周りに素直な人がいて、そうなりたいと羨ましく思ったり、素敵な人だと思ったりするでしょう。

しかし、いまさら素直になれないと思っていませんか?ここでは、好かれる素直な人の特徴、素直な人になるには、「素直な人」の英語表現などを解説します。

周りの人に好かれるような、素直な人に今からでもなれます。

好かれる素直な人の特徴

素直な人とは、人それぞれの解釈もありますが、一般的には性格にも態度にもひねくれたところがないばかりでなく、飾り気がなくありのままな人のことをさすでしょう。

素直な人は、周りとの人間関係も良好で、好かれている人が多いです。素直な人が好かれるのは、どんな特徴があるからでしょうか?

また、素直な人の特徴を活かし、転職を考えてみるのもよいかもしれません。転職する際にはぜひ転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

人を信じている

人を疑わない素直な人は、何でも信じてくれるので、接していると悪い感じがしないでしょう。初めから疑い深い態度をする人とは、接する相手を全く違う気分にさせます。

また、人を疑わない性格だとわかれば、素直な人のことは心配になってしまうこともあります。

何でも信じるのは、ある意味警戒心がないということになるので、悪意のある人に気がつかないことがあります。そんな周りを少し心配にさせるような面も、好かれるひとつの理由でしょう。

めったに怒らない

素直な人は、怒りを別な感情に置き換えることが上手な人も多いでしょう。

本来なら怒ってもよい場面でも、相手は正しいと思ってやっていると信じて、相手のことを尊重する傾向にあります。

また、相手の話を疑わないで聞くので、周りが聞くと言い訳にしか聞こえないことも、理由や原因として素直に受け取ってあげてしまうところもあります。すると、怒りは悲しみや困惑、同情などの別な感情にすり替わってしまうのです。

つまり、素直な人は、怒る要素を自分の中で消化してしまうので、めったに怒らない傾向があります。怒りを悲しみなどの別な感情にしてしまえば、周りからはいつも平穏な人に見えて好かれるでしょう。

嘘をつけない

素直な人は、当然自分の気持ちにも素直に行動します。そのため、嘘をつけない傾向にあります。

人を信じているので、そもそも嘘をつこうという発想がないというのが正しいでしょう。

また、間違いや失敗も素直に認めるので、嘘をつく必要もないのです。嘘をつけないのは、他の人から見て、信用できる相手に値する要素でしょう。

しかしその反面、思ったことをストレートに口に出してしまい、人を傷つけてしまうこともあります。相手にもよりますが、ストレートに物ごとを言ってほしい人は、そんな面もよいと思えるでしょう。

素直な人になるには

好かれる素直な人の特徴をあげましたが、それらをすべて明日から実行して素直な人を目指すのは難しいでしょう。

まずは、素直な人に近づくために、実行しやすい小さなことから始めましょう。それだけでも、着実に変われます。

聞き上手になる

人を信じるということを分かりやすく態度で表現するなら、相手の話をよく聞いて共感することでしょう。

しかし、素直な人には誰でも信じてしまう無防備さもあります。そのため、誰でも信じる必要はありません。信じるか信じないかを判断するのは、話を聞いてからとして、まずは聞き上手になってみましょう。

相手のイメージや噂などに惑わされることなく、なんの先入観も持たずに聞いて、共感できるところは共感している気持ちを表すなど、できる範囲で素直になってみるといいでしょう。

感謝の気持ちを表現する

相手の好意からの言葉や行動に対しての感謝は、意外と素直に表現しやすいものです。日常でもビジネスシーンでも、どんな些細なことでもありがたいと思った時には、その気持ちを素直に「ありがとう」と相手に伝えましょう。

心の中で感謝するだけでなく、言葉にして伝えることが大切です。

感謝の気持ちに伝えるのは、自分の気持ちに素直になるだけでなく、相手は感謝されれば嬉しいものなので、人間関係も少しずつよくなっていくでしょう。

何かものを渡してくれたとき、身をかわして通る場所を譲ってくれたときなども、「ありがとう」と一言伝えるのは難しいことではないです。

本音を話せる人をみつける

素直になりたいと思っても、そもそも自分の気持ちがよくわからない人も少なくないでしょう。そんな人は、自分と向き合うことがあまり上手ではないと言えます。

自分の気持ちに自分ひとりでは向き合えない場合には、本音で話せる人を見つけてみましょう。その人に自分の気持ちを話していくうちに、自分と向き合うことができます。

本当の気持ちを言葉で表現するのは難しいですが、素直になる第一歩として、自分の気持ちを理解するのは大切なことです。何度も話しているうちに、だんだんと素直になるすべを身につけていくこともできるでしょう。

素直な人の英語表現

素直な人といいたいときや相手が素直な人だと英語で表現したいときには、どんな言葉が使われるのでしょうか?

基本的には、形容詞の【honest】が使われるでしょう。「He/She is an honest person.」などと使います。

形容詞の【frank】もよく使われます。【frank】を含むよく使われる表現に、「to be frank with you」として「素直に言うと」との意味で使われます。

素直な人は、自分の気持ちに自然体という意味合いで、形容詞の【natural】が使われることもあるでしょう。

素直な人に関するおさらい

素直な人に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 数位の人と良好な人間関係をつくっている素直な人が好かれる特徴には、人を信じているところ、めったに怒らないところや嘘をつけないところなどがある。
  • 素直な人になるのは、なかなか難しいことであり、小さなことから積み上げていくことが大切。
  • 相手を信じている態度を示すために聞き上手になることや、些細なことにも感謝の気持ちを表現すること、自分と向き合うためにも本音で話せる人を見つけることなどから始めるとよい。
  • 素直な人の英語表現に使える形容詞は、【honest】、【frank】、【natural】などがある。