「組織をマネジメントする。」「プロジェクトのマネージャーを命じられた。」など、現代ではマネジメントという言葉はビジネスの場面で一般的な言葉として使われています。

この記事ではマネジメントの定義や、マネージャーの業務内容・役割について解説します。

マネジメントは管理するという意味の言葉


マネジメントとは、管理・運営する行為や行動を取り締まり管理することなどをさす言葉です。ビジネスの場面でいうマネジメントとは、経営に関わる管理のことをいう場合が多いです。

マネジメントというキーワードからピーター F. ドラッカーという人物名を連想する方も多くいるでしょう。

アメリカの経営学者ドラッカーは、マネジメントの体系を確立した、マネジメントの父と呼ばれる存在です。

2005年にすでにこの世を去っていますが、これまでに出版された数多くのドラッカーの著書はいまでも世界中で読まれており、多くのビジネスパーソンにとってバイブル的な存在として扱われています。

ドラッカーは自身の著書『プロフェッショナルの条件』で、マネジメントを以下のように定義しています。

成果を生み出すために、既存の知識をいかに有効に適用するかを知るための知識がマネジメントである。

引用:「プロフェッショナルの条件」ダイヤモンド社

上記に加えて、ドラッカーはマネージャー(経営管理者)を「知識の適用と、知識の働きに責任を持つもの。」と定義しています。

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップとは、組織の先頭に立ち、ある目標(ビジョン)のために、組織に属するメンバーの意識を一方向に集め、組織を率いる能力をさします。

一方でマネジメントとは、組織を統率していく意味も含んでいますが、主となる行為は管理や運営、目標地点に達するための計画を立て、実行し、目標を達成させる行為を意味しています。

マネージャーの役割は企業組織の管理・運営

リフレクション
マネージャーは経営管理者ともいい、主に企業組織の管理・運営や、データを取り分析する事が役割です。

学校の部活動のマネージャーは、監督という自分より上の立場がいるため、どちらかといえば監督や部員のサポート役であることがほとんどです。

しかし、ビジネスでのマネージャーは監督の役割も担っているため、チーム方針を決め、計画を立て、組織のメンバーそれぞれの役割を明確する事から始めます。

役割についてメンバーの行動を見ながら、手順・数値・作業スピードは適正かなどをチェックし、目標達成に導く事がビジネスのマネージャに求められる主な役割です。

マネージャーの仕事内容

喧々諤々

マネージャーの仕事①:数値管理

マネージャーは無駄なコストがかかっていないか、目標の数値に達しているか、達していない場合はどのように対処するかを監視・管理する事が仕事です。

マネージャーの仕事②:業務管理も仕事

マネージャーは自身がマネジメントする組織のメンバーの個々の業務内容を把握する事も仕事です。

それぞれが無理や無駄のない動きをしているか、業務内容はメンバーにとって適正か、社としてのルールは守られているかなどを監視・管理します。

マネージャーの仕事③:管理も仕事

マネージャーは組織の管理以外にもスケジュール管理をする事も仕事です。

納期が決まっているプロジェクトなどについて、期日を設けて計画を立て、個々人の作業の進捗率を把握し、期限に間に合わせるためのサポートや計画自体の修正を行いながら、プロジェクトを遂行させます。

マネージャーの仕事④:メンバーの育成

自身がマネジメントするチームのメンバースキルを高めることは、チーム全体の発展や、プロジェクトの完成度の高さを大きく左右します。

マネージャーは常に組織のメンバー個々人のスキルを把握し、成長を促すサポートを行っていくことも大切です。

マネジメントを行うのに必要なスキル

大使館
マネージャーに求められる能力は多岐に渡りますが、大きな項目で分けると下記のものがあげられます。

意思決定能力がマネジメントには必要

マネジメントをしていると、さまざまな場面で決断を迫られます。例として、費用を優先するのか、納期を優先すべきなのかなどを日々行っていく必要があります。

マネージャーにはその都度何を優先すべきか判断し、チームの動きを決定する能力が求められます。

コミュニケーション能力もマネジメントに必要

コミュニケーションのスキルが高ければよいマネージャーということではありませんが、情報が行き来しやすい環境を整えるということは、マネージャーにとってプラスに働く場面が多いです。

