セグメント 意味とビジネスで使う場面

「セグメント」は、断片、部分、切れ目、分割(されたもの)などの意味があります。
日常生活ではあまり使わない言葉かも知れません。

ビジネスにおいては、マーケティング用語として使われます。
「セグメント」は、マーケットの中で共通のニーズを持っている顧客の集団のことをいいます。その集団は、製品やサービスの認識の仕方、価値のつけ方、使用方法、購買に至るプロセスなど、購買行動に至るまでの全般の要素が似通っています。
セグメントを設定することで、コンセプトがはっきりして、魅力的な商品やサービスを生み出すことができるだけでなく、マーケティングの方法も絞りこんで効率よく顧客にアプローチできます。

マーケットセグメンテーション

セグメントを設定する手法は、「マーケットセグメンテーション」、日本語約では市場細分化、と言われます。
効果的なセグメントの設定のためには、「4つのRの原則」という考え方があります。
1.Rank(優先順位づけ):顧客層を重要度に応じてランクづけする
2.Realistic(有効規模):そのセグメントで十分な売上高と利益を確保できる規模がある
3.Reach(到達可能性):セグメント化された顧客に製品・サービスを確実に届けられる
4.Response(測定可能性):顧客層からの反応を分析するできる
これらを満たしたセグメンテーションができれば、販売促進の効果をあげられると言われています。

関連記事 セグメンテーションとは

マーケットセグメント

マーケットセグメンテーションで細分化した、顧客のそれぞれの層を指します。

ターゲットセグメント

マーケットセグメントの中で、自社の商品やサービスを売り込むもうと狙いを定めたタグメントのことを言います。

セグメントの例文

・的確なセグメントを見いだせれば、ヒット商品になる。

・マーケットセグメンテーションにおいて、細分化する軸が重要です。

・女性雑誌は、ティーン、20代、30代などの年齢でターゲットセグメントを設定している場合が多い。

だれでもできる節税施策!会社員こそやるべき、ふるさと納税

ふるさと納税

名前は知っていても使ったことがない方が多いと思われます。カイシャドコイクでは、企業に勤めているからこそ、ふるさと納税をやるべきと強くおすすめします。

だれでもできる節税方法、しかも、返礼品によってはおいしいお肉や家電を手に入れることができます。ご興味がある方は下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とはなにか、仕組みやメリットについての解説

また、すでにふるさと納税に関して知識がある方は、ふるなびさとふるをおすすめいたします。

ふるなびへのリンクはこちら
さとふるはこちら