大きな夢や目標を目指している野心家という方がいます。

野心家とはどのような人か、野心家とは誉め言葉なのか、野心家にはどんな特徴があるのか、で野心家は何と言うかなどが疑問点としてあげられます。

この記事では、野心家とは、野心家の特徴、野心家の英語表現などについて解説します。

野心家とは


野心家とは、大きな権力や高い地位などの野心を持って行動する人です。野心には、政治家になりたい、社長になりたい、お金持ちになりたい、成功者になりたいなど、色々あります。

野心のから、その人がどういう人か分かってくるのです。

実際に地位や権力を手に入れたため、このように言われることもありますが、実際に若いうちから野心をもって努力した人も大勢います。向上心をもって努力をすることは素晴らしいことですが、自分のことしか考えていないと周囲から嫌な顔をされることもあります。

しかし、常に上を目指して頑張る野心家は尊敬できるため、大きな夢に向かって努力している野心家に憧れている人も少なくありません。

野心家とは誉め言葉か

野心という言葉には、単に大きな望みという訳ではなく、身分不相応のよくない望みというニュアンスが含まれています。

大望ではなく、好ましくない野望を抱く人ということです。大きな権力を手に入れて、その手に入れた権力を振りかざしたいという意味合いもあります。

そのため、あまり誉め言葉ではなく、陰口に使われることもなどもしばしばです。そのせいか、野心家はあまり周囲の人からよく思われないていない場合が多いです。

野心家の特徴

起業家
野心家にはいくつかの特徴があります。

野心家の特徴について具体的に解説していきます。

自己評価が高い自信家

野心家は、自己評価が高い傾向があります。自信家であることが多く、自分の行動や考えが全て正しいと思っています。自分が完璧だと思っているため、周りの人が何か意見をすることを嫌がります。

周りの人は、全て自分の言う通りにすればよいと思っていることが多いです。

また、プライドが高すぎるため、周りから扱いづらい人と思われることもしばしばです。陰口をたたかれることも珍しいことではありません。

日本には、出る杭は打たれるということわざがあります。日本社会ではこのような傾向があり、目立ちたがる人があまりよく思われないのです。

向上心が高い努力家

野心家は向上心の高い努力家という側面があります。

野心を達成するため、人一倍努力を惜しみません。常に上を目指して頑張っているのです。他の人が敬遠してしまうような大変なことでも、彼らは努力をして目標に向かって頑張り続けます。

頑張り自分を成長させることを楽しいとさえ思っています。

また努力家は、負けず嫌いというもあります。ゲームでも試合でも勝負ごとであれば何でも自分が勝つまでやめません。勝つまで必死に頑張り続けます。勉強やスポーツなどで負けず嫌いは大変よいことだと思いますが、ゲームなどで付き合わされた人は大変です。

チャレンジ精神旺盛

野心家は、バイタリティに溢れてチャレンジ精神が旺盛です。非常に元気な声の大きい人も多いです。

高い理想をもっているため、それに向けて挑戦するすることを好みます。

野心家のよくない点は、些細なことをないがしろにして、大きい目標にだけ頑張るという傾向があることです。

また、人と違うことを成し遂げたいと思っており、色々なことに挑戦します。好奇心が旺盛であり、色々なことに興味があります。好奇心旺盛なので、目新しいことがあるとすぐに目移りしてしまう野心家もいるのです。

また、高望みしすぎという傾向もあります。誰が見ても無理と思うことをやると言い出したり、周囲の雰囲気を無視して、できる訳のないことを言ったりもするのです。

自己中心的

努力家の人は、自分のこと中心に考えがちですので自己中心的な人が多いです。

自分の野心を達成するが一番であり、他人の気持ちは二の次となります。どうしても自分の目標を叶えたい気持ちばかりが強いので、このような傾向が強いです。

周囲に人がいたとしても、自分のことばかり考え、周囲の人に失礼なことを言ってもそれに気が付きません。周囲への配慮が欠けてしまうのです。

努力家の人自身は、単に自分の野心を叶えたいだけと思っており、それによって周りのことが見えなくなってしまっているのです。

野心を人に話さない

本当の野心家は、自分の野心を人に話しません。

自分で秘かに夢や目標を立て、それに向けてどのように努力していくのかというスケジュールを立てて着実に実行していきますが、その夢や目標を人に話すことはしません。野心を人に話すと、なにかそれだけで気が楽になってしまい本当に頑張ろうという気がしなくなってしまいます。

