話をしているときに、聞き上手な人がいると気持ちよく話せることがあります。聞き上手な人とは、ついつい話し込んでしまうものです。気持ちよく話をさせてくれる、聞き上手になりたいと思う人も多いでしょう。

ここでは、聞き上手な人の特徴、聞き上手になるコツ、聞き上手と話し上手の違い、聞き上手に向いている職業などを解説します。聞き上手になるだけでなく、転職にも有利になるでしょう。

聞き上手な人の特徴

聞き上手な人にはいろいろとよいところがありますが、以下では聞き上手な人の主な特徴の4つをご紹介します。

聞き上手はリアクションが多い

話をしているときに、リアクションがあると聞いてくれているのが実感でき、ますます話に熱が入ります。

聞き上手な人は、うなずきや前に身を乗り出すなどのアクションまでをつけてくれる人もいます。聞いていて感じたことが、おもわず出てきているように見え、話していて気持ちがよいと感じるでしょう。

聞き上手はを満たしてくれる リアクションで否定的な言葉を使わない

相手の目を見て聞いてくれたり、笑顔で話を聞いてくれたりすると、話し手側は承認欲求を満たされます。

話しているのに、こちらも見ないで存在さえ無視されてしまうと話す意欲もなくなります。また、聞き上手な人は、否定的な言葉を使いません。「うそっ?!」のかわりに「ほんと?!」、「無理でしょう」ではなく「できるの!」といういい方をするでしょう。

聞き上手は話の腰を折らない

聞き上手な人は、自分の意見を押しつけるようなことはしないため、変なタイミングで話の腰を折ったりしません。

たとえ、自分とは反対の意見でも、最後まで話を聞いてから意見をいうでしょう。相手の立場になって、何を伝えようとしているのか、話の核心を理解することに注意を注ぐ傾向があります。

聞き上手は話を広げてくれる

「それで?」などと話の先を促し、話の途中には質問してくるのが、聞き上手な人の特徴でもあります。

自分の話は後回しでも、質問をしてくれると、聞いてくれているのが話し手もよくわかります。また、質問により、さらに話が広がることもあるでしょう。

聞き上手になるコツ

聞き上手になるのは、それほど難しいことではありません。簡単に実践できるコツをご紹介します。

うなずき+あいづちのパターンを増やす

話の間に「はい」とだけあいづちを打つのでは、あまり効果がありません。

話の邪魔にならない程度で、「いいですね!」「なるほど」などとうなずきながらあいづちをしたり、「それは残念」や「すごい!」と話し手の気持ちに合わせた感嘆詞をちょっとしたのディーランゲージとともに発したりするのがよいでしょう。

また、あいづちは「あいうえお」にひとこと添えるのもよいとされています。「あいうえお」は、「あー」「いい!」「うーん」「えー」「おー」などの言葉をさしています。

オウム返しで聞き上手になる

「〇〇のことなのですが…」といわれたときに、ほとんどの人は単に「どうしたの?」などと返答するでしょう。これをわざわざ〇〇部分を繰り返しいうのが、オウム返しです。「〇〇?どうしたの?」というだけで、聞いてくれる態勢に入る雰囲気があります。

オウム返しは、お互いに理解をしていることを分かりあえるため効果的です。しかしあまり回数が多いオウム返しは、かえって馬鹿にしているように感じる人もいるため、ところどころでつかいましょう。

褒める 距離を縮めて聞き上手になる

「お会いできてうれしいです」「以前からお会いしたかったんです」「お待ちしていました」などの言葉は、書いてしまうとくさい言葉ですが、実際にいわれれば誰でもうれしい言葉です。

上記のマジックワードをうまく会話に散りばめていきましょう。

聞き上手と話し上手の違い

話し上手とは、けっして自分ひとりで話てばかりいるわけではありません。聞き手が分かりやすいように、聞き手のレベルに合わせた内容を聞き手の言葉を使って話しています。声のトーンやピッチ、笑顔を保って、聞き手と目を合わせて話しているでしょう。

話し上手であると同時に聞き上手でもなければ、相手のレベルに合わせることもできず、その場に合う声のトーンなどを選ぶこともできません。

話し上手な人は、話の順序や内容をうまく組み立てることができるともいえますが、どうじに聞き上手でなければいけないという前提もあります。

聞き上手な人に向いている職業

聞き上手な人に向く仕事は、人と接する仕事全般といってもうよいでしょう。ただ、聞き上手な人の中でも、人の話を聞くことが全く苦にならないという人に特におすすめの仕事は以下の通りです。

・カウンセラー
・コンサルタント

どちらの仕事も、さまざまな分野の専門家がいます。それぞれの専門的な知識も必要ですが、傾聴力が何よりも重要です。傾聴とは、相手の気持ちに寄り添って、共感的に注意深く聴くことをしています。

現在の自分自身が持っている知識を深めて、聞き上手なを活かせば転職も夢ではないでしょう。

ご自身の聞き上手な性格を、より活かせる職場で働きたい場合、一度就職・転職エージェントや、接客業の求人に強い転職エージェントに相談してみることをおすすめします。自分が持っている能力で人の役に立つことができる職場では、仕事へのやりがいも人生の充実感も大きく変わってくるでしょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方 

営業職に強い アイデムスマートエージェントを利用した転職を解説、 メリット・デメリットなど

聞き上手についてのまとめ

  • 聞き上手な人の主な4つの特徴には、うなずきやリアクションが多い、承認欲求を満たしてくれし否定的な言葉を使わない、話の腰を折ることがない、興味を持ってくれて話を広げてくれるなどがあります。
  • それらからわかる聞き上手になるコツには、うなずき+あいづちのパターンを増やす、オウム返しを数回効果に使う、マジックワードで褒めて距離を縮めるなどでしょう。
  • 知識を深めれば、聞き上手な性格を活かして、向いている仕事であるカウンセラーやコンサルタントなどに転職も可能です。