表情を変えない人を指す言葉として「ポーカーフェイス」という言葉があります。

いろいろな場面に場慣れしている経験豊富な人という印象がありますが、深く掘り下げることで意外な一面を垣間見ることができます。

この記事では、ポーカーフェイスという言葉の意味や無表情との違い、さらにはビジネスシーンにおける長所・短所について解説します。

地味の意味とは

トランプを使ったカードゲームの1つにポーカーがありますが、このゲームの名前を使って表す言葉として「ポーカーフェイス」は広く認知されています。

ポーカーフェイスとは、感情を表情や行動を含めた外見部分に一切表さず、一見すると考えている思考や行動が読めないシーンや人を指す言葉です。

ポーカーフェイスといえば、得意な才能としてよい意味で用いられるケースが多いですが、技としてのポーカーフェイスは実践するためにはたゆまぬ努力を行う必要があります。

ポーカーフェイスの由来

ポーカーフェイスという言葉は、トランプを使って楽しむゲームとして世界的にも一般化しているポーカーが由来です。

いかにして自分の手札が相手に知られないように、表情を変えず素知らぬふりをするのが基本的な戦略であり、「表情を変えずに接する」行為を重ね合わせる形でポーカーという単語が用いられ始めたのが定説です。

地味の英語表現

ポーカーフェイスという言葉は名前の通り、実際に本場の英語でも活用されている正式な英単語に当たります。英語では「Poker Face」と綴り、文字通りポーカーの戦略の1つとして用いる表情という意味をもちます。

無表情を意味するポーカーフェイスを身にまとう(wear)という意味から誕生した言葉である、「wear a poker face」も広く用いられています。

 地味の類語・似た性格

ポーカーフェイスといえば、特に感情が最も表れやすい表情に感情を表さないという意味を持つ言葉として用いられています。

無表情との違い

最も身近な類語では、「無表情」が代表的です。

無口・寡黙な・物静かなど、主に会話を全くせずただそこにたたずんでいる様子を表す言葉が似通った意味を持つ言葉として用いられているほか、表情に特化した言葉として鉄仮面なといった言葉も挙げられます。

類義語の数々は、いずれも感情に由来した言葉ですが、いずれも「クール」や「むっつりした」など特定の感情の起伏だけを指定して表現する言葉とは、若干違った意味を持っている点が特徴です。

無感情との違い

ポーカーフェイスと似通った日本語的な表現として最も近しい言葉に「無感情」というものがあります。両方の言葉を精査してみると、様々な部分で違いがあることがわかります。

「ポーカーフェイス」は無意識的にではなく、意識して自らの感情を行動や表情に表さない特技のようなものですが、「無感情」は、生まれ持った性格の一端を指す本能的な要素を表す言葉という違いがあります。

ポーカーフェイスな人の特徴1:どんな場面でも冷静沈着

ポーカーフェイス特有のポイントをすべて踏まえたこの性格ならではの特徴といえるのが、常にどんな場面でも冷静沈着な自分を演じることができるという点です。

元々、ポーカーフェイスな性格な人は自らの感情を自由に左右することができるため、例えば逼迫した状況に追い込まれても常に冷静な行動や表情を保つことができる人が多いです。

感情をコントロールできる点はビジネスの上でも大きな武器となるケースが多く、取引における交渉の場面でも有利に振る舞うことができます。

しかし、「冷酷」や「人の気持ちを理解できない」など、本来の自分の人柄とは違ったネガティブな印象を相手に与えてしまう恐れが少なからずあるという点に注意が必要でしょう。

ポーカーフェイスな人の特徴2:ストレスを感じやすい

おおよそのケースでポーカーフェイスという性格は、本来の自分の感情とは裏腹に実践している一種の特技のような要素です。

ポーカーフェイスの人が必ずしもすべて感情を左右されず、どんな状況に陥っても感情を乱すことがないというわけではありません。

多くのケースで自分の感情を表に出さないように、努力し本音を出さないよう我慢している場合も多く、ストレスになっている人も少なくありません。

ポーカーフェイスな人の特徴3:周りを見下す傾向がある

ポーカーフェイスな性格の方にとって、何かあるごとに常に感情を起伏させて行動や表情に表している人は、時として「幼稚」や「大人げなく子供っぽい」存在と見えることがあります。

実際、常に自らの感情をコントロールできる一種の自己管理のスペシャリストともいえるポーカーフェイスの人にとって、感情を自分でコントロールできない行為自体をネガティブな要素と見なすことも少なくありません。

ポーカーフェイスな人の前では大きな感情の起伏を見せることで、ネガティブな印象を抱かせやすく、良好な人間関係自体を築くことができなくなるケースもあるでしょう。

ポーカーフェイスな人の特徴4:自尊心とプライドの高さ

ポーカーフェイスは、感情を自由に思い通りにコントロールできるという点ではメリットのある性格ですが、使い方によっては周りを不快にさせてしまう可能性もあります。

ポーカーフェイスの人は、感情を自由にコントロールできることを当たり前と考えているため、感情の制御をできない人を見下すことも少なくなく、自尊心の高さやプライドの高さに直結しやすいです。

しかし、自尊心とプライドの高さから、任された職務に対する責任感は高く、人を管理する立場やリーダーシップを発揮する場面で、持ち前の冷静さが良好な結果をもたらしてくれることも少なくありません。

ポーカーフェイスな人の特徴5:実は繊細な性格

ポーカーフェイスの人は全て傲慢であったり、他人に対して冷たいわけではありません。

ポーカーフェイスを獲得するに至った経緯には、他人に対する優しさが強かったり、自分が傷つくことを恐れる繊細な性格な人がポーカーフェイスを演じているというケースも少なくありません。

ポーカーフェイスな人との付き合い方

ポーカーフェイスな人柄の方がごく身近な存在としている場合、どんな風に接するのが正しい付き合いなのかは以下の通りです。

相手の感情を参考材料として求めない

ポーカーフェイスな性格を持つ方との良好な関係を築きたい場合、相手の感情や行動にご自身の決断が左右されないように心がける必要があります。

多くの方にとって、何か重大な決断を下す際、周りに存在する人からの意見やその人の表情や言葉遣いを参考にしますが、ポーカーフェイスな人に対して参考にできる言外の要素は参考になりません。

ポーカーフェイスの人からも意見を得ようとすると、彼らの無表情さや達観したたたずまいに不快感を覚えてしまい、場の空気が一気に険悪な雰囲気になってしまう恐れもあるでしょう。

急ぎすぎず時間をかけて信頼関係の構築を重ねる

ポーカーフェイスの方の中には、様々なトラウマから性格を獲得したという方が多いです。ポーカーフェイスの相手に対して急ぎすぎる関係の構築は、決してプラス材料とはなりません。

ビジネス上で大切な関係を構築する必要がある方であれば、時間をかけてゆっくりと焦らず良好な関係を築くように心がけることが大切です。