や同僚で人望の厚い人がいると、頼もしく感じるでしょう。自分もそうなりたいと思うものの、人望そのものの意味やどんな人を目指すべきかが具体的にわからないこともあるでしょう。

ここでは、人望の意味と類語、人望が厚い人と人望がない人の特徴、人望を得る方法について解説します。この記事を読むことで、人望を集めて、頼りにしてもらえるビジネスパーソンになれます。

人望の意味と類語

「人望」とは、まわりの人から寄せられる信頼や期待、崇拝の念のことを意味する言葉です。似た言葉の「人徳」は、生まれつき備わっている人柄のことをさしていますが、「人望」は努力次第で得ることができるです。

人望の類語には、「人気」「信望」「人受け」や「受けがよいこと」などがあります。

 

 

人望が厚い人とない人の特徴

人望が厚い人は、誠実さがある人が多いです。嘘がなくまっすぐな人は、誰からも好感を持たれます。

また、自分の意思がはっきりしている人も人望があるでしょう。人のいうことに振り回されず、自分の信念に基づいて行動できる人は、責任感がある人として、人望を得やすいです。

加えて、人望が厚い人はコミュニケーション能力も高い人が多いです。ただ情報を正確に伝えるだけでなく、相手を思いやったコミュニケーションができる人は、周りの人に好かれます。

対して、人望のない人は、自分中心的な行動が多いでしょう。自慢話が多かったり、無責任な人も多く、行動力もなかったりする人が多いです。人望のない人はなにか困ったことがあっても、周りから助けてもらうこともなく、ますますピンチに陥ってしまいます。

人望を得る方法

人望を得ることは、ある日突然できることではありません。

日々の積み重ねで、周りに信用されていかなければ、人望を得るまでには至らないでしょう。人望を高める行動は以下の通りです。

約束を守ることで人望を得られる

人望を得るには誠実さが重要であるため、些細な約束や決め事を守る事は、周りからの信用を得るには大切なことです。

難しいことではなく、些細なことこそ大切にしましょう。ビジネスシーンであれば、時間厳守だけでなく、報連相もまめに定期的にできるようになる事が大切です。依頼された仕事はもちろん、同僚や部下からの頼まれごとにもちゃんと答えられると、人望につながります。

協力して結果を出すことでも人望は得られる

個人的な成績を上げて、周りから尊敬されることはありますが、人望までには至らないことも多いでしょう。

しかし、会社での仕事はチームワークが基本です。チームとしてうまく機能して結果を出すことができれば、人望につながります。

チームでの仕事は全員の達成感も高いため、結果を導き出すために一役買うことができれば、人望を得ることにつながるでしょう。

人望についてのまとめ

  • 「人望」とは、まわりの人から寄せられる信頼や期待、崇拝の念のことをさしています。
  • 人望の類語には、「人気」「信望」「人受け」や「受けがよいこと」などがあるでしょう。
  • 人望が厚い人は、誠実さがある人が多いでしょう。嘘がなくまっすぐな人は、誰からも好感を持たれます。また、自分の意思がはっきりしている人も人望があるでしょう。コミュニケション能力も高い人は、信頼の厚い人には多く見られます。
  • 人望のない人は、自分中心的な行動が多いでしょう。自慢話、無責任、行動力がない人が多いです。
  • 人望を得ることは、ある日突然できることではありません。些細な約束や決め事を守るのは、誠実さ、周りからの信用を得るには大切なことです。時間厳守や徹底した報連相から始めましょう。
  • 会社での仕事はチームワークが基本です。個人プレーで羨望を集めることはできますが、人望までは至らないでしょう。チームとしてうまく機能して結果を出すことができれば、人望につながります。