で働きたいとは思っても、どうしてよいのかわからない人もいるでしょう。ハードルが高い海外での就職ですが、実際に海外で働いている人はいくつかのパターンに分かけることが出来ます。

ここでは、海外で働く方法と海外で働くために必要な力、実際に海外で働く日本人に多い職種などを解説します。海外で働くために明日からでも実現のために動くことができます。

海外で働くための方法

海外で働くと決めたときには、どの国で働くにしても避けて通れないのがビザの問題でしょう。国によっては、ビザ取得がかなりハードルの高い場合もあります。

ビザの問題を軽減し、海外で働くための方法は、主に以下の4つがあります。

ワーキングホリデーを使って海外で働く

若い年代で海外で働いてみたいと思っている場合、ワーキングホリデービザで働いてみるのもよいでしょう。

学ぶ、働く、暮らすを海外で試す意味のビザであるため、国によって申請条件や滞在期間は異なります。ワーキングホリデーは、日本と相手国の間で協定を結んで発給されているビザの種類です。

注意点として、18歳〜25歳、または30歳までが対象です。

日本人がワーキングホリデービザを取れる国は、オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・アルゼンチンなど21か国あります。

初めての海外での就職体験としては、ビザが取りやすいのがメリットでしょう。カナダでは永住権申請の際に、プラスに働くポイント制も導入されており、ワーキングホリデーで1年以上カナダで働くとポイントの加算があります。

留学して海外で働く方法もある

どこの国で働きたいか決まっている場合、留学するのもよいでしょう。卒業後、必ず現地で就職できるとは限りませんが、現地での情報が得られやすいこともあり、海外で働く夢を叶えやすくなります。

国によっては、卒業後の就職活動のために留学生ビザを延長できる国もあります。のちの海外赴任や海外転勤の際には留学経験がプラスに働くことが多いでしょう。

アメリカでは、最低9か月の学習の後にはOPTというインターンシップが認められており、12か月分ビザの延長ができます。

アメリカが定める課程、応用コンピュータサイエンスや工学などであれば最長29か月の延長もでき、卒業後にインターンシップとして働くことも可能です。

海外で働くために海外転勤を狙う

働いている会社に海外支社がある場合、駐在員として海外への転勤を狙う事でもビザが取りやすくなります。

社内異動が可能なのかの確認や、周りの人に海外転勤したいことを、さりげなく伝えるなどの根回しをしておくとよいでしょう。すぐに実現できそうにない場合、英語力や海外ので役に立つスキルをつけておくなども準備をするのも大切です。

海外転職して海外で働く

海外転職とは、海外の会社の現地採用として、または日本の会社で海外支社の駐在員として新たに雇われて赴任するために転職をする事です。

海外求人を扱う転職サイトである転職エージェントや、ビジネスSNSのLinkedinなどを活用するのがよいでしょう。

Linkedinはオンライン履歴書として機能するため、企業からのスカウトも期待する事がきます。登録後には、常に最新情報に更新しておくようにしましょう。日本人の登録者は少なく、無料で登録もできるため、うまく活用したいSNSです。

旅をしながら海外で働く

プログラマーや、デザイナーやライターなど、フリーランスで仕事をできるスキルがある場合、クラウドワーカーとして各国を転々としながら働くのもよいでしょう。

現地の企業で働くのとは違いますが、海外で暮らすことはできます。それぞれの国で観光ビザでも滞在できる期間はその国で仕事をし、国を変えながらオンラインフリーランスとして働く人は少なくありません。

旅自体を仕事にしてしまうトラベルブロガーもよいでしょう。新しい海外での働き方として、将来フリーランスになれるように手に職をつけるのもよいです。

海外で働くための英語力が必要

海外で働く場合、コミュニケーションのために求められる英語力は、ポジションや職種によって違います。

日本人顧客を相手にする場合、日本語力を問われることもあるでしょう。しかし、海外で働きマネジメントを目指す場合、英語ではスピーキングとライティングを強化していくのもよいです。

ビジネス英語の文章は、日本語との構成にも違いがあり、質の高いビジネス英語文章を身に着けるのは簡単ではありません。

海外で働く日本人の主な職種

観光をメインにしている都市では、多くの日本人がホスピタリティー業に携わっている事が多く、駐在員や海外転職の人もいるため、金融、コンサル、WEB関係、メーカー、商社、貿易などで活躍する日本人が多くいます。

将来的に海外で働くことを実現させたい場合、金融やWEB関係の国際的な資格やスキルを身につけていくのもおすすめです。国によっては、資格でビザが取りやすくなる国もあります。

海外で働くことについてのまとめ

  • 海外で働くには、どの国で働くしてもビザが問題になるでしょう。少しでもビザの問題を軽減して、実際に海外で働くのに考えられる方法は、ワーキングホリデーを使う、留学して現地で就職する、海外転勤を狙う、海外転職する、旅をしながらスリーランスで仕事をするという方法が考えられます。
  • 海外で働くとなれば、コミュニケーションのためには英語が必要ですが、仕事においては求められるレベルは違います。マネジメントを目指すなら、英語ではスピーキングとライティングを強化していくのがよいでしょう。
  • 実際に海外で働く日本人に多い職種には、金融、コンサル、WEB関係、メーカー、商社、貿易などがあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda