日ごろお世話になっているお客様や取引先には、年末の挨拶を欠かさないようにする事が大切です。

この記事では、ビジネスシーンの年末の挨拶について、時期や送る相手や、メールの例文などを解説します。

年末の挨拶はお客様や取引先・上司にする

ビジネスでの年末の挨拶で欠かせないのが、日ごろお付き合いのあるお客様や取引先です。

社内でお世話になった上司にも年末の挨拶をする事が大切です。

年末の挨拶は直接するのかメールでするのか

お客様や取引先への挨拶は訪問かメール

お客様への年末の挨拶は、相手先を訪問して直接ご挨拶をするのが正式な方法です。

しかし、すべてのお客様に直接合う事は現実的に難しい場合もあります。年末はどこも多忙な時期です。訪問はかえって迷惑になることもあるため、諸々の事情を考慮したうえで訪問するかどうかを決めましょう。

訪問できないお客様や取引先には、挨拶文を郵送、またメールで挨拶文を送るのが一般的です。

社内の上司への挨拶方法は環境により変わる

社内の上司への年末の挨拶は、上司との距離感や会社の風習によります。

席が近く毎日顔を合わせている場合は、対面で直接挨拶をする事が自然です。普段あまり接点がない上司には、メールを送る、または社内のコミュニケーションツールなどで挨拶を送ってもよいでしょう。

どんなツールで送るのか、どの関係性の上司にまで送るのかは、会社の規模や風習によって変わります。例年どのようにしてるのかを先輩に教えてもらうと安心でしょう。

年末の挨拶の時期

訪問での挨拶は12月半ばから年末まで

訪問の日程は、12月中旬から最終営業日までの間が目安です。

営業職など普段からお客様に接している職種では、直接訪問をして挨拶することが多くなりますが、12月はどこの企業もなにかと慌ただしくなります。

年末最終日は勤務時間が変わったり、大掃除があったりする企業もあります。相手先の営業日や都合を伺い、負担にならない日程で打診をとるようにしましょう。訪問は短時間で切り上げるのもポイントです。

郵送やメールでの挨拶は最終営業日の1週間~3日前

挨拶文を郵送する場合は、最終営業日の1週間くらい前を目安にしましょう。年末は郵便が込み合い、配達が遅れることも考えられるため、ギリギリに差し出すのはお勧めできません。

メールの場合は、最終営業日の3日前くらいを目安にします。

社内の上司への挨拶の時期

社内の上司へは、最終営業日に挨拶をするのが自然です。

しかし、帰り際に挨拶しようと思っていると上司が見当たらなかったり、メールを読んでもらえない可能性もあります。「少し早いですが、ご挨拶をさせてください。」などと、早めの時間帯に挨拶をすませてしまってもよいでしょう。

年末の挨拶の例文

対面で年末の挨拶をする際の例文

お目にかかれるのが本日が本年最後になります。今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

文書で年末の挨拶をする際の例文

拝啓 師走の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り誠に有難うございます。

早速ではございますが、誠に勝手ながら弊社は下記の期間を休業いたします。皆さまにはご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

休業日:XXXX年12月XX日(〇)~1月XX日(〇)

年始は1月X日(〇)より通常営業となります。

以上

本年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

メールで年末の挨拶をする際の例文

いつもお世話になっております。
株式会社〇〇の△△です。

本年も残すところあと〇日となりました。〇〇様には1年間大変お世話になりました。
来年も変わらぬご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社は下記の期間を休業いたします。

休業日:XXXX年12月XX日(〇)~1月XX日(〇)

年始は1月X日(〇)より通常営業となります。
皆さまにはご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

年末に向けでご多忙に日々をお過ごしかと存じますが、
お身体にはお気をつけて、良き新年をお迎えください。

上司にメールで年末の挨拶をする際の例文

〇〇様
今年も1年間、大変お世話になりました。

大きなプロジェクトを任されるのは初めてのことで不安でしたが、
〇〇さんにご指導いただき、なんとか成功を収めることができました。

来年も次のステージにチャレンジすべく精進してまいります。
引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

それでは、お身体に気をつけてよいお年をお迎えください。

 

関連記事
ビジネスにおける「年末年始のお知らせ」の書き方と例文を解説

年末の挨拶の英語表現

I would like to thank you for all of your support throughout this year. Our office will be closed for a New Year holiday until January 5th.
本年はいろいろとご支援を頂きありがとうございました。弊社は1月5日まで正月休みとなります。
I understand you must be busy during this season, please take good care of yourself.
季節柄ご多忙の事とは存じますが、くれぐれもお身体ご自愛ください。

年末年始の挨拶についてのまとめ

  • 年末の挨拶はお客様、取引先、上司にします。
  • 年末年始の挨拶は、状況に応じて訪問、郵送、メールを使い分けます。
  • 年末年始の挨拶の時期は、訪問なら12月中旬から最終営業日、郵送なら最終営業日の1週間前、メールなら3日前が目安です。
  • 年末の挨拶は、年末年始の営業日のお知らせを兼ねる場合がほとんどです。
  • 英語にもビジネスで使える年末年始の挨拶の表現があります。