就職・転職が決まり、いざ面接となるとどうすればいいのか悩んでしまうのが、体地位振る舞いなどのマナーです。

この記事では面接の到着から、受付対応、入退室のやり方など、面接の所作に関わること全般について解説いたします。

面接のマナーについてはマイナビAGENTのこちらの記事も参考にしてみてください。
マイナビAGENT 面接対策完全ガイド
事前に基本的なマナーをおさえると緊張をしなく落ち着いて、面談に集中することができます。

面接の何分前に着くのが正解か?

面接の15分前に到着しておく

面接では基本的に遅刻厳禁です。面接の15分前には到着しておきましょう。

たとえ電車の遅延だとしても、第一印象はあまりよくありません。

仮にあなたの希望の職種が営業職であれば、さらに不採用になる確率が高まるでしょう。「重要な訪問にも遅れる人」に見えてしまうからです。様々なトラブルを想定して、早め早めの行動を心がけるようにしましょう。

面接の15分前というと少々早いようにも感じるかもしれません。

しかし早めに到着しておき、お手洗いに行く、身だしなみを整える、面接の事前チェックを行うなどやるべきことは多くあります。

時間にも心にもゆとりができるようにすることが、面接で自分らしさを発揮するために大切です。

遅刻しそうな場合どうするべきか?

遅刻がわかった時点ですぐに電話連絡

遅刻しないように気を配っても、電車が運転見合わせになってしまったり、どうしても遅刻せざるを得ない事態になってしまうこともあります。

その場合は、わかった時点ですぐに採用担当者へ電話連絡を入れるようにしましょう。ギリギリ間に合うかもしれない場合でも、念のため連絡をするのがマナーです。

電話連絡を入れる場合は、遅れる理由とどのくらい遅れるのかを簡潔に述べるようにします。

後から他の面接が入っている可能性があるので、当日の面接の対応が可能かどうかも確認するといいでしょう。自分の都合だけではなく、相手を配慮する対応も忘れないようにして下さい。

ちなみに電話連絡ではなくメールで連絡をする人もいますが、緊急性の高いことをメールのみで伝えるのは控えましょう。メールを送った上で、電話連絡もする場合は問題ありません。

受付時のマナーとは

受付時のマナーは以下の通りとなります。

  • 面接予定の5~10分前に受付へ
  • 挨拶+面接時間、氏名+担当者名を簡潔に

早めに到着したからといって、すぐに受付に行くのはあまり印象がよくありません。目安として予定時間の5~10分前に受付に行くようにしましょう。

あまりに早すぎるとまだ準備が整っていなかったりすることもあるので、相手を急かしてしまう原因になります。

受付ではまずハッキリと挨拶をしてから、「本日×時からの面接に伺いました△△(あなたの名前)と申します。恐れ入りますが、採用担当の〇〇様はいらっしゃいますか?」と簡潔に用件を述べます。

万が一採用担当者の名前が分からない場合には「採用のご担当者様はいらっしゃいますか?」と呼び出しましょう。新卒の場合は大学名も忘れずに伝えるようにします。

大切なのは受付の内線を受けた相手が誰であっても伝わるように、簡潔に分かりやすく伝えることです。

面接室への入室時、退出時のマナー

面接室への入室時、退出時のマナーは以下の通りとなります。

  • ノックは3回
  • 入室は「失礼いたします」と答えてから
  • ドアは両手でゆっくり閉める
  • ハッキリと挨拶をしてから敬礼

ノックはリズムよく3回ノックします。

しかしノックしてすぐに入室してはいけません。相手から「どうぞ」と促されてから入室するようにしましょう。

相手に聞こえるように「失礼いたします」と答えてから入室します。ドア越しのため、やや大きめの声でないとあなたの声は聞こえません。ハッキリ遠くでも聞こえるように答えるようにしましょう。

入室後にドアを両手でゆっくりと閉めてから、ドア前に立ちます。落ち着いてハッキリと「〇〇と申します。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」と挨拶をしてから一礼します。

