五里霧中(ごりむちゅう)の意味とは

五里とは距離を表す言葉でおよそ20㎞を表す言葉です。霧中とは霧の中にいる状態です。

したがって、五里霧中とは「五里もの長い距離を霧が立ち込めて何も見えない状態のこと」を表します。

現代ではこの意味から「物事の様子を正しく判断することが出来ず、どうしていいかわからず困ること、あるいは何をしてよいかわからず手探りの状態で何かを進めること」をさします。

五里霧中のビジネスシーンでの意味

五里霧中という言葉はビジネス用語ではありません。

しかし、仕事をしていくうえで先の見通しが立たずに何から始めたらよいか、どうしたらよいかわからないという状態は存在します。したがって、五里霧中という言葉はビジネスシーンでも使われることがあります。

例えば、会社の中で今まで扱ってこなかった事柄を扱うようになった時、社員たちは今までと違う仕事のスタイルに苦しむことになるでしょう。こうした状態の中手探りで仕事を進めていくのは五里霧中です。

ここでの意味は、社員たちが試行錯誤しながら仕事をしていっている状態そのものをさします。

五里霧中の使い方と例文

会社を起業し、五里霧中のままでも諦めず進んだ結果、今は軌道に乗っている。
長年、証拠もなく五里霧中の捜査だった詐欺事件が今月無事解決した。
上司の叱責、顧客折衝、日常におわれていませんか? 副収入が得てみませんか?のような話も世間ではありますが、1番は自分の仕事がいくらの価値なのかを知ることが、ストレスなく仕事に取り組むきっかけになります。 数多ある転職サイトでは自身の平均年収、残業時間を知ることができます。 今、あなたの隣に座っている同僚もスマホで転職活動をしているかもしれませんよ。

とりあえず転職どうしよっかと思っている方はこちらのサイトがおすすめです。下記サイトでは登録まで5分でできるものです。

気軽にタイプ

MIIDAS

キャリトレ

就職活動中の方はこちら

ギガ就活をみれば就活の口コミをみることができ、面接対策・企業研究をおこなうことができます。

気になる方は1度覗いてみることをおすすめします!

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活