人心収攬(じんしんしゅうらん)の意味とは

「人心」は、人々の考えや気持ちを意味します。
「収攬」は、人々の心を掴んで手中におさめる事を意味します。

したがって、人心収攬とは「人々の考えや気持ちをよく理解し、心を掴んで手中におさめること。また、人々から信頼を得ること」という意味です。

類語は、人心籠絡(じんしんろうらく)・妖言惑衆(ようげんわくしゅう)・人心掌握(じんしんしょうあく)などがあります。

人心収攬のビジネスシーンでの使い方

人心収攬という言葉はビジネス用語ではなく、日常的に使う言葉でもありません。

しかし、人心収攬はコミュニケーションに関する四字熟語です。

ビジネスは機械を相手にするのではなく、人と人の繋がりによってなりたつものです。
頭が良い成績優秀な人物であっても、相手の気持ちや考えを理解して信頼を得なければビジネスを成功させる事はできません。

よって、ビジネスシーンにおいて「人心収攬」という四字熟語を常に念頭に置くことは大切です。

人から信頼を得られるコミュニケーションをするように心掛け、ビジネスを行う土台作りをしっかりと整備するようにするといいでしょう。

人心収攬の例文

人心収攬の才能にめぐまれて(略)、急に子分の数がふえた
出典:陳舜臣「阿片戦争」
あの2代目社長はまだ30代で若いが、人心収攬の術を心得ているのか、多くの人から信頼を寄せられている。
私たちの監督は人心収攬の術を心得ていて皆に慕われているから、高圧的な指導をしなくても誰もが自分からすすんで指示に従う。