責任感が強いという性格は、ビジネスではプラスの要因として捉えられることが多いものです。しかし、責任感の強さも度合が過ぎると短所に傾いてしまうこともあります。責任感の強さを長所としてビジネスシーンで活かすにはどのような点に気を付け、アピールすると良いのか確認しておきましょう。

責任感とはそもそもなにか

自分が発した言葉や行動に対して責任を果たそうとする気持ちのことを責任感と言います。責任感が強い人とは、仕事においても過程や結果に対して、自分の責任を重んじることを指します。反対に責任感が弱い人は、トラブルが起きた際に他人のせいにしてしまいがちです。

責任感が強い人の5つの特徴

責任感が強いということは、基本的には長所として捉えられる傾向があります。責任感が強い人に共通する特徴をチェックしてみましょう。

責任感がある人は時間や約束事をきちんと守る

自分のせいで他人に迷惑をかけたり、スケジュールが変更になることを嫌うため、時間や約束などあらかじめ決められたことはきちんと守る傾向があります。待ち合わせの時間がある場合は、時間よりも早めに着こうとします。周りにも同じようにルールの遵守を求めがちなため、自分の価値観を押し付けないことがポイントです。

責任感がある人は最後まで諦めない

責任感が強い人は、同時に責任をきちんと果たそうとするため、中途半端な結果で終わることを嫌う人が多いでしょう。物事を最後まで諦めないという忍耐強さを持ち併せています。最後まで任務を遂行するにはどうしたら良いかと、試行錯誤する行動力も持っています。

責任感がある人は自分の信念を強く持っている

最後までやり遂げる、できない約束はしないなど自分の信念を強く持っているからこそ、それを全うしようとする責任感が生じます。責任感が強い人は自分に厳しく、自分の信念をルールとして作ることも多くみられます。

責任感がある人は自分の力以上のことを引き受けやすい

責任感が強い人は、他人から頼りにされると必要以上に頑張ってしまう傾向があります。自分の力以上のことでも、頼りにしてくれた人の期待に応えようとする傾向があります。自分で自分の首を絞めてしまうことも多いため、時には出来ないことは出来ないと認めて、断る勇気も必要です。

責任感のある人は真面目な人が多い

ルールを守る、時間を守る、約束を守る、信念を守るなど「~しなければならない」という考えが強いのも、責任感が強い人の特徴です。適当なところで妥協するということもあまりなく、真面目な人が多いと言えます。

責任感が強い人の長所

責任感が強い人は、強みとして就職や転職時にアピールすることができます。具体的にはどのように言い換えると伝わりやすいか、チェックしておきましょう。

どんな仕事に対しても全力で取り組む

「自分の長所は責任感の強さです」と言っても、抽象的で相手には伝わりにくいでしょう。仕事で責任感の強さを表現するためには、仕事へ取り組む姿勢としてアピールする方法がおすすめです。任された仕事や起こったトラブルの解決に向けて、他人任せにせず全力で取り組めることを説明しましょう。物事に対して苦手意識を持たないように心がけ、自分ができる全力を尽くすようにしていることをアピールすると良いでしょう。

任された仕事を絶対に途中で投げ出したりしない

任された仕事やプロジェクトがたとえ困難なものや、新たに勉強が必要なものでも、途中で投げ出さず、やり遂げる力があることを説明しましょう。具体的に困難な問題を解決したエピソードがあれば、盛り込むとより説得力のあるものになります。

責任感が強い人の短所

責任感が強いということは、ビジネスの場面では基本的に長所として捉えられることが多いものです。しかし実際には、責任感の強さが短所に働いてしまうこともあります。短所として現れた場合、どのような状態になるのかを知っておくと、自分で気を付けることができます。

自分が悪いと思い込んでしまいやすい

自分が担当した事案や任された仕事がスムーズに運ばなかったり、途中でトラブルが起こってしまった場合に、自分のせいだと責任を感じすぎてしまうことがあります。自分は関与したけれど、すべてが一人の責任ではないということを冷静に捉えて、落ち込みすぎないように気をつけましょう。

全て自分一人でやってしまう

責任感が強いと他人に任せることが不安で、すべてを自分一人でやり遂げようとする傾向があります。何事も一人で行ってしまうと、協調性のない人という印象を与えてしまうこともあります。周りの人と協力し、意見を出し合いながら進めることをおすすめします。

責任感が強い人の短所を改善する方法

責任感が強すぎると仕事や人間関係に支障が出ることもあるため、短所にしないように心がけると良いでしょう。責任感の強さが短所として出てしまっている場合には、長所にできるよう改善をおすすめします。

一人で抱え込まずに同僚や上司を頼る

まずは、自分一人で考えたり頑張ったりするのをセーブしてみましょう。誰かを頼るということは甘えではありません。誰かを頼るということは、誰かと協力するということだと考え方を切り替えてみましょう。問題が発生した時も一人で抱え込まずに、時には周りに助けを求める勇気を持つことも必要です。

失敗したとしても前向きに捉える

失敗した時に、責任感が強い人の弱みが大きく出ることが多いものです。失敗すると自分を責めて自信を失い、落ち込んでしまう人も多いものです。失敗はさらりと受け止め、次に活かすにはどのようにしたら良いかと前向きに捉えられるようになりたいものです。責任感が強い人は、物事をやり遂げようとする力も強いため、考え方を変えることができれば、失敗も次の成功へ導くことができます。自分を責めることをやめ、前向きに進んでいくことをおすすめします。

責任感がある人への仕事の押しつけはやめよう

責任感が強いと仕事を途中で投げ出すこともなく、自分の出来る限りの力を発揮しようと前向きに取り組むため、ビジネスシーンでは信頼されやすいものです。頼りにされやすい分、期待に応えようとオーバーフロー気味に頑張りがちな一面もあります。一人よがりな行動になることがないよう、責任感の強さをセーブしつつ、周りと協調しながら進めると物事がスムーズに運びやすいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

リクルートエージェント

doda

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda