正規採用を目指す時に目にする「既卒」の文字。

ところが、現在は既卒でも新卒扱いになるパターンや、第二新卒という言葉も誕生しました。既に大学などを卒業している人が、自分は「既卒」として応募してよいのか、そもそも既卒とは?と迷う事も少なくありません。

ここでは、既卒の定義と第二新卒との違い、既卒となる理由などを解説しています。

これを読めば、既卒は企業からどのようにみられているかも分かります。

既卒に関することは以下の記事でも紹介しています。こちらも合わせてごらんください。
既卒の就職活動について 就職率と面接対策
既卒の具体的な就職活動について 既卒が活用できる就活サポート

目次

既卒の定義とは 第二新卒との違い

既卒とは、高等学校や大学などを卒業した後に、正規社員としての勤務経験がない方をさします。

つまり、学校卒業後に正社員として働いたことがない人を対象とした募集=既卒、となります。

新卒とは、学校卒業後の就職先を探している在学生を対象とした募集です。

また、既卒と混同しやすい第二新卒とは、新卒で正社員として働いたが、3年以内に離職した求職者をさします。既卒は正社員としての経験がない、第二新卒は短期間だが正社員としての経験がある人をさします。

既卒となった理由の例

既卒となった理由の例1:就活をしていたが受からなかった

在学中に就職活動をしていたのに、内定を得られず卒業後の進路が決まらないまま卒業となると、既卒になります。

就職氷河期と呼ばれる、景気の悪い時期の新卒は、新卒採用を行う企業自体が少ない為、就職内定率も低く、既卒とならざるを得ない人も例年より多くいます。

既卒となった理由の例2:就活をあまりしていなかった

本人が在学中に、積極的に就職活動を行わなかった場合には、もちろん内定が貰える可能性も低くなりますので、既卒になります。

「アルバイトや派遣でもいい」など、正規採用に対する意欲が低い事や、就職活動自体が面倒と感じてしまうことが、就職活動をあまりしない原因となっています。

既卒となった理由の例3:家庭の事情など理由があり就活ができなかった

介護が必要な家族がいる時や、両親がいないなどの理由で自分が兄弟の養育をしている時など、家庭の事情によって就職活動を行う時間が取れなかった場合もあります。

また、自分が希望している職種への就職活動を、両親が反対しているので結局就職活動自体ができなかった、といったケースもあります。

既卒となった理由の例4:バイトや学業などで就活する時間がとれなかった

卒論のテーマを大きなものにしてしまい、卒論の作成に大学生活の大半を使ってしまった時や、学業の他にアルバイトをしていたため、就職活動の時間が取れなかった場合があります。

特に、今は大学の学費を支払う為に、自分でアルバイトを行う学生も少なくありません。高すぎる大学の学費の工面も、新卒での就職活動を困難にする原因となっています。

既卒となった理由の例5:別の目標があったため就活をしていなかった

卒業後は留学をする、専門学校に進学するなど、他の目標や進路が決まっていた時には就職活動をしません。

その為、目標を達成した後に改めて就職活動を行う時には、どこかの学校に在籍している時には新卒として、他は既卒として応募する事になります。

既卒の就職率は厳しいのか

新卒と比較した既卒の就職率

2016年度の調査によると、既卒の就職率は43.2%です。

一方で、新卒の就職率は79.9%となっています。新卒と比べると既卒の就職は厳しいものであることが分かります。

参考:マイナビ 既卒の就職活動調査(2016)

就職率自体は改善している

新卒と比べると、既卒の就職率は低くなってしまいますが、既卒の就職率そのものは年ごとに改善しています。

例えば、2010年と2011年の既卒の就職率は20%台でした。その後、30%台まで回復し現在では43%となっていますので、既卒の就職状況自体は良い方向に向かっているのが分かります。

「既卒」が持たれるイメージ

企業からみた既卒のイメージは「マイナス」

既卒とは、卒業後に正規職員としての経験がない求職者のことです。

在職中に内定を貰えなかった事、もしくは卒業後に新卒として就職しなかった事は、残念ながらマイナスの印象を持たれがちです。

既卒というだけで、本人の人柄に問題があった、もしくは努力不足で就職が決まらなかった人、とレッテルを張られてしまうことになります。

新卒や第二新卒よりも、自己分析の必要性が高い

新卒や第二新卒の就職と比べて、既卒はマイナスの印象が強いことが分かりました。

まずは、応募先企業が感じている、本人の人柄や努力不足といったマイナスの印象を払拭する為の理由付けが必要です。

どのような理由で既卒になったのか、その結果自分は今どうしているのか、など企業が納得できる理由を用意しておきましょう。企業が納得できる理由を用意する為には、徹底した自己分析が必要となります。

