何気なく毎日ストレスと上手く付き合いながら、仕事をしたり周りの人とうまく付き合えたりするのは、メタ認知能力を活用しているからかも知れません。「メタ認知」は、心理学の専門用語です。

今再び、脳科学の分野、また教育の分野で「メタ認知」が注目されています。ここで、「メタ認知」とは、メタ認知能力の高い人と低い人の特徴、トレーニング方法をご紹介します。

メタ認知とはそもそもなにか

アメリカの心理学者:ジョン・H・フラベルが、1970年代に定義し広めた専門用語です。
「メタ認知」とは、“自己の認知活動(知覚、情動、記憶、思考など)を客観的に捉え、評価した上で制御すること”を意味します。
簡単にいうと、「認知を認知する」、または「知っていることを知っている」ということを意味しています。
この認知→評価→制御のサイクルができる心理的な能力が、「メタ認知能力」と呼ばれています。これは、学校の学習でもビジネスでの問題解決など、いつどのような方法や策略を用いるべきかの知識や判断も含まれるいます。

メタ認知能力が高い人とは?

メタ認知能力の高い人とは、イメージ的には、“もう一人の自分がいて、自分のことを上から客観的にみて、自分自身をコントロールする”人のことを言います。

たとえば、相手への気配りができ、適度な距離感を保ちながら付き合っていくことができたり、ビジネスで数字に弱い自分の弱点を把握して、仕事を計画的に早めに進められたりするでしょう。教育現場では、テストでうっかりミスが多い生徒がそれを認識して、次のテストを受ける時に意識にミスを回避し満点をとったら、その生徒はメタ認知能力が高い生徒と言えます。
それらの行動は、自分の能力を「何ができて何ができないか」や「どの程度できるか」と冷静に分析できているからこその結果で、当たり前なことようですが、実はすべての人が、メタ認知能力が高いとはいえないのです。

メタ認知が低い人とは?

「メタ認知の低い人」は、「非認知能力が低い人」ともいわれます。
国立教育政策研究所の報告書では、「非認知能力」を「社会情緒的コンピテンス」と言い換えていて、IQ(知能)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの個人の特性のことを指します。
「メタ認知能力」の客観的な視点で自分を見るという観点を合わせていうと、「メタ認知の低い人」とは、“自分が周りからどう見られているのか把握できていなく、結果を出せない人”を指します。

たとえば、ビジネスにおいて、自己中心的な考え方で、ある物事において他社の認識とかみ合っていなくても、自分が正しいと思い込んでしまう傾向があり、そのこと息がつけなかったりします。また、協調性がないので、相手に合わせる大人な対応が出来ずに、周りからは空気が読めない人と言われてしまうのです。

メタ認知能力が高い人はなにができるのか

メタ認知能力が高いとなにができるのか具体的にわからない方も多いと思います。

メタ認知能力が高いとなにが出来るのかを以下で解説していきます。

周囲への配慮や気配りができるためリーダーとして活躍できる

メタ認知能力が高い人は空気を読むことが得意な人が多いです。他人の気持ちを読むのが得意で一人一人に適切な対応をとることができます。

また、協調性も高く争いごとを基本的には好まないため、リーダーとなって先頭に立つことに向いています。

集中力が高いため細かい作業に向いている

細かい作業をするとき、思うようにいかず焦ってしまうことがありますよね。メタ認知能力の高い人は客観的に自分は焦っていると冷静に自分を見ることができます。そのため、深呼吸をするなどして自らを落ち着かせることができます。

集中力を長く保つことができるため、細かい作業や神経を使う作業に向いています。

感情のコントロールが上手い

メタ認知能力が高い人は感情のコントロールが上手いです。感情のコントロールが上手いということは万が一怒りを感じるようなことが起きたとしても、人前で爆発させたりすることはありません。

感情のコントロールが上手い人は人との関わりも上手く人間関係を快適に築くことができます。

何事にも意欲的で積極的に行動できる

何もすることがなく、ダラダラしてしまう人も多いと思いますが、メタ認知能力が高い人は基本的に無駄な行動をしません。

何事にも意欲的で行動的な人が多いです。積極的に行動するため、新しい発見を多く見出すこともできます。