手紙を書くとき、なんという言葉で締めたら良いのか毎回迷ってしまう人もいるかもしれません。季節に合わせて言葉や表現を変えたりするとなかなか思いつかないこともあるでしょう。季節を問わずいつでも使える便利な表現に「ご自愛ください」という言葉あります。ここでは、「ご自愛ください」の意味から使い方、例文をご紹介いたします。

「ご自愛」の意味

漢字に分けて意味を考えてみます。
「自」は「自分」や「自ら」、「自分の体」、「愛」は「愛する」や「大切にする」という意味を表しています。つまり「ご自愛ください」は「お体を大切にしてください」という意味です。読み方は「ごじあい」です。

手紙やメールの結びの言葉として、相手の健康を気遣う言葉としてよく使われます。「ご自愛してほしい」理由とともに使うことが多く「〜なので、ご自愛ください」や「〜の折、ご自愛ください」などの表現が使われます。

「ご自愛ください」の目上の人への使い方

「ご自愛ください」という表現は相手の健康を気遣う言葉なので、年齢や性別を問わず使える丁寧な表現です。もちろん、目上の人にも使えます。むしろ、親しい友人や年下の人よりも目上の人へ使う方が多いかもしれません。相手をいたわる表現なので、目上の人に対して積極的に使いましょう。

「お体にご自愛ください」という表現は間違っている

お体にご自愛くださいという表現を見かけることがありますが、この表現の仕方は実は間違っています。

以下では、「お体にご自愛ください」がなぜ間違っているのかを解説していきます。

ご自愛は体を大切にしてという意味がある

相手の健康を気遣う言葉なので一見正しいように思えますが、「自愛」は「自分の体を大切にする」という意味なので、「お体に」という部分を付けると、「体」という意味を二重に表現していることになってしまいます。

「ご自愛ください」で「自分のお体を大切にしてください」という意味であることを頭に入れておきましょう。

手紙の結びの言葉に「お体にご自愛ください」を使うのもマナー違反

手紙の結びの言葉として、「お体にご自愛ください」を使用するのもマナー違反です。

二重表現の言葉を使用するのは相手に対しても失礼な行動になります。結びの言葉に使用するのは控えましょう。

「ご自愛」は元気な人に使う表現

相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。しかし、「ご自愛ください」という表現は、体調が悪くない人に対して「体調を崩さないように気をつけて」という意味で使うのが一般的です。

体調を崩してしまっている人に対しては「1日も早い回復をお祈り申し上げます」といったような表現に変えます。早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。

「ご慈愛」は全く違う意味

「じあい」と読む言葉に「慈愛」があります。似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。

「慈愛」は「自分への深い愛情」という意味があるので、「ご慈愛ください」というと「私を大切にしてくださいね」という反対の意味になってしまいます。相手の健康を気遣う表現は「ご慈愛ください」ではなく、「ご自愛ください」です。

「ご自愛」のビジネスメールで使える鉄板フレーズ・例文4選

「〜ので、ご自愛ください」

・寒くなってまいりましたので、ご自愛くださいませ。
・季節の変わり目ですので、ご自愛ください。

相手の健康を気遣う理由を示して、「ご自愛ください」という表現です。

「くれぐれもご自愛ください」

・梅雨で体を冷やさぬよう、くれぐれもご自愛ください。
・ご多忙の折りではございますが、くれぐれもご自愛くださいませ。
・残暑厳しい時期柄、くれぐれもご自愛ください。

「ご自愛ください」という言葉をより強めるために「くれぐれも」という言葉を添えることがあります。決まりはありませんが、相手が体調を崩しやすい状況にあるとき(忙しくしている、寒暖の差が激しいなど)に使われることが多いです。

「どうぞご自愛ください」

・厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。
・花冷えの時期柄、どうぞご自愛くださいませ。
・朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、どうぞご自愛くださいませ。

「ご自愛ください」だけだとそっけない印象を与えかねないので、より丁寧に表現することから「どうか」という言葉を添えるようになりました。

「何卒ご自愛のほどお願い申し上げます」

・寒さ厳しい折、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。
・木枯らしの季節となりました。お風邪など召されませぬよう、何卒ご自愛のほどお願い申しあげます。

ビジネスで特別な取引先の方やよく気にかけてくださる方に対しては、さらに丁寧な言い方をすることがあります。「ご自愛ください」だけでも十分、丁寧な言葉です。しかし、人によっては「ください」という表現が命令しているように聞こえると感じるようです。そんなときは文末を「お願い申し上げます」に変えるのも良いでしょう。