周りの人で、先のことをあれこれと考えて、対策をとっておく人がいるかもしれません。まだ起こっていないことの心配をして、あれこれと考えを巡らす人は、心配性かもしれません。

今回の記事では、心配性について以下のような点を中心に解説いたします。

この記事の内容
・心配症と心配性の違い
・心配性とはどんな性格か
・心配性な性格を生かすにはどんなことをすれば良いか

心配症と心配性の違いは?

基本的には「心配性」という字が当てられます。細かいことにも気づき、気になる性格だったという人は心配性かもしれません。心配性は生まれつきの性格であることが多く、もともと持っている気質のことを表します。

一方で「心配症」は「心配性がエスカレートした形」といえるでしょう。「症」は症状という漢字にも使われているように、病的な不安や心配に常にとらわれている状態であることをさします。

実際の病名は、「全般性不安障害」と呼ばれ、慢性的な不安が持続する病気です。

細かいことが気になる性格は「心配性」ですが、日常的に続き、治療をした方がよい程度の病的なものであってある場合、「心配症」という字が当てられることもあります。

「心配症」は辞書には載っていない言葉で、全般性不安障害の一種として、口語的に使われます。

心配性とはどんな性格か

物事に対して「心配」という心理が起こるのは正常なものです。ただ、心配する程度が一般の基準よりも強すぎる性格の場合、心配性と呼ばれます。

例えば、しっかりと勉強し受験をしたとします。試験の手応えにもよりますが、普通の人は「受かったかもしれないし、落ちたかもしれない。結果が実際に出てみないと何ともいえない。」と思い、楽天的な考えの人であれば、「受かっているに違いない」と希望を持つでしょう。

しかし、悲観的な人や心配性の人は、「おそらく落ちている。あそこも間違えたし、ここも出来なかったし…絶対に落ちたに違いない。」と思います。結果が出るまで、試験の結果が気になって気になり、他のことが手につかなくなってしまう場合もあります。

上記の例のように、普通の人も不安を感じています。しかし、度を超えて、異常な不安に駆られている場合は心配性であるといってよいでしょう。

心配性の欠点

・疲れやすい
・ 1つのことに気が取られ、他の事が見えなくなる
・めまいや吐き気
・頭痛や肩こり
・集中力の低下
・パニック発作など

心配性の利点

欠点ばかりに見える心配性ですが、よい点もあります。

・失敗が少ない
・きれい好き
・きっちりしている
・事故が少ない
・周囲に気配りができる

心配性という言葉だけ聞くとあまり思い浮かばないかもしれませんが、心配性も才能の1つだといってよいでしょう。

また、他にも心配性の大きな利点としてIQが高いことがあります。心配性の人は、読み・書き・倫理力・論理力・想像力などの能力が、楽天的な人に比べ高い傾向があることが諸外国の研究でわかっています。

周囲に気配りができ、きちんとしていてIQが高い、ということから、実は心配性はビジネスで活躍ができる存在です。

一流の成功者は、天性の素質があったと思われがちですが、人の見えないところでの努力が大きい場合が多いです。失敗してもあきらめず、ひたすら練習を続けたり、ずっと同じ研究をして、何十年日かけてやっと発見したりというのは努力の賜物です。

この努力ができるのは、人よりも不安が大きな心配性だったため、人より抜きん出るためにはとにかく努力をしなければならないと自分を追い込むことができたからでしょう。

成功者は、一見楽観的で、ポジティブ思考の人が多いと思われがちですが、意外と神経質で心配性な人も多いです。

心配性を生かすためには

先ほど述べたように、心配性には欠点も多いですが、才能の1つでもあるのです。せっかくの才能生かさない手はありません。ここではどのように活用すればよいか解説します。

心配性は物事を平たくみるとよい

心配性の人は、とにかく物事を悪い方向へ悪い方向へと考えやすい傾向があります。リスクを回避する仕組みはここにありますが、物事にはよい面と悪い面があります。

両面あるということをしっかり認識し、悪い面だけではなく、良い面にも目を向けていくことで、物事を平たく考えることができます。

物事を平たく見ることができれば、変な主観が入らないため、客観的な判断ができるようになります。

物事を平たく見る考え方に慣れてくると、自分の思考回路も徐々に変わっていきます。最初はとても違和感があるかもしれませんが、実践していくことが大切です。

心配性の中の自分の気持ちを正しく把握

心配は自己防衛反応の1つです。

心配をする理由として、失敗できないと言う思いが強い場合があります。

絶対に成功させたい、という思いが強ければ強いほど、失敗への恐怖が大きくなり、不安につながります。見方を変えれば、心配性の人は成功したいという思いで物事に取り組んでいるととらえることもできるでしょう。

心配性は信じられる人を探す

心配性の人は、人を信用しにくい傾向があります。人は心配なことがあると「大丈夫だよね?」と人に聞くことがあります。相手が、「大丈夫だよ」といってもその言葉を信じるか信じないかはその人次第です。

心配性の人の場合、人が大丈夫だよといってもなかなか信用することができません。

結果的に、「本当に大丈夫?」、「〇〇さんは大丈夫といったんだけれど、あなたはどう思う?」、「〇〇さんの大丈夫はあまりあてにならないんだけれど、本当に大丈夫かなぁ。」などと何度も何度も同じことをいろんな人に聞いてしまい、後々トラブルの原因となることもあります。

