大言壮語(たいげんそうご)の意味

「大言」とは物事を誇張していう事を意味し、「壮語」とは、偉そうに大きなことをいう事を意味する言葉です。

上記の事から大言壮語とは、できそうもないことや威勢のよいことをいうことや、口で大きいことをいっても実力が伴わない事をさす四字熟語です。

大言壮語の同義語には、「壮言大語」「大風呂敷を広げる」「広言する」「豪語する」「大ぼらを吹く」などがあります。

大言壮語のビジネスシーンでの使い方

大言壮語はビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスにおいて、達成できそうにもない仕事をできると主張し、結局達成できず多方面に迷惑をかける人を揶揄する際に使う事ができます。

大言壮語の例文

当社の製造キャパから考えて無理な注文を、できますと大言壮語した社長のために、結果として顧客先に迷惑をかけることになってしまった。
どう考えても期日までにできない無理な仕事量を、課長が部長にできますと大言壮語したが、課員が残業しても間に合わず部長に怒られていた。