ビジネスシーンで相手を待たせる時や、少し時間が欲しい時に「今しばらく」のフレーズが良く使用されています。今しばらくの意味や使い方を押さえておけば、スムーズに失礼なく使用できます。また、今しばらくとよく似た「少々」の意味についても解説いたします。

「今しばらく」は時間をあらわす言葉

今しばらくの意味

今しばらく、とは少しの間や、しばしの間を指します。
やや短い期間相手を待たせる時や、少しの間時間が欲しい時に使用されます。

今しばらくの指す期間はケースで異なる

今しばらくは、比較的短い期間へ時間を求める時に使用するフレーズですが、「今しばらく」が指す時間はケースによって異なります。
例えば、ビジネスメールの場合には数日から一週間程度の間を指す事が多いです。
その為、一か月以上の長時間もしくは長期間相手を待たせてしまう時には使用できません。長い間待たせる対応について「今しばらく」を使用すると、相手の想像以上に待たせる結果となり、相手をやきもきさせるなど失礼な対応となってしまいます。
長時間待たせる時には「お時間拝借してもよろしいでしょうか」や「多少お時間をいただきます」など、長い時間や期間が必要である事が分かるフレーズを使用するようにしましょう。

お詫びの言葉と一緒に使用しよう

「今しばらく」を使用する時には、相手に保留や待機を求める状況である事がほとんどです。それによって相手に迷惑がかかってしまう事もありますので、今しばらくを使用する時には、「申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください」などお詫びの言葉を付けた上で使用すると、相手に対しての印象も良くなります。

「今しばらく」と「少々」の違いを見てみよう

少々の意味

少々とは、数量や程度がわずかである事を指す言葉です。
また、動詞に付属して副詞的に使用される事も多く、「少々お待ちいただけますか」で使用されます。

今しばらくと少々の違い

少々とは、ほんのしばらくの間相手に時間を求める時に使用します。数秒間から数分間の間を指す事が多いので、会話や接客用語としても使用されます。
一方で、今しばらくも少しの間相手への待機や保留を求めるフレーズです。けれども、今しばらくの場合には「相手が少し待たされていると感じる」期間や時間待たされる可能性も含んでいます。
つまり、相手に保留や待機を求める時間が、少々よりも今しばらくの方が長いのです。

「今しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちいただけますか」を使い分けよう

相手に「今しばらく待つ」事をどう依頼するか

相手を待たせてしまう時に「今しばらくお待ちください」というフレーズがビジネスシーンでは使われる事が多いです。これは、「待つ」の尊敬語「お待ちする」に依頼の丁寧語である「下さい」が付いた形です。その為、頻繁に使用すると失礼な印象となってしまう事があります。例えば来客があった時に、面会相手が会議中などで少し時間がかかりそうな時には「今しばらくお待ちください」と相手を別室などで待機してもらう事があります。
そして、相手から「まだですか?」と聞かれた時に「今しばらくお待ちください」ともう一度言うと、突き放したような印象となってしまう事があるのです。
この時には「今しばらくお待ちいただけますか」を使用すると良いです。これは、相手に「待ってもらう」を丁寧語表現にした「お待ちいただく」を使用したフレーズです。「待ってもらっても良いでしょうか?」と相手にお伺いを立てているフレーズになりますので、より丁寧な印象となります。

今しばらくの英語の英語表記

Please wait for a while. 「今しばらくお待ちください」
Could you wait for a while ? 「今しばらくお待ちいただけますか」
※for a whileをone week.やfor a few days.に入れ替えると、相手を待たせるための具体的な期間や時間を提示できます
Would it be possible for you to wait for a while? 最も丁寧な表現である「今しばらくお待ちいただけますか?」
cf.:Wait a moment, please. 「少々お待ち下さい」

「今しばらく」の例文

会話・電話応対の例文

ただいま〇〇は接客中です。こちらにお掛けになって今しばらくお待ちください。
お問い合わせありがとうございます、ただいま確認して参りますので今しばらくお待ちください。
係りの者がお席までご案内いたしますので、少々お待ちください。

メールやホームページ上での案内の例文

現在メーカーと調整しております。申し訳ありませんが今しばらく納期回答をお待ちいただけますでしょうか。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。現在ホームページのメンテナンスを行っております。終了予定は〇〇時となっておりますので、今しばらくお待ちください。

「今しばらく」の類語

「今しばらく」は、「もうしばらく」「少しの間」「しばし」などとすることもできます。

「今しばらくお待ちください」の言い回し

「今しばらくお待ちください」をより丁寧に表現したいこともあるでしょう。
その時には、先に紹介した「今しばらくお待ちいただけますか」のほかに「今しばらくお待ちいただけると幸いです」「今しばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか」などということもできます。

まとめ

・「今しばらく」とは、少しの間相手に保留や待機を求める時に使うフレーズ。会話、文書共に使用可能。
・「今しばらく」は、あらかじめ長い時間がかかるかもしれない可能性も含んでいる。少ししか待たない事が明確な時や、ほんの少しの間を指す時には「少々」を使う。
・待たせる事に対する相手へのお詫びの言葉と一緒に使用すると良い。
・「今しばらくお待ちください」よりも、より丁寧な表現として「今しばらくお待ちいただけますか」などがある。
・英文ではfor a while(今しばらく)とa moment(少々)で使い分けができる。