「幸いです」(さいわいです)はビジネスメールでよく見かける表現ですが、間違った使い方をしている人も多い言葉です。この記事では、「幸いです」の意味や、いい換えの表現を含む正しい使い方を解説し、ビジネスで使える例文をご紹介します。

「幸いです」の意味は「自分にとって嬉しい」

「幸いです」は、「自分にとってうれしいことです」「~であれば私自身が幸せになります」といった意味を持ちます。また「運がよい」という意味も持ち合わせています。

ビジネスメールやビジネス上の会話で使われる「幸いです」は、「自分にとって嬉しい・幸せなことだ」という意味で、使われています。

「幸いです」は相手にお願いするときに使う

「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。

また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。

必ずやってほしい時には幸いですを使わない

「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。

ビジネスにおける至急の意味とは 早急との違いと使い方 英語での表現

「幸いです」は目上の人には相応しくない

「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。

「幸いです」の類語、代替できる言葉

「幸いです」の類語:「助かります」

「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。

使用上の注意点として、「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。

「幸いです」の類語:「幸甚です」

「幸甚(こうじん)です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

「幸甚(こうじん)」の意味・類語ビジネスでの正しい使い方と例文9選

より丁寧な言葉遣いとして「存じます」を使用する

「幸甚です」は丁寧な表現ですが、少し硬い印象を受けてしまいます。「思います」の敬語表現に当たる「存じます」を用いて、「幸いに存じます」「幸いと存じます」と使うことによって、「幸甚です」よりも丁寧かつ柔らかい表現になります。

目上の人にはこの表現を使うのがよいでしょう。さらに丁寧にいいたい場合は、「幸甚に存じます」を用いることも出来ます。

「ありがたく存じます」の意味と、正しい使い方や英語表現の解説

ビジネスにおける、存じますの正しい使い方と英語表現

「幸いです」「幸甚です」「幸いに存じます」(「助かります」)の例文集

対等な関係の人に依頼する場合

「本日のセミナーの感想・アンケートについて回答していただけると幸いです。」
「明日の朝までにこの書類を印刷していただけると幸いです。」
「今日の夜、相談に乗っていただけると幸いです。」

目上の人に依頼をする場合

「明日までにメールをいただけると幸甚です。」
「明日の会議の内容を今一度ご確認していただけると幸いに存じます。」
「今回のプロジェクトについて、何卒ご検討していただけると幸いに存じます」

お客様との応答

「お問い合わせしていただいた件ですが、取扱説明書に記載されておりますので、ご確認していただけると幸いに存じます。」
「添付されたマニュアルで対応できない問題に関しては、弊社に問い合わせしていただければ幸いです。」

告知の際の例文

「現在新作ゲーム機○○は品薄状態が続いております。今一度お待ちいただけると幸いに存じます。」

対等な関係の人に贈り物をした・何かを伝えた場合

「本日作成したケーキですが、お口に合えば幸いです。」
「今日お教えしたことが、いつか役に立つことになれば幸いです。」
「ささやかなものですが、喜んでいただければ幸いです。」

目上の人に贈り物をした場合

「お祝いのしるしに、心ばかりの品をお送りさせていただきました。ご笑納いただければ幸いに存じます。」
「変わりばえいたしませんが、時節柄お役に立てていただければ、幸いに存じます。」
「お中元のご挨拶代わりに、AAデパートから、ハムの詰め合わせセットを送らせていただきました。お召し上がりいただければ、幸甚に存じます。」

「幸いです」についてのまとめ

「幸いです」はあいまいな表現で、使い方を間違ってしまうこともあります。正確な使い方を身につけて、コミュニケーションを円滑にしましょう。