また、就職氷河期で求人が少なかった、家庭の事情で就職活動が出来なかったなど、本人ではどうにもならない理由で既卒となった時でも、それに対する不平や不満をアピールとして使うのはもちろん厳禁です。

既卒だからこそ持つ経験もある

新卒や第二新卒と比べると、不利になりがちな既卒ですが、既卒ならではのメリットもあります。

それは、卒業後の仕事以外の経験です。

留学や他の学校へ進学した人は、スキルを活かした仕事を求める事もできますし、アルバイトや派遣でも応募する企業の事業に生かせる経験があれば、高いアピールポイントとして使えます。他にも、ボランティアなどの活動参加経験と、そこから学んだ事もアピールできます。

ポイントは、自分がどんな経験をしたのか、そしてその経験が応募先で仕事をする上でどのように生かせるのかをアピールする事です。

今は、既卒でも卒業後3年以内なら新卒として取り扱う様に厚生労働省から通達が出ています。

既卒でも新卒と同じ求人に応募できる他、既卒だからこそ、新卒や第二新卒にはない他の経験もあります。これらを生かせば、既卒でも十分就職活動の成功は可能となります。

在学中に就職を目指す場合

一部の専門学校の中では、在学中に就職活動を行い、卒業を待たずに仕事を始めることを認めている学校もあります。

例えば、エアライン系の専門学校の場合、新卒募集は日系の航空会社が多いですが、外資系の航空会社の場合、募集時期も不定期となっています。その為、募集があったタイミングで在学中に高校の既卒として応募するパターンです。

また、外資系の募集に絞った為に日系の新卒募集を受けず、卒業後に結局どこの内定も貰えなかった場合には、既卒として就職活動を行う事になります。

既卒の具体的な就職活動方法

既卒の就職活動方法1:ハローワークを活用する

既卒の就職活動の中でも、気軽に利用でき、強い味方となるのがハローワークです。

求人票に登録をすると、自分の希望する職種や勤務先などの条件に応じて、ハローワークに登録されている求人を端末で検索したり、紹介を受けたりできます。
ハローワークの管轄内の事業所が求人を掲載している事も多いので、地元で働きたい人の求人探しにも役立ちます。

また、就職活動がうまくいかないなどの、既卒だからこその悩みがある時にもハローワークでは相談員が気軽に相談に乗ってくれます。求人紹介だけでなく、心の面でも強い存在となります。

自治体によっては、若年層の正規雇用に特化した「ヤングハローワーク(わかものハローワークなど、呼び方は様々)」もありますので、上手に活用しましょう。

また、履歴書の書き方講座や中途採用に向けてのセミナーなど、無料で参加できる就職活動に役立つ講座やセミナーも行っています。

既卒の就職活動方法2:新卒サイトで既卒OKを探す

既卒だから、と思い既卒採用の求人探しをしていると、新卒採用の求人サイトは利用しない方がほとんどです。ところが、新卒採用でも既卒も応募OKという募集があります。

新卒・既卒の同時募集を行っている企業は意外に多くありますので、新卒サイトも活用すると、応募できる求人の幅が広がります。

既卒の就職活動方法3:中途採用の募集を受ける

企業内で欠員が出た時や、新規事業を行う上での増員の為に、不定期で中途採用の募集があります。

中途採用というと、経験者のみの募集といったイメージがありますが、未経験者や既卒も歓迎している求人も多くあります。

中途採用の募集は、自分の新しい可能性が発見できるチャンスでもあります。

中途採用に関することは以下の記事も参考にしてみてください。
どうして在学中の就職活動はうまく行かなかったのですか?
中途採用時の面接について 面接時で注意するポイント

また、転職サイトに中途採用の求人がある場合もあります。そちらも確認してみてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

既卒の就職活動方法4:既卒向けの就職サイトを利用する

既卒で正規採用を目指す人の為の就職サイトも多くあります。活用する事で、より効率よく就職活動を進める事ができます。

既卒向けの就職サイトで代表的なのが、転職エージェントです。登録をすると、自分の希望や条件に応じた求人の紹介が受けられるだけでなく、面接のセッティングや実際の応募はエージェントが全て代行してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削や自己分析、面接の練習など就職活動を成功させるための色々なサポートも受けられます。

