ボールペンによってインクの出方や文字の印象が変わります。

履歴書を書く際にどんなボールペンを使えば綺麗に見えるのか、悩んでしまうことがあるでしょう。自分が書きやすいものが良いのか、担当者に与える影響はどうなのか、など様々な観点からボールペンを選ぶ必要があります。

つまり、適切なボールペンを選ぶことは履歴書の印象をも左右する重要なポイントであるといえます。

今回は以下の点について解説いたします。

  • ペンの選び方
  • 文字の太さはどのくらいが好ましいか
  • 封筒と履歴書はペンを分けるのか

この記事を読めば、履歴書にどんなボールペンを選べば、採用担当者に好印象を持ってもらえるかが分かり、ボールペン選びに悩むことはなくなるでしょう。

以下の記事も参考にしてみてください。
履歴書は手書きで書くべきかPCで用意するべきか 業種で書き分けよう

履歴書に適したボールペンの選び方

履歴書を採用担当者が見たときに読みやすく、好印象である必要があります。読みやすい文字を書くためのボールペンは以下のようなものです。

  • インクが濃く、文字がはっきりしている
  • ペン先が太すぎず、細すぎず、ちょうどよい
  • 裏に写らない
  • にじまない
  • 字がかすれない
  • 色は黒

油性?水性?ゲルインク?それぞれの違いと特徴

おすすめは水性ゲル、水性インキです。この2つはインクの発色が良く、線がはっきりと同じ濃淡で見えるからです。

この3種類には以下のような特徴があります。

油性ボールペン

  • インクがにじみにくい
  • 裏に写りにくい
  • 文字がかすれることが多い

水性インキ

  • 軽く書くことができる
  • 油性に比べて滑らか
  • 発色がよい
  • 水に弱い

水性ゲル

  • インクの出方が一定
  • 発色が良い
  • 滑らかに書ける
  • インクがにじみにくい

油性インクが全くダメというわけではありませんが、水性の方がより滑らかに書けます。

技術の進歩によってどのボールペンも全体にクオリティが上がっているため、実際に試し書きをして書きやすいものを選ぶとよいでしょう。

ペンの太さのおすすめは0.7mm

ペン先の太さは0.7mmがおすすめです。

履歴書では普段よりも大きな字ではっきりと書く場所が多いため、0.5mmでは少し字が細い印象を与える可能性があります。

しっかりとした丁寧な字を書くためには大きな文字にも負けない太さのある0.7mmがおすすめです。

ボールペンを選ぶ際の注意点

消せるボールペン(フリクション)を選ばない

最近、文房具屋でたくさんの種類が出ている消せるボールペン(フリクション)は履歴書を書く際には相応しくありません。

履歴書は重要書類です。重要書類は『消えないペン』で書くことがルールです。

フリクションボールペンの場合、摩擦熱によって色が消える性質を持っています。書類が高温の場所におかれ多場合やコピー機の熱があたると文字が薄くなる可能性があります。

気合いを入れて書いた履歴書の文字が消えたり、薄くなってしまっては元も子もありません。もちろん、履歴書の文字が消えかかっていれば、採用担当者の印象も悪くなります。

蛍光ペンは使用しない

ボールペンだけでは味気ない、履歴書の中でも特にアピールしたい部分があるときに、蛍光ペンを使用する人がいますがNGです。

履歴書は正式な書類であるため、黒色以外は使わない方が好ましいです。

万年筆の使用はどちらでもよい

昔は「重要書類の記入は万年筆」というのが当たり前でした。

しかし、現在では万年筆で書く習慣があまりないため、基本的には黒色のボールペンを使っています。耐水性があり、読みやすい字が書ける万年筆であれば問題ありません。

封筒の宛名には黒のサインペンがよい

封筒は履歴書に必要以上の折り目がつかないようにA4サイズを利用するのが一般的です。

履歴書がすっぽりとはいる大きさの封筒に宛名を書くときは、履歴書よりも太いペンを使います。採用担当者が竿書に目にする書類は封筒なので、手を抜かずきちんと書きます。

実際に封筒の宛名書きに適しているのは「黒の油性サインペン」です。(ただし、小さいサイズの封筒の場合、ボールペンがよい)

その理由は以下の通りです。

  • はっきりとした文字が書ける
  • 郵便の際、水に濡れても消えない
  • A4サイズの封筒に対して太すぎず細すぎず適した太さである

また、宛名の他に履歴書が入っていることを示す「履歴書在中」または「応募書類在中」と記載します。

その際は分かりやすく目につきやすいように「赤ペン」で書くのが一般的です。赤ペンには特に決まりはありませんが、水性ではないことが望ましいです。

「履歴書在中」については以下の記事も参考にしてみてください。
「履歴書在中」の必要性や正しい書き方について

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

履歴書を書く際のボールペンについてのおさらい

履歴書を書くボールペンを選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

  • 水性のゲルインク
  • 色は黒
  • ペンの太さは0.7mm
  • 消せるボールペンは使用しない
  • 封筒の宛名書きは黒の油性サインペンを使用
  • 封筒には『履歴書在中』などの文字を赤いペンで書く
  • 万年筆を利用してもよいが、耐久性があるものにする

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda