「納会」とは文字通り「納めるための会」ということで、物事が終わった時の締めくくりとして開催するものです。

これを1年の締めくくりと捉えると「忘年会」と同じではないのか、という疑問が挙げられますね。

しかしながら、納会と忘年会は少し異なる催しであるため、以下の注意点を理解しておく必要があるでしょう。

  • 忘年会と納会の意味上の違いは何か?
  • 納会を主催する際に、特に注意しなければならないポイントはあるのか?
  • 納会独特のイベントはあるのか?

この記事を読めば、納会と忘年会の違いや納会について理解を深められることでしょう。

納会とは何か

納会とはその年や年度の最後に締めくくりとして催す会のことです。

忘年会はその年の苦労を忘れるために年末に催す会のことで納会とは違います。

忘年会と納会の違い

忘年会は1年間の締めくくりに「年忘れ」として催す会であるのに対して、納会は開催時期が限定されていません。

納会には、年度の締めくくり・物事が一区切りついた時などに開催される催しものも含まれています。

具体的な納会の例としては、スポーツのシーズン終了後や、習い事の年度の切り替わりの時期などが挙げられるでしょう。

一般企業についても、業種・その企業によって開催月が異なっています。

納会は「1年間の仕事の苦労をねぎらう」意味合いが強いため、忘年会のような飲み会ではなく、仕事の席として捉える方が適切です。開催時間についても、夕方・夜からではなく15時前後からと、開催時刻が早めの会社が目立つ傾向にあります。

納会の注意点

会社によって異なりますが、納会は数十分程度の短時間で行なわれる場合も多いです。

社長や代表者の挨拶・軽い飲酒・歓談…といった内容で構成されることが多く、だらだらと続けずに早めに切り上げて帰ろうと言う方々が多いのです。そのため、飲み過ぎて酔っぱらってしまうことのないように注意する必要があります。

普段はなかなか話せない方々と話せる、貴重な機会であるというのも事実です。普段面識がない人との会話を優先させるとよいでしょう。

納会の会場の選びのポイント

納会の会場選びのポイントとしては、参加者が集まりやすい場所を選ぶことです。企業での納会ならば会社の近く、会社からは少し離れていても駅の近くを選択するとよいでしょう。

忘年会と同じ12月に納会を行なう場合には、忘年会の場所と被らないように配慮することも大切です。企業によっては社内の会議室などを使用して、開催している場合もあります。

納会の会場を選ぶ際の注意点

「早く切り上げて帰ろう」という風習は多いものの、話し足りなかったり飲み足りなかったりする方々もいるはずです。

あらかじめ二次会のお店も予約を入れておき「お時間のある方はどうぞ」というように、前もって共有しておくのが望ましいでしょう。

忘年会とは違った雰囲気で楽しんでもらえるよう、会場選びは慎重に行なうことが大切です。

納会ではスピーチをするのが一般的

納会では、1年間の仕事の成果を振り返り労いの言葉をかける意味でも、スピーチをするのが一般的となっています。

心に残る言葉となるよう、前もってしっかりと考えておく必要があります。

納会でスピーチをする際の3つのポイント

スピーチのポイントはまず、今年一年に頑張ったことを具体的に挙げて、成果の過程で苦労したことなどをねぎらう内容であることが望ましいです。1年間の成果を認めると共に、来年の更なる頑張りを求めて決意を新たにします。

最後には、重ねて労をねぎらう言葉も添えると更によいスピーチとなります。

納会でスピーチをする際の注意点

スピーチには、納会を始める上での挨拶としてのスピーチの他に、乾杯をする際の発声のスピーチがあります。

特に乾杯のスピーチを頼まれた場合は、お酒を前にして喉を乾いて待っている方もいるため「内容は大切に、かつ手短にまとめる」必要があります。ダラダラと長く語るスピーチにするのではなく、短いながらも労いの言葉を入れたスピーチとするのが望ましいでしょう。

また、挨拶をする際に複数人がスピーチをする場合は、前の人と内容が被らないよう配慮することも大切です。

乾杯の挨拶についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
飲み会や結婚式が盛り上がる、今日から使える乾杯の挨拶例文集

納会の英語表現

納会を英語で表すと、last meetingが適切です。

last meetingの後にof the yearやof the termを付けることで、1年もしくは長期的な期間を添えることもあります。lastが「最後の・終わりの」という意味なので、直訳すると「最後の会議」になるでしょうか。

これに対して忘年会は、meetingではなくpartyとして表します。year-end partyやend-of-year partyと書き、1年の終わりに行なわれるパーティー的な英訳となります。

納会に関するおさらい

納会に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 納会はは忘年会のように、1年の終わりといった期間が限定されていない。年度の締めくくり・スポーツのシーズン終了時などにも催される。
  • 納会は、忘年会のように飲み会の席というより、仕事の席として捉えるのが望ましい。
  • 早めに切り上げて帰ろうという風習はあるが、二次会は予定しておく。
  • 忘年会とは違った雰囲気を楽しんで貰えるように、会場選びは慎重に行なう。
  • 納会ではスピーチをするのが一般的である。
  • スピーチは短めではあるが、頑張ったことを具体的に挙げ、1年の労をねぎらう内容にする。
  • 何人かがスピーチをする場合は、前の人と内容がかぶらないように配慮する。