また、話すことに気がいってしまい、肝心の努力することに集中できなくなっています。話をすることで野心を人に真似されることもあるのです。

日本には古くから根差した考え方である「不言実行」という言葉もあるのです。

黙ってじっくりストイックに頑張る、中に秘めた野心家もいるのです。

野心家な人にぴったりな職業


世の中には野心家な人にぴったりな職業が少なからず存在します。この項目では、野心家な人にぴったりな職業を4つピックアップしました。

営業職

一般的な職業の中で最もイメージやすいのが営業職でしょう。業界を問わず営業職にはいわゆるノルマや目標などがあり、それらの達成具合によってインセンティブが入るというところも少なからずあります。

自分の努力次第では若いうちから多くの収入を得ることができるため、営業職は野心家な人にぴったりな職業だといえます。ただし断られたり商談が成立しなかったりすることが多々あるので、それに負けない強い野心が必要です。

また努力が報われないことやしばらく結果が出ないことも大いにあり得ます。そんな時でも諦めずに食らいつく根性や体力も営業職には不可欠です。

プロスポーツ選手

プロスポーツ選手とは、その職業を職業として生計を立てている人のことです。スポーツの規模などにもよりますが、そのスポーツで一流の選手になれば一般的な職業では稼げないような収入を得ることができます。

ただしその分競争が激しく、そこに至るまでの努力量は並大抵のものではありません。また怪我やイップスなどによって思うような成績が残せなくなる恐れがあるなどのリスクもあります。

芸能人

お笑い芸人や俳優、アイドルやコメンテーターといった芸能人も、野心家にぴったりな職業の一つだといえます。なぜなら激しい競争を勝ち抜き結果を出すことで、見たこともないような金額を稼げる職業だからです。

近年ではテレビや雑誌といったメディア以外にもSNSなどで自分を発信し、人気を博すようになったという例も少なくありません。しかしながら、本当に稼いでいきたいと思うなら誰よりも努力をするという強い覚悟が必要です。

経営者

会社に勤めている限りはその会社の給与体系である程度収入の上限が決まっていますが、経営者になれば自分次第で収入を増減させることが可能です。そのため経営者も野心家にぴったりな職業だといえるでしょう。

人に雇われるのではなく自分が人を雇う側になるというのは、野心家の性格にも当てはまります。しかし自分で経営するというのは、その分リスクを負うということとイコールです。

順調に経営できれば大きな収入を得られる一方で、万が一失敗してしまえば莫大な借金を抱えてしまう恐れがあります。また労務管理やコンプライアンス問題などにおいて、多くの法律を遵守しなければなりません。

それらのリスクを請け負うだけの強い意志と覚悟が経営者には必要です。それだけではなく、従業員の生活を守っていく責任感も求められます。

野心家の言い換え表現


野心家の言い換え表現としては、「エネルギッシュな人」「貪欲な人」などが挙げられます。「エネルギッシュな人」とは活力に溢れている人、「貪欲な人」は「非常に欲が深い人」のことです。

「エネルギッシュな人」はアクティブで元気があるという好意的なイメージで使われることが多々あります。例えば「あの人はいつ見てもパワフルに動き回っているエネルギッシュな人だ」といった具合です。

「貪欲な人」は「あの人は自分の好きな研究のためなら寝食すら忘れてしまうような貪欲な人だ」のようなポジティブな意味で使われることもありますが、「彼女は金銭に対して貪欲だ」のようにマイナスの意味で用いられることもあります。

もしポジティブなニュアンスで言い換え表現を考えるなら、「貪欲な人」よりも「エネルギッシュな人」の方が無難かもしれません。

野心家の英語表現


英語で野心は、ambitious(アンビシャス)といいます。野心家は「ambitious person」や「abitious man」となります。

また、出世やお金にがつがつする人という意味で「go-getter」や冒険家という意味で「adventurer」にも野心家の意味があります。

野心家に関するおさらい

野心家に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • ここまで常にポジティブで頑張り続ける野心家について、色々な説明を行ってきました。
  • 野心家とは、大きな権力や高い地位などの野心を持って行動する人
  • 野心家は、誉め言葉ではなく、陰口に使われることもある
  • 野心家の特徴は、自己評価が高い自信家、向上心が高い努力家、
  • チャレンジ精神旺盛、自己中心的、野心を人に話さない など
  • 英語で野心家は、ambitious person、go-getterなど
  • 野心家にぴったりな職業は営業職や経営者など
  • 野心家の言い換え表現は「エネルギッシュな人」や「貪欲な人」など