マネージャーはたった一人で黙々と作業をこなすポジションではありません。

組織は数人から数十人規模まで大小さまざまですが、基本的には多くの人と関わりながらチームを目標とする結果へ導く事が求められます。

時間管理能力もマネジメントに必要

立てた計画通りに業務を進め納期を守ることは、どのような仕事においても重要です。しかし、関わる人数の多いプロジェクトほど、予定どおりのスケジュールで動くことは至難の業でしょう。

マネージャーにはトラブルなども想定して計画を立て、最終的には決められた期限内にプロジェクトを遂行する能力が求められます。

リスク回避能力もマネジメントには必要

どのような業務においても、リスクを把握しそれを回避することは重要なポイントです。

リスク回避の方法は様々ですが、想定される問題を把握し、それに対してどのように対処するのかを決めておくことは、マネージャーの重要な仕事のひとつです。

マネージャー自身の経験値がリスク回避の能力を高める場合もあります。経験がリスクに対する感度を高め、結果的にリスクを回避につながる場面は多くあるでしょう。

店舗マネジメントとは

おせっかいな人ってどんな人?特徴とポイント 付き合い方の解説
店舗経営を行うためには「店舗マネジメント」の力も必要です。
店舗マネジメントとは、店舗の管理、スタッフの採用や教育など、店舗の経営に関わる業務全般を管理することを指します。
在庫管理なども業務に含まれるため、現場で実状を見ることも必要となります。

店舗マネジメント、と聞くと難しく感じますが、実際には店長が行なっている仕事と言えます。
店の売り上げを見ながら在庫発注をしたり、必要な数のスタッフを揃えたり、客の満足度を上げるために品揃えや商品陳列などを随時変更したりします。

サービス業であれば、顧客のニーズに合わせた接客態度のための教育が必要でしょう。
ただその日の業務をこなすだけでなく、店の売り上げを上げるため、店舗として成長するために必用なことを実行していく必要があります。

以上の点から、店舗マネジメントに必要なのは、

①売上管理
②スタッフの教育

と言えます。

売り上げ管理のためには、マーケティングツールを活用して無駄をなくすことがお勧めです。
それに加えて、定期的に新しい商品企画やキャンペーンなどを行い、新たな客層を掴むための工夫を行うことも重要でしょう。
これらを行いつつ経営管理をするために、コスト管理を怠らずに行いましょう。

スタッフ教育の力をつけるためには、セミナーを活用することができます。
特に接客業ではコミュニケーション力やクレーム処理能力が重要となり、それを自身が身に着けるだけでなく他人に教えるためには技術が必要です。
スタッフを教育する立場になったのであれば、店舗マネジメントを行う人を対象としたセミナーに一度足を運んでみると良いでしょう。

マネジメント研修とは

おざなり
マネジメント研修とは、マネージャーの立場に立つ人を対象にした、マネジメントスキルを磨くための研修です。
前述の店舗マネジメントを行う人向けの研修も、マネジメント研修にあたります。

マネジメント研修が必要な理由は、マネージャーのスキルが上がることで社内の風土の改善、業績向上に繋がるからです。

マネジメント研修を開いている代表的な企業は、

・日本マンパワー
・一般社団法人日本能率協会(JMA)
・NTT LS
・リクルート マネージメントスクール

などがあります。

主に人材育成に関するスキルアップのための教育が行われ、研修の後には育成のための知識だけでなく意欲も向上します。
マネージャーが意欲を持って教育に取り組むことで、現場にも活気が溢れスタッフ一人ひとりのやる気も刺激されます。

マンネリを感じている部署や店舗があるならば、ぜひマネジメント研修を利用してみてはいかがでしょうか。

マネジメントについてのまとめ

  • マネジメントとは組織を運営し管理する行為の事です。
  • アメリカの経営学者、ドラッカーはマネジメントの父と呼ばれる存在です。
  • リーダーシップとは、組織を率いていく力のことです。
  • マネジメントとは管理や運営、目標地点に達するための計画をたて、実行させる行為の事です。
  • 組織においてのマネージャーの役割は個々人の役割などを明確にし、必要な情報を与え、チームを目標達成に導くことが求められます。
  • マネージャーの仕事には「数値管理」「業務管理」「スケジュール管理」「チームメンバーの育成」などがあります。
  • マネジメントに必要なスキルには「意思決定能力」「コミュニケーション能力」「時間管理能力」「リスク回避能力」などがあります。