勤勉と聞くと一生懸命仕事に打ち込んでいる印象を受けます。

勤勉であることは仕事を進めるうえで信頼を得やすくなり、上司の立場であれば勤勉な部下がいること手がかからずとても助かります。

しかし勤勉であることが必ずしも仕事の成果に繋がるとは限らないのもまたよくある話です。

この記事では勤勉の意味と勤勉な人との接し方を解説いたします。

 

勤勉の意味とは

勤勉とは、仕事や勉強などに一生懸命に励むことやその様子を指します。
「勤勉な学生」などとも言うように社会人に限らず学生などの性格を表現するのにも使われることがあります。

言葉の使い方としては好意的に捉えられることが多く「あの人は勤勉だ」や「勤勉に取り組んでいる」などと聞くと真面目な人柄が見て取れます。
勤勉の対義語には「怠惰」が充てられます。

怠惰と聞いて好印象御受ける人はまずいないように、勤勉であることについて悪い評価を受けることはまずありません。
特に信頼関係が大切なビジネスの世界では勤勉であることはその人が安心して仕事を任せることができるかどうかの大きな指標となります。

ボーナスのことを「勤勉手当」と表現する場合もあります。
これは会社のために懸命に働いていることへの評価として、給与の他に支給しますとう意味ですのでニュアンスとしては確かにボーナスに近いものがあります。

外国人からの評価として日本人全体がしばしば「勤勉だ」と言われます。
きちんとルールに従い仕事をし、長時間労働も厭わない姿は別の国の人からすると驚くべきものであるようです。
時にそれは一定の価値観で働く日本人を皮肉る意味でも言われます。
しかし日本人にとって勤勉であることは美徳であり、社会人にとっては当たり前のこととなっているのです。

勤勉の英語表現

勤勉を英語で表す場合、名詞の「diligence」が使われます。
これはやや形式ばった表現ですので、もっとシンプルでわかりやすいものでは「hard work」があります。
文字通り厳しく働くとうことになりますので、日本人の働き方の感覚から言えばこちらの方が近いものがあります。

勤勉の類語・似た性格

勤勉を別の言葉で言い表すと辞書などでは、「精進」「苦心」のような言葉が出てきます。
ニュアンスとしては苦労しながら地道に前に進む姿がみてとれ、勤勉であることがいかに大変なことであるかがわかる言葉になっています。
勤勉であることが崇高なことであるように捉えられる言葉です。

もっと一般的な感覚に近く使いやすいのは「まじめ」や「努力家」という表現になってきます。

勤勉を別の言葉で言い表すと辞書などでは、「精進」「苦心」のような言葉が出てきます。
ニュアンスとしては苦労しながら地道に前に進む姿がみてとれ、勤勉であることがいかに大変なことであるかがわかる言葉になっています。
勤勉であることが崇高なことであるように捉えられる言葉ですので、日常の会話よりは文章や目上の人と話す場面などで使われることになります。

もっと一般的な感覚に近く使いやすいのは「真面目」や「努力家」という表現です。
一所懸命仕事に取り組む姿がそれらの言葉を連想させますので概ね好意的な言葉となります。
勤勉である人は実際に性格もこの2つに近いものがありますので、勤勉な人を指して「あの人は真面目だ」と言っても何の違和感もありません。

ただし、勤勉が仕事に対する姿勢を表す言葉であるのに対して、真面目はもう少し広い意味を持ちますので常に当てはまるとは限らず使い方には注意が必要です。
例えば日常生活であまり外れたことをせずルールを守る人を「真面目な人」と言うことはあっても、「勤勉な人」とは言いません。
努力家も同様で、スポーツの分野などで成果を出した人に対して「努力した」と褒めることがありますが、「勤勉だった」ということはあまりありません。
「勤勉」はやはり仕事や勉強のような特定のジャンルで使われるのが的した表現であり、「勤める」と「勉める」という「つとめる」が並んでいるだけのことがあります。

基本的には良い印象を持たれている勤勉な性格ではありますが、その融通の利かなさを「固物」「頑固」と表すこともあります。
決して悪い意味だけを持っているわけではありませんが、面白みのなさを揶揄する言葉として使われます。
時に勤勉であることは周囲の人間に息苦しさを与えてしまうことになりますので、度が過ぎると反感を買うことにもなってしまいます。
勤勉な人は他のことに目がいきにくい場合もありますので、美徳でもありながらコミュニケーション面では損をしてしまう可能性もあるのです。

勤勉の特徴1:与えられた仕事に強い

勤勉な人は仕事に対する忠誠心が強く、特に上司やお役さんから命じられた仕事は着実にこなします。
与えられた仕事を淡々と文句も言わずにこなすことができるので、周囲からも尊敬の目で見られることになります。

多くの人はなかなか成果の出ない仕事であったり、意味を見出しにくい仕事に対してはモチベーションを維持ずることができないものですが、勤勉な人はそんなものには左右されずに働くことができます。
命じた立場の人からすると計算が立ち、安心して任せることができる存在です。

その一方で与えられた仕事以外には弱いという弱点もあります。
確実で計算ができる仕事をするのは魅力ですが、意外性はないのが勤勉な人の特徴です。
そのため信頼は勝ち取りやすいですが、物足りない印象を持たれてしまうことがあります。

勤勉な人だけを集めれば良いというものではない理由がここにあり、命令に対して従順である勤勉な人は新しいものを生みにくいので勤勉とは言えない人も会社には必要とされるのです。”