転職エージェントは、報酬を求人登録している企業から受け取っているので、求職者は無料で利用する事ができます。

既卒の方におすすめの転職エージェントはハタラクティブです。ぜひ、活用してみてください。

フリーターの正社員就職支援

既卒の面接対策とアピールポイント

既卒は新卒よりも多少不利になってしまう部分がありますが、既卒ならではのアピールポイントもあります。

既卒の面接対策、アピールポイントについて解説していきます。

既卒が面接で必ず聞かれること

以下に、既卒が面接で聞かれる可能性のある質問についてまとめました。

既卒ならではの質問

  • どうして既卒になったのですか?
  • どうして就職しようと思ったのですか?
  • どうして在学中の就職活動はうまく行かなかったのですか?

新卒・既卒問わずされる質問

  • どうして弊社を志望したのですか?
  • 弊社でどのような仕事がしたいですか?
  • 成功・失敗した経験はありますか?
  • 長所・短所を教えて下さい。
  • 他の企業の就職活動状況はどうですか?

上記の質問に対する対策を考えることをおすすめします。

面接での上手な受け答え方

既卒がよく質問される例の中に「どうして既卒になったのですか?」があります。

これは既卒になった理由を分析し、(過去の自分)それと比較してどのような取り組みをしたか、努力をしてどのようになりたいか(未来の自分)を、具体的に説明できる回答を用意しましょう。

ポイントは、既卒となった理由はどんなものでも、責任転嫁や不平不満を述べるような事はしない事です。

過去を比較して、未来の自分はどう変化したいのかについて、企業が納得できる説明ができれば、既卒となったマイナス面を払拭できます。

また、「どうして就職しようと思ったのですか?」も一緒に聞かれることが多いです。

「社会に出て色々な経験を身に着けたい」「アルバイトなどの経験を生かして働きたい」など、前向きで、成長したい気持ちを全面に出した答えが良い印象に繋がります。

先方の不安を取り除く受け答えを用意する

既卒の就職面接にて、必ず聞かれると言ってもよい質問の中に「どうして在学中の就職活動はうまく行かなかったのですか?」があります。

内定が取れなかった要因はたくさんありますが、応募先の企業は「内定が取れなかった理由が、本人の人柄や努力不足ではないか?」との心配がある為、このような質問をします。

人柄や行動に問題があるのではないか、という先方の不安を取り除けるアピールができることが、既卒の就職活動では何よりも重要になります。

不安を取り除く受け答えを用意する為には、徹底した自己分析が必要になります。自己分析を行うと、在学中の就職活動がうまく行かなかった理由、そしてそれに対して自分が行った努力を知ることができます。

「私は、〇〇という点が至らなかったので、克服するために××という努力をいたしました」と、具体的なアピールができるようにしましょう。

アピールポイントはいくらでも探せる

学校卒業後、正社員の経験がなくても、アルバイトで責任のある立場や仕事を任されていた、派遣で将来を考えるきっかけになる仕事を経験した、など既卒ならではのアピールポイントもあります。

アルバイトなどの経験は、具体性もありますので、上手に取り入れれば効果的なアピールに繋がります。

既卒に関するおさらい

既卒に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 既卒とは、学校卒業後に正規社員としての勤務経験がない求職者をさす。
  • 既卒となる理由は、本人の人柄や努力不足などのネガティブな理由だけでなく、他に目標があったなどの理由もある。また、家庭の事情や経済状況が悪かったなど、本人ではどうにもならない理由で既卒となることもある。
  • どんな理由であれ、既卒は新卒や第二新卒と比べるとどうしてもマイナスな印象を持たれがち。企業が安心して採用できる理由を用意しておく。
  • 自己分析がより必要になる。
  • 既卒だからこその経験は有効な自己アピールになる。卒業後の経験と、それをどう生かして働けるかをアピールすれば就職活動の成功につながる。
  • 既卒の就職活動方法には、ハローワーク、新卒採用の求人、中途採用の求人、転職エージェントの活用などがある。
  • 面接ではどのようになりたいのかなどを具体的に説明できるようにしておく。
  • アピールポイントは今までの自分の経験の中から探してみる。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda