「根暗」という言葉を誰でも聞いたことがあるでしょう。しかし、正しい意味を分かって使っている人は多くありません。

ここでは、根暗な人の特徴や、根暗な自分をするための方法を解説します。

そもそも根暗とはなにか?

根倉とは、根からが暗いことを意味する言葉です

「根っから」という言葉から、とても暗い人をさすことがわかります。

根暗な人の特徴

根暗な人の主な特徴は以下の通りです。

根暗な人の特徴
姿勢が悪い
笑顔が少ない
口数が少ない
声が小さい
ネガティブ
見た目が暗い

根暗になる原因

根暗になってしまう原因は、もともと持って産まれた性格ということもあるでしょう。しかし、育ってきた環境も大きく影響しています。

親が厳しかったり、兄弟がとてもよく出来て比べられたりして育ってくると、「自分はできない」「自分はだめなんだ…」「しゃべると迷惑かけてしまうから黙っていよう」と思ってしまいます。

小さな頃に感じたこのような思いが、大人になってもずっと残っていることも少なくありません。

根暗を改善する方法

人には、それぞれよい面があります。とはいえ、「根暗を直したい!」と思っている方も少なくないでしょう。

自分は根暗だなあ、と思ったり、周りからいわれたりしても、これからどうするか考える事が大切です。

今日からでもできる根暗を改善する方法は以下の通りです。

背筋を正す
まずは、背筋を正しましょう。
顔をしっかり相手に見せるだけで、印象はぐっとUPします。

また、自分の気持ちも引き締まり、前向きになれるでしょう。

笑顔を意識する
人は見た目が9割、ともいわれますが、それは見た目の美しさだけではありません。
笑顔でいることこそが大事です。

笑顔は相手の気持ちを穏やかにする効果もあります。

あいづちも意識する
話しに入るのが苦手と思っていても、まずは、あいづちから始めましょう。

あいづちも、うんうん、と首をふるだけでなく、「そうなんですね」と一言はさんだり、話の内容に合わせて表情を変えたりするとよいでしょう。
相手も「話を聞いてくれている」と安心して話すことができ、よい印象をもってくれるでしょう。

文末まではっきりと喋る
自信がなくても、文末まではっきりと話しましょう。尻すぼみはNGです。

自信がない場合は、声を小さくするのではなく、「自信がないので間違っていたらご指摘いただきたいのですが。」などと、話の前に置くとよいでしょう。

悩むことと悩まないことを割り切る
自分で解決できる悩み事と自分ではどうしようもない悩み事をしっかり区別しましょう。

自分で解決できる事は、どう解決できるか具体策を考えます。

自分で解決できない事は悩んでもしかたありません。割り切ることも大切です。

こうやって悩み事を区別し潰していけば、いまもっている悩みのほとんどがなくなるはずです。

明るい色をファッションに取り入れる
着る服も持つ物もすべて暗い物では、暗く見えてしまいます。

意識して明るい色を取り入れましょう。ワンポイントとして入れるのもおしゃれに見える上、挑戦しやすいです。

また、明るい色を持つと気分もおのずと明るくなります。

 

根暗な人についてのまとめ

  • 根暗の特徴と改善方法は次のとおりです。
    姿勢がわるくなりがち
    意識して背筋をのばしましょう。
    笑顔が少ない
    つねに笑顔を意識しましょう。

     

    口数が少ない
    まずはあいづを意識しましょう。

    声が小さい
    文末まではっきりと。自信がないときは最初にことわりましょう。
    ネガティブ
    悩むべき事と悩んでもしかたがないことに分けましょう。
    見た目が暗い
    服に明るい色をとりいれましょう。