色々なことをいつも気にしすぎてしまう性格の人がいます。気にしすぎる性格は悪いことなのか、どのようにしたら仕事で気にしすぎる性格を変えられるのかといったことが疑問点としてあげられるでしょう。

この記事では、気にしすぎる性格は悪いのか、仕事で気にしすぎる性格を変える方法などについて説明します。

気にしすぎる性格は悪くない

気を使って色々なことを気にしすぎる性格の人がいます。

気にする性格自体は悪いことではありませんが、神経質で色々なことを気にしすぎてばかりいると疲れきってしまいます。

心身共に疲れ切ってしまいストレスがたまり、思い通りにいかないとイライラが募って他人にあたってしまうこともあるでしょう。

神経質な人はいつも人の顔色ばかり見て、あまり明るく楽しい顔は見せません。他人の心配ばかりしていては、最悪うつ病などの病気になってしまいます。

ときにはあまり細かいことにこだわらず、明るく気楽に過ごすことは大切なことです。

気にしすぎる性格の人は責任感が強い人が多い

気にしすぎる性格の人は、責任感が強い傾向があります。

気にしすぎることは、自分の関わったことを真剣に考えているからであるため、決して悪いことではないでしょう。周囲の人がいい加減に考えているときでも、当人は至って真面目に考えています。

本当は尊敬すべき性格ですが、程度がすぎると健康的ではありません。なにか上手くいかないことがあったとき、責任を感じて他人に強くいったり、自分だけで深く悩んでしまったりします。

気にしすぎる人はある意味心配症です。責任感が強いがゆえ、上手くいかないことを心配し、不必要に頑張ってしまいます。

 

 

気にしすぎる性格の人は完璧主義が多い

気にしすぎる性格の人は、何事も完璧にしないと気が済まないという面があります。

全てのことをきちんとやらないと気が済みません。たまに、何かの要因で自分の決めたことができないとイライラしてしまいます。

自分だけで生活する場合はこれでよいですが、他人と過ごす場合には、ほどほどにしないと相手とぶつかってしまう可能性もあるでしょう。

仕事をする上では、きっちり仕事をこなすため、非常に優秀な社員と思われがちです。しかし、仕事はチームですることが多いため、その人が考えるきっちりしたことをチームの他のメンバーにも強要すると、メンバーから反発されることもあります。

完璧主義なのはよいのですが、他のメンバーと一緒に仕事をする場合は、少しは周りの人に合わせることも重要です。また、気にしすぎる性格の人は、他人から頑固だとか、融通のきかない人と思われがちです。

仕事で気にしすぎる性格を変える方法

気にしすぎる性格の人は、色々細かいことに気が付き、気配りが出来る傾向があります。

仕事をする上では理想的ですが、余程タフでないと精神的に参ってしまうでしょう。たまには細かいことを考えず、息抜きをした方がよいでしょう。精神的にも負担ですが、長い間続くと体にも影響が出てきます。

仕事で気にしすぎる性格を変えるには、自己分析が大切です。まず初めに自分はなにに対してどのくらい気にしすぎているのかを分析、把握する事が大切です。

気にしている自分を分析することで客観的に見れる

仕事に関して気にしていることはどんなことか詳しく見つめ直すことが大切です。

気にしてしまう事は全体的なことか、仕事の細かいことか、何時頃に気になるかも大切です。仕事中に気になるのか、自宅にいる時間でも気になるのかなどがあげられるでしょう。

夜寝る時間に気になってしまう場合には、気になって十分に睡眠が取れない可能性があります。常に気にしてばかりいると休息が取れません。家にいるときは、せめて仕事のことを考えないようにしないと疲れが取れません。

気にしている自分を気にしない

気にしすぎることをなおそうと思っても、なかなか人の性格は変えられないものです。

気にしすぎてしまう場合は、思い切って気にすることを考えることを止めてしまいましょう。気にしている自分を気にしないようにする事が大切です。

気にすることを自分の性格の一部として受け入れ、意識的に思考することを停止することで、悩まなくて済む方法が分かってきます。

気にする時間や気にすることを少なくしていく

気にする時間や気にする機会を減らしていく方法もあります。

あることをするときに必ずやることをあらかじめ決めておき、他にはなにも考えないようにしておきましょう。

性格は急に変わらないため、気にしすぎない時間を増やすことが大切です。

また、変わろうと自分を追い詰めないようにすることも重要です。追い詰めることで、逆に気にしすぎてしまいます。

なにも考えないルーチンを守ることで、気にしすぎる時間を減らしていく事ができるでしょう。

シンプルに気にするのを止めてみる

気にしすぎていると思ったときは、思い切って気にすることを止めてみましょう。

どうしても気にする事が止められない場合には、他のことを考える事が大切です。

気にすることを止めて、何も考えないことでも構いません。考えなければ、気分が楽になり、緊張から解放されるでしょう。

気にすることを止めるのは、現実逃避なのでダメだとネガティブに捉える必要はありません。普段人一倍責任を感じているため、たまには少しくらい無責任であってもよいでしょう。

気にしすぎるを気が利くに変換する

気にしてもあまり効果のない場合があります。そんなときは、気が利くことをするようにするとよいでしょう。

気にして色々悩んでいてもなかなか行動できない場合もあります。しかし気が利く行動してしまえば色々悩むことなくなり、たとえ少し間違った行動をしても後から正しい行動をすればよいでしょう。

気にしすぎる性格についてのまとめ

  • 気にしすぎる性格自体は悪いことではないが、気にしすぎてばかりいると疲れきってしまう
  • 気にしすぎる性格には、責任感が強い、完璧主義などという特徴がある
  • 仕事で気にしすぎる性格を変えるには、初めに自己分析を行う
  • 仕事で気にしすぎる性格を変える方法として、気にしている自分を気にしない。
  • 気にする時間やことを少なくしていく、気にするのを止めてみるなどがある。