生活の安定を考え始めたときは、一般的に正社員での雇用を考えるでしょう。しかし、正社員になるための転職は難しいと考えて、転職自体を迷っている人も少なくありません。

ここでは、正社員に転職するためのいくつかの方法や、成功率の高い正社員への意外な転職方法を解説します。この記事を読むことで、今日からでも実際に転職活動を始めることができます。

正社員に転職するための方法

新卒のときには、あらかじめ職を探す方法がいくつも用意されていましたが、転職の場合、自分自身で積極的に活動を始めることが前提です。

転職が初めての人は、どうしたらよいか悩む事もあるでしょう。転職を過去に経験したことがある人でも、以前よりもよい転職の方法はないか知りたいと思うものです。

以下では、今主流となっている3つの転職の方法と、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

転職サイトを利用して正社員に転職する

正社員へ転職するために、一番手軽に始められる転職活動が、転職サイトです。

転職サイトは、自分自身で募集をネット検索し、エントリーしたり書類を送付したりする形が一般的です。書類作成からすべてを自分自身の都合を進められるため、マイペースにできることがメリットでしょう。

しかし、自分自身で転職するということは、時間がかかることも多く、サポートがないというデメリットもあります。在職中に正社員への転職活動をする場合、転職サイトでは時間をとってしまい、なかなか進まないことも多いです。

一部の大手転職サイトでは、スカウトサービスを提供しているところもあります。プロフィールを登録することで、企業からアプローチがあるため、正社員への転職活動を円滑に進めていくことができるでしょう。

在職中に正社員への転職活動するときには、効率的で便利なサービスです。しかし、転職エージェントとは違い、書類作成のサポートや面接対策などの指導までは用意されていません。

正社員への転職サイトは大小さまざまなサイトがありますが、中には掲載情報が古かったり、ブラック企業が多かったりするサイトもあります。

転職サイトの規模や口コミなどを参考に、転職サイトは慎重に選ぶようにしましょう。以下では、沢山ある中でもマナラボ編集部おすすめの転職サイトを2つ解説します。

キャリトレで正社員に転職する

キャリトレは、ハイキャリア転職で人気のサイト「ビズリサーチ」が運営している20代を対象にした転職サイトです。

自分から企業にアプローチするのはもちろん、スカウトサービスも提供されています。一般的な検索型の転職サイトと違い、自分自身の希望やスキルを入力することで、キャリトレから自動でおすすめの求人を提案してもらう事が出来ます。

スカウトサービスの中にある「プラチナスカウト」は、面談を確約したスカウトを約束してくれるため、転職に迷っている人や、どう活動してよいかわからない人でも、スムーズに転職活動を進めることが出来るでしょう。

dodaで正社員に転職する

doda

dodaは、人材紹介業界では2位を誇る大手転職サイトです。

転職の方法をなににするにしても、大手のサイトには念のために登録しておくのがおすすめです。dodaには非公開案件が多く、8割以上が非公開といわれています。

案件には大手企業も名前があがり、質がよい正社員への転職案件が多いのも魅力です。転職サイトだけではうまく活動を進められないときには、dodaでは、以下で解説するエージェントサービスを申し込むこともできます。

全職種、前年代向け、全国規模で求人があるのも魅力です。

転職エージェントを利用して正社員になる

正社員への転職活動の主流になりつつあるのが、転職エージェントでしょう。

在職中の忙しさからなかなか転職活動を進められない人にもおすすめです。エージェントが間に入ってくれるため、スムーズに活動が進むだけでなく、悩みがちな書類作成も、プロのサポートを受けることができるでしょう。

エージェントによっては、非公開案件を多数保有しているところもあるため、自分に合う正社員の求人案件に出会える可能性も高くなります。

転職エージェントも数ある中から選ばなければ、エージェントが個人成績のために求人を無理に押しつけられることもあります。優良なエージェントを選び、自分の希望をはっきり伝えることが大切でしょう。

結局は人対人のやりとりであるため、いくつかのエージェントに登録して、自分にあうエージェントを見つける事も正社員への転職活動の成功につながります。以下では、マナラボ編集部おすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