注意したいことは、挨拶とお辞儀を同時に行わないことです。挨拶とお辞儀が一緒になると、声が下に向けて発せられるので、相手が聞き取りにくくなります。相手に向かってキチンと挨拶を発してからお辞儀をします。

ちなみに面接でのお辞儀は、挨拶でも使われる敬礼が一般的です。角度でいうと30度です。頭だけでお辞儀をすると印象がよくないので、腰から曲げることを意するようにしましょう。

面接終了後は立ち上がってイス戻してから、お礼の挨拶をして一礼します。挨拶と一緒に熱意や志望意思を簡潔に伝えると好印象です。

ドアの前まできたら、「失礼いたします」と再度一礼してから退室するようにします。

入室後のマナー

入室後のマナーは以下の通りとなります。

  • イスの横に立って促されたら氏名を述べる
  • 「どうぞおかけください」といわれるまで座らない
  • 面接官より先に面接室に通されたら案内者の指示に従う
  • お茶は「どうぞ」と勧められてから

入室したらまずイスの横に立ちます。

面接官から名前(新卒の場合は大学名も)を促されたら、「〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします。」と簡潔に述べます。

すぐに座らずに「 どうぞおかけください」といわれてから座ります。促される前に座るのはやめましょう。

企業によっては、面接官より先に面接室に通されることがあります。その場合は案内者の指示に従うようにします。

パターン1:こちらでお待ちください⇒下座の席前で立って待ちます。
パターン2:こちらにお掛けになってお待ちください⇒指定された席に座って待ちます。
パターン3:お掛けになってお待ちください⇒席の指定がない場合は、下座の席に座って待ちます。

下座の席は基本的にドアの1番近くと覚えておくといいでしょう。

お茶を出された場合は「どうぞ」と面接官から促されてから飲むようにします。せっかく出してくれたお茶を恐縮して全く飲まないのは、逆に失礼にあたります。一口でいいので口をつけるようにしましょう。

やってはいけないマナー

やってはいけないマナーは以下の通りとなります。

×目を合わせないで話す
×イスの背にもたれに寄りかかる
×貧乏ゆすり
×髪の毛を触る

上記4項目は非常に印象が悪いです。

相手の目を見ないで話すと「何かやましいことがあるのでは?ウソなのでは?」などと怪しまれますし、人としても気分がよくありません。面接に自信がなくても目をしっかり見て話すようにしましょう。

どうしても目が見られない場合は、眉間を見るようにするといいでしょう。

また、イスの背にもたれかかかると、だらしない、熱意がないと思われます。イスの半分くらいに座るような気持ちでいることが大切です。

貧乏ゆすりをしたり、むやみに髪の毛を触るのもよくありません。落ち着きのなさやヤル気のなさが感じられて、印象が悪くなる可能性があります。

面接時にやってはいけないマナーを、うっかりしてしまうかもしれないなど不安を抱えている方は転職エージェントに相談をしてみましょう。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

現在、フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブに相談してみるとよいでしょう。

フリーターの正社員就職支援

IT業界での就職を目指している方はワークポートに相談してみることをおすすめします。IT業界に特化した、面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

就職、転職のマナーの面接についてのおさらい

就職、転職のマナーの面接についてのおさらいは以下の通りとなります。
【面接前】

  • 面接の15分前には到着
  • 遅刻しそうだとわかった時点で電話連絡
  • 面接の5~10分前に受付
  • 内線電話は挨拶+面接時間、氏名+担当者名を簡潔に

【面接】

  • ノックは3回
  • 「失礼いたします」と答えてから入室
  • ドアは両手で閉める
  • 挨拶をしてから敬礼
  • イスの横に立って促されたら氏名を述べる
  • 「どうぞおかけください」といわれたら座る
  • 面接官より先に面接室に通されたら案内者の指示に従う
  • お茶は「どうぞ」と勧められてから1度は口をつける

【注意すべきマナー】
×目を合わせないで話す
×イスの背にもたれに寄りかかる
×貧乏ゆすり
×髪の毛を触る中

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda