この記事では、様々な表記の「いただく」について、「いただく」「頂く」「戴く」それぞれの意味や違い、使い分け方を解説します。

アプリ・アプリ感覚!気軽に転職、スカウト待ちが可能な転職サイト

>>キャリアトレック

>>MIIDAS

オファー待ち可能!転職者の8割が利用!

>>リクナビNEXT

就活生の情報収集

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活

「いただく」の意味

「いただく」には、「自分より上のものを敬って迎える」、「あたまにのせる・かぶせる」といった意味があります。

また、「もらう」の謙譲語や「食べる・飲む」の謙譲語としても使われます。

その他、「苦労もなく手に入れる」(この試合は頂いたも同然だ)、「しかられる」(お小言を頂く)といった意味もあります。

「頂く」と「いただく」漢字とひらがなの違いと使い分け

「いただく」の漢字とひらがなにはそれぞれ別の意味があり、漢字とひらがなを使い分ける必要があります。

漢字で「頂く」と書き表すのは、「食べる・飲む」の謙譲語と、「もらう」の謙譲語として使用する場合です。

ひらがなの「いただく」の場合は、「ご覧いただく」「お越しいただく」など補助動詞としての役割のときに使用します。
補助動詞の「いただく」は文部科学省によってひらがなで表記すると定められているのです。
動詞に付属して「いただく」と使う場合は、ひらがなで表記しましょう。

例えば、多くの人が「ご覧頂く」「お越し頂く」というふうに漢字で表記しがちですが、本来は「ご覧いただく」「お越しいただく」と表記するのが適切です。

「頂く」と「戴く」の違いと使い分け

さらに「いただく」の漢字には、「頂く」と「戴く」の二種類があります。

「頂く」は、前述したように「食べる・飲む」の謙譲語、「もらう」の謙譲語として使用します。
「頂く」は常用漢字であり、普段書面ではこちらを使うことが多いです。

「戴」には「面を持ち上げてかぶせる」「頭に物をのせる」という意味があります。
「戴く」にも「頂く」と同様の意味が含まれますが、主に対象が自分より非常に上である場合や、物品や品物に関わる時に使用されます。
「もらい物」という意味での「戴き物」にはこちらの漢字を使用します。
「戴く」は常用外漢字のため、通常はあまり使うことはありません。

使い分けの例として、
お菓子を頂く・・・(自分が)お菓子を食べる
お菓子を戴く・・・お菓子をありがたく受け取る

と、漢字1つ違うだけで意味が変わってきます。
また、両方の漢字を組み合わせた「頂戴」という単語は、「頂く」「戴く」という言葉以上にうやうやしさが深まります。

「いただく」「頂く」「戴く」のそれぞれの違いがわかる例文集

「いただく」ひらがな表記の例文

セーターを編んでいただいた
お休みさせていただきます

頂くの例文

パーティでごちそうを頂いた
ご飯はもう十分頂きました

戴くの例文

野球選手にサインを戴く
最優秀新人賞を戴いた

頂戴の例文

結構な品を頂戴しました
先生からお叱りを頂戴した
敬語の使い方やメールのルール、細かいビジネスマナーに疲弊しているというあなた、

本当は人間関係に疲弊しているのではないでしょうか??

転職理由の大半は、人間関係や職場環境による悩みからだそうです。

余計な心労を溜め込み、体調を崩してしまう前に、思い切って転職してみるのも良いかも知れません。

気になるあなたは、まず下記の記事も合わせて読んでみてください。

転職するもしないも万人に告ぐ!エージェントを利用しない転職は不利!?