この記事では「暑中見舞い」について解説いたします。

ビジネスシーンでも「暑中見舞い」は用いられていますが、それがどのようなものであるかよく分からないという人も多いかもしれません。

そこで今回は「暑中見舞い」を出す時期や「お中元」との違い、例文や返事のマナーなども合わせてピックアップしました。

いざ「暑中見舞い」を出したり受け取ったりした際に慌てることがないよう、一つずつ確認していきましょう。

暑中見舞いとは

履歴書 A4 2枚
「暑中見舞い」とは夏季に出す挨拶状です。

季節柄暑い日が続くなど体調を崩しやすくなりがちなので、相手の健康を思いやる言葉を添えながら近況を伝えるものがよく見られます。

また単に挨拶状だけではなく贈り物とセットで出すケースも少なくありません。

「暑中見舞い」と「お中元」の違い

「暑中見舞い」と似たものとして「お中元」が挙げられます。

「お中元」とは日頃の感謝や今後の付き合いの意思を表す目的で、地域ごとに若干違いがあるものの7~8月に贈るものです。

その為、贈る目的や時期が「暑中見舞い」とは少し異なります。

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?

疑問
「暑中見舞い」は相手の様子を伺ったり自身の近況報告をすることを目的として、7月7日(小暑)から8月7日(立秋)頃に贈るものです。

もし「暑中見舞い」と「お中元」の時期が被っている場合、「お中元」の添え状で「暑中見舞い」を兼ねて近況報告を行うケースがよく見られます。

反対に「お中元」を贈らず「暑中見舞い」のみを出すのは失礼とされているので、気をつけた方が良いかもしれません。

遅れてしまった場合は「残暑見舞い」を出す

何かと忙しくしている内に、「暑中見舞い」を出すのを忘れてしまっていたということがあるかもしれません。

そんな場合は「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」を出すのが一般的です。

暑い最中に贈るのが「暑中見舞い」、残暑が厳しい時期にだすのが「残暑見舞い」と考えると分かりやすいかもしれません。

「残暑見舞い」は8月8日頃(立秋)~8月末頃までに届くよう贈るものだとされており、遅くても9月7日頃(処暑の候)までに届くように贈るのが良いでしょう。

暑中見舞いの例文

36協定とは
「暑中見舞い」は出す相手によってその文面や内容が変わってきますが、文章構成には大差がありません。

「暑中見舞い」は主に以下の4要素で構成されています。

・お見舞いの挨拶
・主文
・結びの句
・日付

この項目では、「暑中見舞い」を贈るケース別での例文を取り上げました。

なお「お見舞いの挨拶」と「日付」についてはケースによって変わることがないので、「一般的な内容」でのみご紹介します。

一般的な内容

まず「お見舞いの挨拶」では「暑中お見舞い申し上げます」とするケースがほとんどです。

「主文」は、次のようなものがよく見られます。

厳しい暑さの毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。
私どもはおかげさまで家族一同元気に過ごしております。
梅雨明けから猛烈な暑さとなりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
私たちは元気に過ごしております。
暑い日が続きますがお元気ですか。
私たちも、暑さに負けぬよう頑張っております。

続いて「結びの句」では、以下のような言い回しがあります。

酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます
これからも暑さが続きますので、どうぞご自愛ください
しばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけください

最後に「日付」は、「令和○年 八月」や「令和○年 盛夏」のように書きます。

これらを全て繋げると「暑中見舞い」の文面は完成です。

もし表面に書いていなければ、「日付」の後ろに会社名や氏名といった差出人の情報を入れるのも良いでしょう。

ビジネス(上司)

上司宛の「暑中見舞い」の「主文」は、以下のようなものがよく使われます。

厳しい暑さが続いておりますがご健勝のことと存じております。
日頃は何かとお世話になり、またお心にかけて下さいましてありがとうございます。
今夏も一層の努力を重ねていく所存です。よろしくご指導ご鞭撻のほど お願い申し上げます

なお上司宛の場合、結びの句は一般的な内容で使われるものと同様で問題ありません。

ビジネス(取引先)

取引先に対して「暑中見舞い」を贈る場合、「主文」は以下のようなものが考えられるでしょう。

平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます

また「結びの句」では、例えば次のようものがよく見られます。

今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
炎暑のみぎり皆様のご健康とご自愛をお祈り申し上げます

恩師

恩師に対する「暑中見舞い」の「主文」は、次のようにエピソードを添えたものが良いでしょう。

新社会人として覚えることが多いことに苦労している一方、上司や同僚に恵まれ元気に働くことができています
先生から教わった知識やスキルは、仕事をする上で不可欠なものになっています

またそれらに合わせ、「結びの句」では以下のようなものを使います。

暑さ厳しき折、先生もお体にはくれぐれもお気をつけください
今年も折を見てご挨拶に伺いますので、どうぞご自愛ください

暑中見舞いの返事のマナー

態々 わざわざ
「暑中見舞い」をいざ受け取った場合に備えて、返事のマナーを理解しておくことが望ましいです。

この項目では、「暑中見舞い」の返事のマナーとして時期と書き方をピックアップしました。

暑中見舞いの返事の時期

「暑中見舞い」に限ったことではありませんが、受け取ってからなるべくすぐに返事するのが礼儀です。

特にビジネスにおいては、今後の取引などにも影響してくる可能性がある為気をつけた方が良いでしょう。

どんなに遅くとも、一週間以内には返事をするのがマナーです。

暑中見舞いの返事の書き方

「暑中見舞い」の返事の構成は「暑中見舞い」と同様で構いませんが、「主文」の前にお礼の一言を添える必要があります。

どのような一言を添えるかは、例えば以下のようなものが挙げられるでしょう。

ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります
ご丁寧なお見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます
ご丁寧なお見舞状をいただき、誠にありがとうございます

その後に続く「主文」や「結びの句」については、相手に応じて適したものを選びましょう。

例えば友達や同僚など気の置けない相手であれば、ある程度フランクな内容や言葉遣いで良いという場合もあります。

逆に取引先や恩師などに対しては、礼儀を欠くことのないように配慮することが重要だということです。

まとめ この記事のおさらい

・「暑中見舞い」とは夏季に出す挨拶状で、相手の健康を思いやる言葉を添えながら近況を伝えるものがよく見られる

・「暑中見舞い」は単に挨拶状だけではなく、贈り物とセットで出すケースも少なくない

・「お中元」とは日頃の感謝や今後の付き合いの意思を表す目的で、地域ごとに若干違いがあるものの7~8月に贈るもの

・「暑中見舞い」は相手の様子を伺ったり自身の近況報告をすることを目的として、7月7日(小暑)から8月7日(立秋)頃に贈るもの

・「残暑見舞い」は8月8日頃(立秋)~8月末頃までに届くよう贈るものだとされており、遅くても9月7日頃(処暑の候)までに届くように贈るのが良い

・「暑中見舞い」を受け取ったら、なるべくすぐに返事するのが礼儀