ハタラクティブを利用して正社員に転職する

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代の正社員への転職に絞った転職エージェントです。

在職中の人だけでなく、フリーターやブランクがある人の正社員への転職も積極的に支援してくれるのが魅力でしょう。

エージェント規模としては大きくはなく、かつ対応は関東圏のみですが、だからこそ懇切丁寧なサポートができます。案件にIT系が多い事がハタラクティブの特徴の一つです。

リクルートエージェントで正社員に転職する

リクルートエージェント
人材紹介業界で最大手なのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人は、全年代、全職種で豊富に揃っているだけでなく、外資系も揃うなど質の高さでも評判が高いのが特徴です。

エージェントの提案力やサポート力も評価されており、面接対策は正社員への転職希望者にも好評です。エージェントはいくつか登録するのが常識といわれていますが、リクルートエージェントは職種を広く扱っているため、中でも外せないエージェントでしょう。

ビズリーチを利用して正社員に転職する

ビズリーチ

ビズリーチは、正社員への転職の中でもミドルクラスからハイクラスにターゲットを絞ったエージェントです。

目安として、20代・30代は年収500万以上、40代は年収600万以上、50代は年収750万以上でしょう。正社員の転職でも、専門職や技術職におすすめです。

登録の時点で簡易的な履歴書の登録が必要なほど、きめ細かやかなサポートと質の高い転職案件は、当然スカウトサービスもあります。

よりよい正社員への転職を目指す場合、有料でさらに手厚いサービスを受けることもできます。

自分から直接応募する方法もある

正社員の転職でも、初めから転職したい企業や業種が厳密に決まっている場合、企業へ直接自分で応募する方法もあります。

企業のホームページで採用情報をチェックするのは一般的ですが、革新的な企業ではSNSで募集を公開することもあります。

興味のある企業のみに効率的な応募ができますが、すべてを自分でやらなければならないデメリットがあります。

友人知人の紹介での転職方法

正社員に限らず、転職の成功率が高い方法は、友人知人の紹介です。企業にとっては、お金がかかる採用活動を無料でできるメリットがあるでしょう。

加えて、紹介者がいるため、応募者はある程度キャリアや人格を保証されているとも考えられます。正社員への転職を成功させたいあ場合、なるべく多くの知人や友人に職を探していることをいっておくとよいでしょう。

リファラル採用で正社員へ転職する

縁故採用とは違う友人知人からの紹介の採用は、リファラル採用といわれ、日本でも注目を浴びています。社員が友人知人を紹介する採用形態であるため、アメリカの大手企業では、リファラル採用に最も力を入れるところもあるほどです。

きっかけは周りからの紹介ですが、採用選考などは通常と同じように実施されます。企業にとってだけでなく、応募者は実際に働いている友人知人から職場の様子や仕事内容、本音まで聞く事ができるでしょう。

ミスマッチの少ない転職になる可能性が高く、企業にとっても応募者にとってもメリットの多い方法です。

正社員に転職するための方法のまとめ

  • 今、主流となっている正社員への転職方法は3つです。一番手軽なのが、「転職サイト」でしょう。転職サイトは、すべてを自分自身でマイペースに進められるメリットがあります。しかし、検索から時間がかかることも多く、サポートがないというデメリットもあります。おすすめの転職サイトには、【キャリトレ】【doda】などです。
  • 正社員への転職活動に多いのが、転職エージェントです。プロのサポートを受けられメリットがありますが、自分に合わないコンサルタントになることもあるデメリットがあります。【ハタラクティブ】、【リクルートエージェント】、【ビズリーチ】などがおすすめです。
  • また、企業へ直接自分で応募する方法もあります。的を絞って活動できますが、すべてを自分でやらないといけないデメリットがあるでしょう。企業のホームページやSNSで採用情報をチェックできます。
  • 隠れた成功率の高い正社員への転職方法は、友人知人紹介で「リファラル採用」ともいわれます。ミスマッチの少ない正社員の転職でおすすめです。