人に大丈夫と尋ねておいて、信用してませんと言う態度を取れば、相手は不愉快な気分になります。

心配性の人はいろんな人に聞いても結局のところ信用できないことが多いため、1人でも「この人は信用できる」と思う人を見つけることがよいでしょう。

心配性は行動してみる事が大事

心配性の人はIQが高い人も多いせいか、頭でよくよく考える人が多い傾向があります。いくら頭で考えても、シュミレーションと実際の行動は異なります。

頭であれやこれやと考えすぎて、考えれば考えるほど心配なことが増えていきいきます。

そうすると、なかなか行動に移すのが大変になり、さらに悩んでしまいます。行動に移さなければ、次の結果が出ないため、また不安が募ります。

心配性の人は、頭で考える量を少しだけ減らし、実際に行動する量を増やしてみるとよいでしょう。

行動するまでは、不安や心配が頭をよぎるかもしれませんが、実際に行動してしまえば心配は少しずつ緩和されていきます。また行動することによって、自分の考えていた方向と違う結果が出たとします。

そのときにはそれから軌道修正すれば済む話です。もし最初の行動すらしていなければ、軌道修正もできなかったでしょう。

心配性の人はできるだけ不安を取り除くために、すぐ行動を起こすように心がけるとよいでしょう。

心配する意味もないこともあると理解しておく

心配性の人が悩む物事には、大きく分けて2つあります。1つ目は自分でコントロールできることです。もう一つは自分でコントロールできないことです。

心配する意味のないこととは、後者の自分でコントロールできないことです。自分の力ではどうすることもできない、そのような問題について、悩み続けるのは時間の無駄です。

例えば、明日は待ちに待った海へのお出かけだとします。しかし、雨が降ったらどうしようと1週間前から心配してるかもしれません。

「晴れにする」ことは、自分の力では及ばない所です。このようなことをくよくよ悩んでいても仕方がありません。

雨になったらどうしようという心配するのではなく、雨になったときの予定を考えておくようにすると、心配ではなく前向きな思考ができます。そして、自分でやれる事はやったという気持ちになり、自信と安心感が生まれます。

1つの心配事についても、できることとできないことを分離して考えることで、安心を得ることができます。ただ漠然と不安を抱えているのではなく、事柄を細分化し、安心につながる思考するとよいでしょう。

心配性についてのまとめ

  • 心配性は、細かい事でもすぐに心配しがちな生まれつきの性格や気質のことである
  • 心配症は辞書に載っている正確な言葉ではないが、心配性がエスカレートした病的な状態のことである
  • 心配性である事は欠点もういいが、IQが高い、人への気配りができる、失敗が少ないなどの利点もある
  • 心配性の性格を活かす方法を考えるのが良い
  • 物事の良い面と悪い面を見て判断したり、自分ができることとできないことを区別して考えることが大切である
  • 頭で考えすぎず、少し考えたら行動すると不安が軽減される上、軌道修正もできる

仕事において心配性のせいかうまくいっていない人へ

職場環境で心配性の自分がうまく活躍できない方はもしかしたら原因が自分だけでなく環境にあるのかもしれません。
たとえば、ルーチンワークにおいてミスやクレームが起きた際の対処法をマニュアルなどにおこしていないことがあなたの心配性を増幅させてる可能性があります。

または、上長が気分屋でいうことがころころ変わる場合も、自分の心配が増え、ストレスになる場合があります。
よく言えばその職場は自由度が高い、スピード感があると言い換えられますが、その職場に合うのは人それぞれです。自分の性格を誰かに相談し、新たな職場を見つけるのもまた一つの人生でしょう。

心配性など自分の性格にあった職場環境を探すのにおすすめはリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループの一つが手がける転職エージェントです。リクルートエージェントの場合、保有している求人数が約10万件もあり、その多くが非公開案件です。これは業界最大級といわれています。キャリアアドバイザーとの面談を経て、求人を紹介してもらいます。

転職エージェントの中でもは幅広い案件を取り扱っており、それぞれの業界や職種の専門家であるキャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれます。

自己管理が苦手だったり、サポートによって後押しされたいという人には、リクルートエージェントが向いているでしょう。

海外案件もあるdodaは多種多様な働き方の職場を探せる

doda

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営する転職サイトです。dodaには転職サイト、転職エージェント、スカウトの3つから構成されています。
転職サイトと転職エージェントを併せ持っているため、どちらに登録するか迷っている人はdodaに登録するとよいでしょう。どちらの良いところも一つのサイト内でまかなえるので便利です。

また、業界や職種に対して、未経験でも可という案件も他のサイトではよく見かけますが、dodaに関しては、未経験よりも経験者を募集している傾向があります。前職のスキルを生かして更に専門的に仕事を行ってほしいと願う企業が多いようですので、同業種転職を狙ってる方には強い味方といえます。

そしてdodaに登録している企業は専門職種や経験を生かせる仕事の案件が多いことから、必然的に給与は上がり、全体で見ても日本の平均年収を越す年収で働ける会社もあるのです。