営業の仕事が辛くて、悩んでるという話をよく耳にするという方も多いと思います。営業の仕事が辛い時とはどんな時なのか、営業の仕事が辛い時どのようにしたらいいのか疑問点としてあげられます。

この記事では、営業の仕事が辛いと思う時、営業が辛い時の対処法などについて解説していきます。営業が辛いと思っている人は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

営業が辛いと思う時

営業は大変な仕事なのため、辛いと思ったことがある人はたくさんいてもおかしくありません。営業が辛いと思うのは、どのような時なのか解説します。

営業のノルマが達成できない

営業が辛いということの要因に、ノルマがきついということがあげられます。

営業に、ある程度ノルマがあることはやむを得ません。しかし、「あと何件売ってこい」などとプレッシャーをかけられるのは結構辛いものです。

ノルマが達成できないと、職場で居場所がなくなる場合もあります。また、新人なのにいきなり高いノルマがあって、辞めたくなってしまう人もいるでしょう。

営業の売り上げにこだわる

営業職の仕事は、結果が数字として表れるため、かなりシビアです。

「売り上げという数字の呪縛から逃れられない」「毎年実績を上げていかなけれならない」など、常に売り上げにこだわり続けなければならないのです。

売り上げにこだわりすぎて、連日の長時間残業や休日出勤を繰り返す人もいます。

営業が苦手

人付き合いが上手な人は問題ありませんが、中には営業の仕事が苦手という人もいます。

意図しない人事異動で営業職になってしまった人や、希望して営業の仕事についたもののやってみると営業が苦手だったという人もいます。元々営業が苦手な人が、営業の仕事を続けることは大変辛いことです。

どうしても営業の仕事が苦手という人は、転職を考えるのもひとつの手です。

転職活動には、転職エージェントの活用がおすすめです。以下の記事も参考にしてください。
転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方
業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

営業が辛い時の対処法

営業の仕事が辛いと悩んでしまった時、解決するための対処法もいくつかあります。以下の項目で解説します。

やりがいを口にする

仕事が辛い時は落ち込んだ気持ちになってしまいます。気分が落ち込むと、うまくいかなった事を思い出し、ネガティブなことばかり口にしがちです。

このような時は、思い切ってポジティブな言葉を口にしてみましょう。ポジティブな言葉を口に出すと、自然に気持ちも前向きになってきます。

仕事をしていれば、誰にでもうまくいかない時があるものです。やりがいを口に出してみることでも構いません。気が晴れて、元気が湧いてきます。

また、過去に成果が上がった成功体験を思い出してみることもいいかもしれません。ポジティブ思考になると、自然に気持ちが楽になって、ストレスさえも吹き飛んでいくでしょう。

営業先の人と仲良くなる

営業がうまくいっている人には、営業先の人と仲良くなる人がいます。

仕事の枠を超えてお付き合いし、お昼をご馳走になったり、休日を一緒に過ごしたりすることも可能です。仲良くなって色々話す中で、営業に繋がる情報を得ることができるかもしれません。

また、1人の営業先の人と仲良くなることで、さらに人間関係が広がる可能性があるでしょう。

マナラボのコミュニケーション診断もおすすめです。
マナラボ式コミュニケーション能力診断

異業種の人と話す機会をつくる

仕事で辛くなった時、異業種に就職した友達などと話をしてみる方法もあります。

どんな仕事も大変です。異業種の友人達もいろいろな苦労をしているものです。友人に営業の仕事が大変だと愚痴をこぼしてみると、共感されることもあります。

違った業界の話を聞くことが出来れば、自分が知らなかった違った業界のことが分かり、視野が広がるかもしれません。どのような業界でも必ず大変なことがあることがきっと分かるでしょう。

自分だけの小さな目標を作る

自分だけの小さな目標を立て、それに向けて頑張るという対処法もあります。

「大口契約を取る」などの大きな目標ではなく、「今日は何件アポイントを取る」や「今日は何件電話をする」など、小さな目標を立ててみましょう。

そして、この小さな目先の目標を着実にクリアして行くのです。

小さな成功体験を積み上げることで、次第に気持ちが落ち着いてきます。また、小さなことを着実にこなすことで、次第に周囲の信頼を得ることができます。

営業のチャンスがいきなり舞い込んでくることは滅多にないので、こういった周囲の信頼が営業につながる可能性があるかもしれません。

営業意外の職業に転職する

どうしても営業の仕事が辛いという人は、転職活動をしてみる方法もあります。

ストレスが溜まり過ぎて、身体を壊してしまったらもともこもありません。身体を壊す前に現在職場から抜け出す努力をしましょう。

営業以外の職種で求人を探すには、それまで取り扱ってきた商品などの知識などを生かして転職する方法があります。営業以外の部門でも営業でのノウハウが生かせる職種もありますので、そのような職種が狙い目かもしれません。

営業が辛いと思う時についてのまとめ

  • 営業が辛いと思う場合は、ノルマがある、営業にこだわり過ぎるなどの場合があります。
  • もともと営業の仕事に向いていない場合も考えられます。
  • 営業が辛い時の対処法には、ポジティブな言葉を口にする、営業先の人と仲良くなる、異業種の人と話す、小さな目標を作るなど色々な方法がある。
  • どうしても営業の仕事が苦手という人は、転職を考えるのもひとつの手です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda