視野が狭いと聞くとあまりイメージを持たないかもしれません。具体的に視野が狭いとは、どのような特徴があって、どのように生活に影響するのかなど考えてみましょう。

この記事では、視野が狭い人について以下のような点を中心に解説いたします。

・視野が狭い人の特徴
・視野が広い人との違い
・仕事における視野の重要性

視野が狭い人とはどんな人?

視野が狭いとは、一言であらわせば、「井の中の蛙」のようなものです。狭い世界で生きてきて見識が狭いことをさします。物の見方が一方的で、やや軽蔑の意味も込められています。

自分の生きてきた世界の常識が全て正しいと思っており、周りの意見や新しい行動を起こそうとしないのが特徴です。

視野が広い人との違い

物事の考え方の違い

視野が狭い人は、目先のことしか考えられず、長いスパンで物事考えられません。一方、視野が広い人は目先のことにとらわれず先のことを考えることができます。

視野が狭いと、目の前のことばかりに気をとられて、後々の結果を想像せず行動します。多くの人は、そのような目先の利益に囚われて失敗をしてしまうと、次からは気をつけようと思います。

しかし、視野が狭い人は、「自分は間違っていない」、「次はうまくいくだろう」と原因を探らず、学ばず、改善せず、また同じ結果を得ます。ですから、何度失敗を繰り返しても進歩がなく、人によっては考えが浅いと思われることもあります。

人の意見の受け入れ方

視野が広い人は、自分の知らないことを学ぶと柔軟に受け入れます。また人の意見も大切にし、自分の失敗を受け止めることができます。

しかし、視野の狭い人は、自分と違う考えは間違っていると思い込んでいるので、受け入れることができません。もし、相手の言い分が正しいと分かっていても、プライドが邪魔をして素直に受け入れることができないのです。

またひどい人では、せっかく自分に向けてくれた意見を批判と捉え、反論して相手に攻撃をする人さえいます。意見を言ったのに、批判されると相手はだんだん意見を言わなくなります。そしてその人はもっともっと視野が狭くなってしまいます。

物事の見方が違う

仕事やプライベートで何か問題が起きた時どのように対処しますか。

視野が広い人は、一旦自分の考えから離れ、他の立場や他の角度から物事を捉えようとします。そうすることで今まで見えていなかった解決策が見えてくることもあります。

一方、視野が狭いと物事を多角的に見ることができません。なぜなら自分の考えが一番正しい、自分しか信じられないと思っているからです。もし問題にぶつかった時も自分が今考えている方向性は絶対的で間違っていないと思い込みやすいので、他の方向から見ることができないのです。

仕事の視野は想像以上に重要

視野の広さは仕事にも影響してきます。例えば、視野が狭い人は仕事においても人の考えや意見を全く取り入れようとしません。ある問題が起こっても、人に相談せず自分の判断でこと進めてしまいがちです。しかし、仕事は会社の利益に関わることです。人と協力してできないと評価は下がります。

一方、視野が広ければ、わからないことやつまずいた時に人に聞いて、新しい意見を取り入れることができます。また物事をいろいろな方面から多角的に見ることができるので、解決にも至りやすいでしょう。

これらは人との協調性やコミニュケーション能力にも関わってきます。視野が狭いと、一定の方向からしか物事を捉えることができず、柔軟に対応しなければならない仕事において、良いパフォーマンスはできないでしょう。視野が広い人が重宝されるのはそのためです。

視野が狭いことの改善方法

視野が狭い人が少しでも視野を広げるためにできる事をご紹介します。

視野を広げるためには色々な経験や見方が必要です。

今までにない環境に自分を置く

仕事、家、付き合う相手、それらを変えれば生活もガラリと変わります。すぐに転職や引っ越しが難しいと言う場合は、人間関係を見直してみましょう。

これまで付き合っていた人との人間関係を断ち切るのも1つの手です。その他、これまで自分が知り合わなかったような人と出会う場所に足を運び、話をしてみる難しいと言う場合は、人間関係を見直してみましょう。

これまで付き合っていた人との人間関係を断ち切るのも1つの手です。その他、これまで自分が知り合わなかったような人と出会う場所に足を運び、話をすることも人間関係を変えるきっかけになります。

1人で自然の中で過ごす

現代社会は情報に溢れています。人とコミニケーションをとらない日はないかもしれません。しかし自分の付き合っている相手は、自分と同じ視野を持った人が多いです。したがって視野を広げたいならば、リラックスできる環境に身を置いてみましょう。

情報社会から一旦離れ、1人で自然の中で過ごすのも良いでしょう。心身ともに健康になれば、今まで凝り固まっていた自分だけを信じる視野の狭さが薄まり、他の人の意見を受け入れることができるようになっているかもしれません。

正しい答えは1つとは限らない

視野が狭い人は、二つ以上の答えがある場合必ず1つを選びたがります。その理由は自分の考えが正しいと言う思い込みに縛られているためです。

しかし、学校の勉強と異なり世の中にはグレーな答えのものもたくさんあります。つまり100%どちらが正しいとは言い切れない問題がたくさんあるのです。

それをどちらかが正しいと決めつけてしまう事は自分の視野の狭さをアピールしているようなものです。視野を広げたいならば、正解はひとつではなく両方の場合もある、ということを考えるようにしましょう。

短所が「視野が狭い」場合の長所変換

視野が狭いと言うのはもともと短所ですが、エントリーシートなどで長所として表現したい場合もあります。その時にはどのように書けば良いのでしょうか。

視野が狭い人は、あまり人の意見を取り入れません。身の回りのことに気を取られず、集中して物事に取り組むのが得意と言うことができます。

また、物事を一定の方向でしか捉えられない反面、興味のあるものや研究したい分野に関しては、突き詰めて深いところまで学ぶ探究心があると言えるでしょう。

このように、視野が狭い人は集中力や探究心があり、専門分野を伸ばしていくのが得意な人もいます。

視野が狭いの類語

視野が狭いという言葉には、「外界との接触が少なく、自分の世界にこもりがちである」、「見識の視野が狭い様子」の2つの意味があります。

このことから、視野が狭いの類語には以下のようなものがあります。

閉じた世界、先入観に囚われている、視野偏差、固定観念、一方的、一面的、既成観念に囚われた、偏狭、見識が狭い、考えが硬直的、既成の枠に現れた

視野が狭いのまとめ

・視野が狭い人は目先のことしか考えられず、長期的な考えが持てない
・視野が狭い人は人の意見を取り入れず頑固である
・視野が狭いと仕事でも損をし、協調性がないとおもわれがちである
・今までにない環境を作り出すことで視野が広くなる可能性がある
・視野が狭い人の長所は、探究心、集中力に優れているところである