勤勉の特徴2:自分の仕事量に疑問を抱かない

勤勉な人は良くも悪くも自分の仕事の量に対して疑問を抱きません。
仕事があればあるほど働くのが当然のことと考えていますので、残業になろうと休日出勤をしようと会社のためならと働くことができます。
肉体的に辛いと思うことはあっても「仕事とはこういったものだ」と考えることができるので本当に苦にはなりません。
ほんの少し前まではそれが働く人にとっては当たり前のことであり、そういった働き方ができる勤勉な人が評価されてきました。

しかし時代は変わりました。
会社の姿勢に疑問を持たずにただ働き続ける勤勉な人はいわゆる「社畜」とういう言葉で表されるように必ずしも正しいものとはされなくなりました。

いかに労働時間を短くするかが課題になってくると、今までとにかく働いてきた勤勉な人は会社にとっては扱いにくい存在にもなってきます。
本人がいくらでも働けると主張しても、社会がそれを許さない風潮になっており勤勉であることが正しいと思っていた人は働き辛さを感じることになります。”

勤勉の特徴3:自分の働き方に誇りをもっている

勤勉な人は自分の働き方に対する誇りを強く持っています。
特に勤勉に働いたことで出世をしてきたタイプの上司であると、勤勉であることを部下にも求めますのでやや扱いづらい存在となります。
本来勤勉であるかどうかはそれぞれの個性や仕事に対する考え方でも違ってきますので、強要するのは難しいですが、自分の成功体験から勤勉であることが最も正しいという発想をもっています。
それは自分を支える要素としては良いことですが、同じレベルを周囲に求めてくると閉口してしまいます。

上司が勤勉ですと、次々と新しい仕事が舞い込んできて部下にとっては息つく暇もありません。
時には休日でもメールを送ってきたり、朝も早くから働く姿勢をみせてプレッシャーをかけてきます。
本人はそれが当然だと思っているので、やめさせるは難しいのが特徴です。

役職者に限らず勤勉な人は今までの自分の仕事に強い誇りをもっていることが多いので、より効率の良い方法などを簡単に受け入れることができません。
勤勉は美徳ですが、度を過ぎると扱いにくいものとされてしまいます。”

勤勉の特徴4:仕事以外のコミュニケーションが苦手

勤勉な人はそれ故に仕事上では信頼を得やすくなりますが、一度仕事を離れてしまうとコミュニケーションの面でやや苦戦することもあります。
仕事熱心であればあるほど、その他のことには疎くなりがちになってしまい、他人との距離が出来やすくなります。
少し意地の悪い見方をすれば、勤勉である以外の自己表現の方法を知らないので仕事以外ではコミュニケーションを取ることができなくなってしまいます。

これは仕事の成果にも繋がりやすい大きな問題です。
仕事の多くは他人との協力を必要とするものであり、職種によっては交渉術も求められます。
自分一人でやる仕事であればなんら問題はありませんが、人の心を動かすのには勤勉さだけでは足りないことがあります。
そのため、誰からも勤勉であると高い評価を受けていながらも仕事で実績を残せないということは多々あります。
勤勉であることは大きな武器でありますが、仕事で成果を出したり円滑な人間関係を作るためにはコミュニケーション能力も必要となってきます。”

勤勉の特徴5:仕事の効率が悪い

勤勉な人は長時間の仕事や単純な反復作業を苦とせずに行うことができますが、そのせいで効率をよくするという発想を持つことができません。
時間をかけて働くスタイルが生に合っているため、効率化を求める働き方を認めることができません。
酷い場合には効率良く仕事をしている人に対して手を抜いているという見方までしてしまうので周囲も迷惑をすることになります。

逆に効率良く仕事ができないために、勤勉になるしかないという人もいます。
うまくこなせないからには時間をかけて丁寧な仕事をするしかなくなってしまった結果、勤勉な人となっていきます。
それは本人が自分にできる働き方を見つけたという点では素晴らしいことですが、成果を求める会社としては使えない社員のレッテルを貼られることにもなりかねません。

勤勉であることは必ずしも良いことばかりではなく、可能な限りの改善は図っていく必要があります。
本人が変わっていくのが一番ですが、周囲の人がフォローしてあげる必要もあるでしょう。

勤勉な人との付き合い方

勤勉な人は度が過ぎるとやや迷惑な存在にはなりますが、基本的には仕事熱心で会社にとっては必要な人材です。
周囲に誰もが認めるような勤勉な人がいるのであればその人のことは頼りにしても良いでしょう。
その中で2つのことを心掛けてみてください。

学べるところは学ぶ

勤勉な人は仕事に対してもいろいろな考え方を持っていますので、学べるところは参考にして自分の力にしていってください。
どのような仕事をしているのかを観察して、良いと思えば取り入れ、ここは効率が悪いと思えばそれは別のやり方を試しましょう。
うまく良いところだけを取り込めれば、あなたの仕事は格段に良くなります。

適度な距離感を持つ

勤勉な人は仲間を求める傾向があります。
勤勉とは言えない勤務態度の人を苦々しく思っており、逆に自分に近い考えの人には親近感を持ちます。
そのためあなたがどちらのタイプにせよ、近づき過ぎるとターゲットにされてしまう恐れがあります。
程よい距離を保った付き合いが望ましいでしょう。

勤勉な人は良い面と悪い面があるのでそれを理解したお付き合いをすれば、あなたにとっても貴重な存在になるはずです。