サプライチェーン 意味とビジネスで使う場面

「サプライチェーン」は日本語だと「供給連鎖」と言われ、製造業や流通業で頻繁に使われる言葉です。しかし、その業種や経営に関する話でも耳にする機会が多い言葉なので、ビジネスパーソンとして理解しておきましょう。

「サプライチェーン」の意味は、“原材料・部品の調達から、製造、在庫管理、販売、配送までの製品の全体的な流れ”を指すのが一般的です。
使われるシーンによっては、「鎖」の意味を強調して、物流の仕組みそのもの、あるいは関わる企業の連携を指すこともあります。

関連語「サプライチェーンマネージメント」

Supply Chain Managementの頭文字をとり、“SCM”と略されることもあります。
物流システムをひとつの企業の内部で収めるのではなく、複数の企業間で統合的なシステムを構築して、効果、成果を高めるためのマネージメントのことを言います。

サプライチェーンマネジメントとは

関連語「サプライチェーンプランニング」

“サプライチェーンマネージメントの各段階における計画を立てること”を言います。
流通に複数の企業が関わることも多く、管理するための情報システムやアプリケーションソフトが導入されていることもあります。そのようなシステムやソフトのことを指して使うこともあります。
また、業種によっては、“需要予測から、仕入れ・製造・流通・販売・在庫管理などの計画をする”を表現していることもあります。

サプライチェーンモデル

サプライチェーンマネージメントは、ビジネス自体の効率化、利益性を高めるためにするマネージメントです。
ビジネスモデルを実現するために、サプライチェーンにおいてもまずはモデルを構築することが大切です。それを「サプライチェーンモデル」と言います。
施設や設備だけでなく、具体的な業務のオペレーションも含んで考えます。

サプライチェーンの例文

・震災でサプライチェーンにダメージが大きく、生産を中止するしかありません。

・サプライチェーンプランニングプログラムを使って、最適化をどんどん進めましょう。

・まずは、サプライチェーンモデルの概念図を書いてみてください。