日常生活をしている中で、ノックの回数やリズムに注意しているという人は少ないものです。しかし、ビジネスの場面においてはノックの回数ですら常識があるので注意しましょう。

ノックは「これから入室したいのですがよろしいですか?」という暗黙の挨拶です。したがって、ノックなしにドアを開けるのは問題外です。

失礼のないノックを身に付け、面接時などに活かしてみましょう。

また、面接の入室時のマナーやそのほか気を付けるべきことについてはこちらの記事も参考にしてみてください。
就職・転職の面接でのマナーと気をつけるべきこと
入室のマナー マイナビ

正しいノックの回数

トイレは2回

就職や転職活動での面接現場でやってしまいがちな失敗が、2回ノックです。

2回ノックは「トイレノック」とも言われ、日本のみならず国際基準(プロトコールマナー)上でも、ビジネスで使用するにはマナー違反だとされています。

2回ノックは、トイレの空室状況を確認する時のみに用いられます。面接やビジネスシーンでは非常に失礼な行為になるので注意しましょう。

日本のビジネスマナーでは3回

例えば社長室に呼ばれた時など、日本のビジネスシーンでは、入室の際には3回ノックすることがマナーとなっています。

ノックの回数だけで面接で不採用になるのか、と疑問に思うかもしれません。転職活動の中で、第二新卒者に企業が求めることは、仕事の経験よりもビジネスパーソンとしてのスキルです。転職活動は学生の就職活動とは異なり、一度は社会へ出て働いたことがポイントになります。

ビジネスマナーを知っているか、実践できているかという点を採用担当者はきちんとチェックしています。面接は入室の時から始まっていると心得て、きちんとしたビジネスマナーを身に付けましょう。

国際基準のマナーでは4回

日本のビジネスシーンではノックは3回が基本ですが、国際基準(プロトコールマナー)では、ノックは4回が基本になります。外資系の会社の場合には4回ノックでも構いません。

しかし日本の一般的な企業の場合は、4回ノックは多く感じる可能性があります。

回数以外で気を付けるノックのポイント

回数以外でも面接時のノックにはマナーがあります。以下のことに気を付けましょう。

また、ノック以外の面接時のマナーで不安がある方はマイナビAGENTに相談をしてみましょう。

転職エージェントの中でも、マイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

現在フリーターで就職、転職活動をしている方はハタラクティブに相談してみることをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界で就職を目指している方はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した、面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

ドアが開いていてもノックする

入室をする際に、すでにドアが開いているというケースがあります。ドアがすでに開いている場合でも、許可なく入室することはルール違反です。

ドアが開いていても、きちんとノックしてから入室しましょう。もちろんドアが開いているために、お互いの様子が分かっている状態なので、大きな音を立てる必要はありません。

軽く3回ノックをして入室許可を仰ぎましょう。

「失礼します」と声をかけるタイミングに注意

ドアをノックしながら「失礼します」と声を掛けることはマナー違反です。

ノックはあくまでも「入室したい」という意思を伝える手段であり、入室の許可が下りたわけではありません。入室してもよいという相手からの声掛けがあってから、「失礼します」と言ってドアを開けて入室しましょう。

3回ノック → 相手「お入りください/どうぞ」等入室許可の返事 → 自分「失礼します」

入室の際のノックに関するおさらい

入室の際のノックに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 日本のビジネスシーンでは3回ノックがマナー
  • 2回はトイレノック、国際基準では4回ノックがビジネスマナー
  • ドアが開いている場合でもノックは必要
  • 音やリズムにも注意する

ビジネスシーンでは、出来て当然とされるビジネスマナーやルールが多数存在します。ノックもそのうちのひとつです。そういった作法は間違えた場合に目立ちやすいので注意しましょう。面接では第一印象を決める入室場面。大事な場面でのポイントをしっかり押さえておきましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda