この記事では残暑見舞いの文章構成やよく使われる言葉、例文について解説いたします。

社会人になると残暑見舞いを取引先やお客様からいただく機会もありますが、その意味や内容について曖昧な方もいらっしゃるかもしれません。

この記事を通して残暑見舞いへの理解が深まれば幸いです。

残暑見舞いとはなにか

残暑見舞いとは「なかなか終わらずに残っている暑さに対して見舞うもの」です。
またその機会に、日頃なかなか会えないお世話になっている人やお客様の安否確認をしたり、近況報告をしたりする季節の挨拶状です。

「残暑」という文字通り「暑さが残っている」ことをさし、暦の上では秋にさしかかる立秋頃のことです。(8月7〜8日頃ですが、年によって多少変わります)

ただし正確な終わりの日付というのは特に決まっていません。
一般的には8月いっぱい、あるいは9月に入っても残暑とされることがあります。

なお残暑見舞いとは別で「暑中見舞い」というものもあります。
暑中見舞いは梅雨明けから立秋手前頃までに出すもので、残暑見舞いとの違いは出す時期です。

また時候の挨拶をそれぞれの時候に合ったものにするという点が異なります。

残暑見舞いの構成

残暑見舞いは大きく分けて4つの項目で構成されています。お見舞いの挨拶、時候の挨拶から始まる本文、結びの挨拶、日付です。

一つずつ順番に確認してみましょう。

 

・お見舞いの挨拶
文章の先頭に記載します。よく使われるのは「残暑お見舞い申し上げます。」や「残暑お伺い申し上げます。」です。

本文より若干大きめに書くと見栄えが良くなります。また末尾の句点(。)については書かないのが一般的です。

 

 

・時候の挨拶から始まる本文
続いて時候の挨拶と、相手を気遣うような言葉を添えて本文に繋げます。
時候の挨拶はその季節に合ったものを、気遣いの言葉は相手との関係性や状況等に適したものを選びましょう。

例えば時候の挨拶は「立秋を過ぎてもなお暑い日が続いておりますが」や「朝夕に秋風が感じられるようになってまいりました。」等を使います。

その後に「お元気でいらっしゃいますでしょうか。」や「お健やかにお過ごしでしょうか。」等と続けます。

そしてもう少し気遣いの言葉や、近況報告を付け加えます。

 

 

・結びの挨拶
締めの言葉は残暑見舞いの趣旨である、相手の健康を気遣う内容が一般的です。

例えば「厳しい暑さが続きますが、何卒ご自愛の上お過ごしください。」や「しばらくは暑さが続くようですが、お健やかに秋をお迎えくださいますようお祈りいたしております。」等を使います。

 

 

・日付
日付は年号を漢数字で書き、その下に「晩夏」や「立秋」、「葉月」等を使います。

何月何日等の具体的な日付は入れないのが一般的です。

 

残暑見舞いを出す時期

残暑見舞いは立秋から8月末、遅くとも9月の頭までには送りましょう。

なお立秋とは季節の区切り目をあらわす「二十四節季」の一つで、毎年多少日のずれがあります。
大体「夏至」(二十四節季の一つ。毎年6月20日頃)と「秋分」(二十四節季の一つ。毎年9月23日頃)の間が立秋です。

残暑見舞いでよく使われる言葉

残暑見舞いでよく使われる言葉は、お見舞いの挨拶については先述した通りです。

ここでは、時候の挨拶と結びの挨拶についてそれぞれ確認してみましょう。

・時候の挨拶
「朝夕涼味を覚える頃」
秋になると朝晩が涼しげになることから、秋に近づいてきたことを意味しています。

「立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いております。」
立秋を過ぎても暑さが継続していることを伝えています。この後には体調を案じる言葉を続けるのが一般的です。

・結びの言葉
「猛暑厳しき折、くれぐれもご自愛の程お願い申し上げます。」
暑さに対して体調に気をつけてほしい気持ちを表現しています。

なお「自愛」は文字通り「自分自身を大切にすること」という意味です。ここでは「暑さに対してお身体を労ってください」等を意味しています。

この「自愛」という言葉は手紙の結びの言葉として非常によく使われますので、覚えておくと重宝するかもしれません。

「まずは残暑見舞いまで。」
残暑見舞いの定番の言葉です。暑中見舞いの場合は「まずは暑中見舞いまで。」のように使われます。

 

ビジネスでの残暑見舞い

ビジネスでは会社の上司や取引先、お客様等に残暑見舞いを送ることがあります。

相手別に言葉や内容を変える必要がある為、それぞれの場合どのような表現が使われるか見てみましょう。

 

・上司
「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私は大過なく仕事に励むことができております。
今年は残暑が思いのほか厳しいようです。どうぞご自愛くださいませ。」

冒頭から定番の言葉が並んでいます。無難な内容なので、取引先やお客様等比較的相手を選ばずに使えます。

 

 

・取引先やお客様
「残暑ことの外厳しい中、お変わりなくお凄しでしょうか。
おかげさまで弊社の売上も堅調に推移しております。誠にありがとうございます。
暑さはまだしばらく続きそうです。どうかくれぐれもご自愛ください。」

取引先やお客様のおかげで会社の業績が伸びているという感謝を伝えています。「〇〇様のおかげと感謝の念に耐えません。」等の表現を用いても良いでしょう。

 

友人への残暑見舞い

ビジネスの残暑見舞いと違い、友人宛の場合はもう少しフランクです。

・「8月もあとわずかとなりましたが、変わらず猛暑が続いております。
先日はお忙しい中おもてなしいただきありがとうございました。おかげさまで娘もたいそう喜んでいました。今度はぜひ我が家へお越しください。
暑さはしばらく続くようです。どうぞくれぐれもご自愛ください。」

先日娘を連れて訪問した際のお礼を兼ねています。親しい間柄であれば、もう少し具体的なエピソードを交えても良いかもしれません。

残暑見舞いの例文

これまで取り上げた以外の場面で、どのような例文が考えられるかを一つずつ解説いたします。

 

・先生宛の残暑見舞い
「お盆を過ぎても相変わらずの暑さが続いております。先生におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。
私は社会人として覚えることの多さに四苦八苦しながらも、毎日充実した日々を送っております。
まずは近況報告と残暑のお見舞いを申し上げたく筆を執りました。暑い日が続きますので、どうぞご自愛ください。」

新社会人が在学中にお世話になった先生宛に残暑見舞いを出した例です。今の自分の近況を添えて、元気に社会人として過ごしている様子を伝えています。

 

 

・しばらく疎遠になっていた友人宛の残暑見舞い
「今年も連日の猛暑が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。
私事ではございますが、月末にまとまった休みをいただくことができました。
しばらくご無沙汰しておりましたが、旅行がてら久しぶりにお会いできたらと思っております。
もしご都合がつけば再会することができれば幸いです。
残暑もまだ厳しいので、お体には気をつけてお過ごしください。」

残暑見舞いをきっかけにして、旧友を訪ねることを提案しています。このように、残暑見舞い等を久々の連絡のきっかけにすることは多々あります。

 

まとめ この記事のおさらい

  • 残暑見舞いは、なかなか終わらずに残っている暑さに対して見舞うもの
  • 暑中見舞いは梅雨明けから立秋手前までに出すもので、目的や内容は時候の挨拶等以外残暑見舞いと同じ
  • 残暑見舞いは立秋から8月いっぱい、遅くとも9月頭までに送るもの