ニヒルの一般的な意味とは

ニヒルの一般的な意味は、冷たく冷めている、暗い影があるなどがあるでしょう。ニヒルな男性といえば、どこかに影のある男性という意味で、ニヒルな笑いとする事や、冷たく冷めた笑いをする、などの意味があります。一般的によい意味合いでは使われない言葉です。

ニヒルは、ラテン語の【nihil】「無」の意味に由来しています。1733年にドイツ人の思想家、フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービが著書の中でラテン語のまま使ったのが始まりといわれています。当時のニヒルは、最高の価値と見なしていたものが一気に無価値になるほどの歴史的な事件のことを意味していました。

現在一般的に使われるニヒルは、もともとは哲学の用語であるニヒリズムからきています。ニヒリズムとは、日本語では虚無主義といわれ、過去も現在も、この世界での人の存在には本質的な価値はないとする主義のことをさしています。

哲学者であるニーチェは、ニヒリズムを2つに分類しています。何も信じられないような事態に絶望した弱さをニヒリズムと、すべてに価値がないからこそ懸命に生きるという強さのニヒリズムがあるとしています。ニーチェは、強さのニヒリズムを肯定的にとらえて、人間が自分自身を創造的に成長させることで、超人になれる思想だとしています。

ビジネスシーンでニヒルという言葉はあまり使われません。使うときには一般的な意味と同じ意味で使われます。

ニヒルの使い方と例文

ニヒルは、冷たく冷めているなど否定的な意味合いで使われることが多く、クールとは意味合いが違います。

ニヒルを使った例文
「彼のニヒルな考え方は、理解できない。」
「ニヒルな役を彼以上にうまく演じる俳優はいない。」