人との別れ際や手紙の末尾に、相手の健康や体調を思いやる一言を添えるのが日本人の昔からの習慣です。よく使われる表現に「体に気をつけて」がありますが、実際に用いるときには細かい点で注意が必要です。意味や使い方、注意する点などを解説します。

「お体に気をつけて」の意味

お体に気をつけてとは、相手の健康やご自愛を願っている、という意味です。

「お体に気をつけて」と「体調に気をつけて」との違いは

「お体に気をつけて」と「体調に気をつけて」の違いはないですが、体と体調は少し違う意味になります。

体は頭から足の先までの全身のことを表し、肉体的な意味が強いです。一方、体調は体の調子のことをいいます。体のコンディションを主にさしています。そのため、精神的な部分も体調には含まれていると考えていいと思います。

しかし、「お体に気をつけて」、「体調に気をつけて」のどちらも相手の体調に気を遣う言葉に変わりはないです。

「お体に気をつけて」の使い方

「お体」と「お身体」の違い

体と身体、どちらも「からだ」と読みます。意味の違いを見てみます。

体…頭から足の全体。肉体。
身体…(心も含む)人の体。

「体」と「身体」はほとんど同じ意味です。厳密いえば、肉体と心という点で若干の違いはあります。
使い分けとしては公的な文書では「体」を使いますが、基本的にはどちらでも問題ありません。

「お体にお気をつけて」という表現を使うとき

「体に気をつけて」と言いたい場合、敬語にするといくつかの言い回しがあります。「気をつけて」という言葉に注目してみていきます。

「お体にお気をつけください」
「お体にお気をつけください」

どちらが正しい表現でしょうか。どちらも大して変わらないように見えますが、「て」がはいらない、前者の「お体にお気をつけください」が正解です。

「気をつけて」という言葉は「気をつける」という一つの単語の語尾が変化したものです。つまり、もととなる言葉は「気をつけ」です。活用するのは最後の文字「る」の部分というわけです。したがって「気をつけ」+「ください」となり、「お気をつけください」が正しい表現なのです。

では、次の表現は正しいでしょうか。

「お体にお気をつけてお過ごしください」

これは正解です。「気をつける」と「過ごす」がそれぞれ独立した動詞であるため、つなげると「気をつけてお過ごしください」となります。このときの「て」は2つの動作を並列する役割があります。

目上の人に「お体に気をつけて」を使用していいのか

基本的には使用しても問題ないですが相手の受け取りによっては勘違いをされてしまう可能性もあります。

「お体に気をつけて」をそのまま目上の人に使用するのは命令口調と捉えられてしまう可能性があるので、万が一のことを考えて、そのままの表現で使用するのは避けた方がよいです。

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際の注意点

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際に注意するべき点は相手が不快に受け取る可能性を考慮して、「お体に気をつけてください」などとより丁寧な表現にしたほうがよいです。

また、「お体に気を付けて」という単体の表現で使用するよりもなにか言葉を付け足して使用した方がより目上の人を敬った表現になります。

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際の例文

目上の人に「お体に気をつけて」を使用する際の例文は以下の通りとなります。

・「お忙しいとは思いますが、体調に気を付けてお過ごしください」
・「無理せずにお体にはお気を付けください」