成果をあげることができたのか」など明確な実績があると左遷されるリスクは減り、出世の可能性は高まります。着実に成果と実績を積み重ねていく努力が重要です。

受け入れるかどうかは自分次第

明らかに左遷だとわかる異動を命じられた時にそれを受け入れるかどうかは自分自身次第です。左遷になっても見返そうとがんばれる意思があればそのまま仕事を続けるのも良いでしょう。

しかし、どうしても納得がいかなかったり不当な左遷だと感じたりする場合には転職も視野に入れて今一度自分の身の振り方を見つめ直すのも選択肢ではあります。

転職を視野に入れた方は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。転職エージェントについては以下の記事を参考にしてみてください。

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

左遷に関するおさらい

左遷に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 左遷とは高い地位から低い地位へ落とされることで、サラリーマンの場合は地方への人事異動などが左遷と呼ばれる場合もある
  • 人事異動を命じられたからといってそれが必ずしも左遷であるとは限らないため過度に落ち込む必要はない
  • 異動の意図や理由をしっかりと見極め、目の前の仕事を全力でこなして実績を積み上げていくことが出世や評価アップへの近道となる
  • 管理職やトップのポストは限られていて、誰しもが必ず希望するポストへ就ける訳ではない
  • サラリーマンとして働く多くの人は左遷を経験しているため、左遷されたとしても未来へ目を向けて今後の身の振り方をしっかりと考える
  • どうしても左遷を受け入れられない場合は転職も視野に入れ、様々な可能性を検討してみることが重要