セグメンテーション 意味とビジネスで使う場面

「セグメンテーション」は英語では「segmentation」と綴り、“分割、分裂”の意味があります。

ビジネスでは、「セグメンテーション」と言えば「マーケット・セグメンテーション」の略で、“市場細分化”を意味するマーケティング用語として使うことが多いでしょう。
「セグメンテーション(市場細分化)」は、顧客市場をある条件のもとに、細分化することで、狙いを定めた特定の顧客市場(ターゲット・セグメンテーション)に集中的、効果的にマーケティングを展開できるようになります。

「セグメンテーション」を行う場合には、市場を以下のような区分で細分化できます。
■人口統計的区分
年齢、性別、居住地域、国籍、家族構成、宗教、人種、ライフスタイルなど
■地理的区分
地域文化、天候など
■社会的的区分
職業、学歴、所得、など
■心理的区分
正確、態度、個人的価値観など

例えば、スターバックスコーヒーは、人種・学歴・地域など複数のセグメンテーションを組み合わせて出店場所を決定すると言われています。

関連 セグメントとは

セグメンテーション・ストラテジー

マーケット・セグメンテーションの結果、狙いを定めたセグメントへのマーケティングをすると、全社的に決めたマーケティング・プランのことを指します。
プランは、短期的、部分的な場合もあります。

ロイヤルティ・セグメンテーション

ブランドに対する、偏った嗜好(強い思い入れや反復購入の多さなど)に基づいて、顧客の細分化をすることを指します。
一般的に、高いロイヤルティを持つ顧客を多く抱えることは、ブランドの価値が高いことを示します。

セグメンテーション型広告/登録情報連動型広告

ユーザー登録をするSNSやインターネットショッピングサイトで、登録情報や購入履歴を分析した結果から顧客を細分化して関連する広告を配信する時の広告そのものを指します。
多くの場合には、自動的に分析、配信が行われます。

セグメンテーションの例文

・セグメンテーションの区分分けと商品の特性が不一致だと、効果的なマーケティングに結びつきません。

・このミーティングで、短期的なセグメンテーション・ストラテジーを設定します。