この記事では嫌いな人と付き合う際の心構えや付き合い方について解説いたします。

世の中にはどうしても自分と合わない人や、なかなか好きになれない人がいるものです。

しかし社会で生活する上で、そういった人との接触を一切断つというのは現実的ではありません。

そこで今回は「嫌いな人に対してやってはいけないこと」も含めて取り上げました。

この記事の中で一つでも参考になるような情報があれば幸いです。

嫌いな人と付き合う際の、大切な心構え

この項目では、「嫌いな人と付き合う際の、大切な心構え」を3つピックアップしました。

この心構えを頭の片隅に入れておくことで、嫌いな人との付き合いが以前よりも楽になるかもしれません。

「この人のことが嫌い」というはあってもいい

「この人のことが嫌い」という感情を持つことが悪いことだと考えてしまう人がいるかもしれませんが、このような感情があること自体は決して悪いことではありません。

嫌いな人を無理やり好きになろうとする必要はありませんし、そのように無理をすると心身に不調をきたす可能性まであります。

誰にでも嫌いな人はいるものだと考えると、気が楽になるかもしれません。

「他人を変えることはできない」と知る

「他人を変えることはできない」ということは知っておいた方が良いでしょう。

周りの人がどれだけ言葉を尽くしたとしても、変わろうとする本人の意志がなければ人は変わらないからです。

逆に強圧的に他人を変えようとすると、強く反発されてしまうこと可能性が大いにあります。

自分がどれだけ画策しても他人は変えられないという事実を理解しておくと、嫌いな人の為に時間を費やすことも無駄に思えてくることでしょう。

をする場所だと割り切る

もし職場に嫌いな人がいる場合、職場は仕事をする場所だと割り切るのが良いかもしれません。

仕事をする上では、気が合わない人に何かを依頼したり嫌いな人と一緒に進めなければいけないものもあるでしょう。

もしそれで業務に支障が出るようなら上司に相談するのも一つの手ですし、こちらが仕事だと割り切って入れば相手も応じてくれることは十分あり得ます。

「仲良くするのではなく仕事をする」という意識があれば、今までよりも冷静に振る舞うことができるようになるかもしれません。

嫌いな人との賢い付き合い方5つ

この項目では、嫌いな人との賢い付き合い方として5つご紹介します。

先述の心構えを踏まえた上で読み進めていくと、具体的にどのような付き合い方をしていけば良いのかがより理解できるようになるかもしれません。

その人の「何が嫌いなのか」を考える

まずはその人の「何が嫌いなのか」を考えてみると良いでしょう。

具体的に嫌いな点を明確にすることで、対策を講じることができるかもしれません。

例えば仕事でよくミスをされることに不満を感じているのであれば、他の人に任せられるものは任せたり、チェック能力が高い人と一緒に仕事を進めてもらうという方法があります。

