カンファレンスの一般的な意味とは

カンファレンスは英語で「conference」のことです。そのため、その発音からコンファレンスとも言われることもあります。カンファレンスの一般的な意味は「会議・協議会」です。ほとんどの場合大規模な会議のことを指し、学術的な会議や研究会など公式な会議の場合が多いです。
またカンファレンスには「連盟・同盟」という意味もあります。近年では「競技連盟」として使われることが多くなりました。スポーツ界では、例えば東地区の意味として「東カンファレンス」や、西側に所属するチームの連盟として「西カンファレンス」などと使います。また辞書によっては「アメリカンフットボールなどで、リーグの下位区分」と掲載している物もあります。
さらに医療業界では、会議から派生した意味で「医師や看護師が患者の治療について検討する会議」と使われます。

カンファレンスのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンにおいて、カンファレンスは「会議・話し合い」の意味で用いられます。例えば外資系企業や海外を拠点とする会社で使われるのが、テレカンファレンス、略してテレカンです。これは日本と外国とをテレビや長距離電話を用いて会議を行う方法で、いわゆるテレビ会議や電話会議といった遠隔会議の意味です。

カンファレンスの使い方と例文

会議という意味で「今度開催されるカンファレンスに出席します」や「カンファレンス会場を下見する」と使います。
また競技連盟という意味では「イーストカンファレンスには20チームある」などと使います。