また提出物の締め切りを守らないことに嫌気が差している場合、小まめにリマインドの連絡をしてあげれば締め切りを守ってくれる可能性も高まることが期待できるでしょう。

もちろん内容によっては手の施しようがないものもあるかもしれませんが、そもそもなぜ嫌いなのか分からないままでいるよりは気持ちが楽になるものです。

嫌いな人の「良いところ」を探してみる

嫌いな人の「良いところ」を探してみるのも効果的な手段の一つです。

嫌いな人に対してはついつい「悪いところ」ばかりが目につくものですが、人間誰しも「良いところ」を持ち合わせています。

例えば「いつでも明るくて職場を賑やかにしてくれる」や「ミスなくきっちりと仕事をしてくれる」というのも立派な「良いところ」です。

そうした「良いところ」にも目を向けてあげることで、その人に対する心象や感情が変わってくるかもしれません。

またそうすることによって、その人に対しての評価を改めるということが起こる可能性もあります。

できるだけ接点を持たないようにする

そもそも嫌いな人とはできるだけ接点を持たないようにするというのも有効です。

どうしても接しなければならない時以外は極力距離を置くことによって、嫌いな人のことをなるべく考えなくても良いようにできます。

例えば嫌いな人以外に仕事を振ってみたり、ランチは社外で食べるようにするといった方法が考えられるでしょう。

普段嫌いな人と接する機会の中で、接点を持たないようにすることができるものはないかを精査してみると良いかもしれません。

否定や過剰反応はせずに、受け流す

もし嫌いな人から嫌味を言われたりした際、逐一リアクションを取っていては相手の思う壺になってしまうことがあります。

そのような時には否定や過剰反応はせずに、冷静に受け流すことを心がけると良いかもしれません。

なぜなら否定したり過剰反応したりすると、相手の言動を助長させたり更に面白がって拍車がかかったりしてしまう恐れがあるからです。

逆に受け流すという対応を続けることによって、相手が諦めてくれることも期待できます。

上記のように考えることによって、受け流すという行為をポジティブに捉えることができることでしょう。

良好な関係にある人との時間を優先する

どうしても接しなければならない場合を除いて、良好な関係にある人との時間をなるべく優先することは大いに効果がある手段です。

1日は24時間しかない為、限られた時間を良好な関係にある人との時間に向けた方が生産的だといえるでしょう。

業務上止むを得ず嫌いな人と接しなければならないことがあるかもしれませんが、それ以外はその人に時間を割く必要はありません。

また良好な関係にある人と時間を過ごすと精神衛生上良いですし、気分転換になったりリラックスしたりすることができます。

自分の貴重な時間を誰と過ごすことに振り分けるかについて、検討する価値は十分あるでしょう。

嫌いな人に対してやってはいけないこと

嫌いな人に対してやってはいけないことがあります。

それをすることによって関係が今まで以上に悪化したり、場合によっては周りを巻き込んでしまう恐れまであるからです。

上記のようなことになると、自分にとっても何も良いことがありません。

そういったことが起こらないよう、この項目ではやってはいけないことを4つピックアップしました。

ケンカや口論に発展させる

嫌いな人に対してケンカや口論に発展させるのは、避けた方が良いでしょう。

例えば職場でケンカや口論をしてしまうとその間仕事が滞ってしまうのはもちろん、両者の関係が修復不可能なレベルになってしまうことまで考えられます。

上記のようなことになると、業務に支障が出るばかりか周りの人にまで悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

「嫌いな人との賢い付き合い方5つ」の項目でご紹介したように、理想的なのは冷静に受け流すことです。

ケンカは口論は双方が応じなければ生じない為、少なくとも自分が受け流せばそのような事態は避けることができます。

またケンカや口論で根本的な問題を解決することはできないこともあり、お互いにとって無駄な時間になりかねません。

どうしても二人で落ち着いた話し合いができないのであれば、上司や同僚に第三者として立ち会ってもらうのが良いかもしれません。

無視する

嫌いな人だからといって、無視するのも望ましい態度ではありません。

例えばそのことを相手が上司に相談した場合、自分が無視したことを咎められる可能性が高いでしょう。

また無視するというのは自分から嫌いな人との関係を絶とうとする行為であり、両者の関係が良好になる機会まで奪ってしまうことになります。

そして無視するというのは直接の解決にはならないということもある為、そういった点でもやってはいけない行為です。

嫌いな人にも愛想よく接する必要はありませんが、社会人としては最低限の受け答えはした方が良いでしょう。

嫌がらせをする

嫌がらせをするのもやってはいけないことの一つです。

具体的な行為としては嫌いな人の所有物を隠す、わざと虚偽の情報を伝える、集団から仲間外れにするといったことが挙げられます。

もしそのことが露見すれば自分が加害者として一方的な悪者になってしまいますし、そもそも大人がするようなことでもありません。

また報復されることもあり得る上に、双方にとって何の得にもならないのは自明です。

いくら嫌いな人であっても、嫌がらせをするようなことは避けましょう。

上に悪口を書き込む

SNS上に悪口を書き込むのも危険性が高いです。

例えば閲覧制限をする等していたとしても、どこかで流出してしまうというのは大いにあり得ます。

またSNS上の悪口を消したとしても、スクリーンショット等によって物的証拠を確保されてしまう恐れまであるのです。

そうすると明らかに自分の形勢が悪くなる為、非常にリスクがある行為だといえます。

何気なく書き込んだ内容が炎上する事態に発展するということは、度々ニュースでも報じられているように決して珍しいことではありません。

そのようなことにならないよう、SNSの扱い方には十分に気をつけた方が良いといえるでしょう。

まとめ この記事のおさらい

・嫌いな人と付き合う際の大切な心構えとしては、「この人のことが嫌い」という感情はあってもいい、「他人を変えることはできない」と知る、職場は仕事をする場所だと割り切るといったことが挙げられる

・嫌いな人との賢い付き合い方では、その人の「何が嫌いなのか」を考える、嫌いな人の「良いところ」を探してみ流、できるだけ接点を持たないようにする等が考えられる

・嫌いな人に対してやってはいけないこととして、ケンカや口論に発展させる、無視する、嫌がらせをする、SNS上に悪口を書き込むといったことが挙げられる